TOP > あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」
 ← アニメ視聴用スケジュールリンク | TOP | 2012年冬アニメ新番組チェックリスト

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」 

2012年01月15日 ()
あの夏で待ってる 
監督:長井龍雪 脚本:黒田洋介 美術監督:川本亜夕 アニメーション制作:J.C.STAFF

なんというか、やられました。脳天をまさぐられた心持ちになる掴み。実に理想的。

 なんていうか、映像制作青春グラフィティ群像劇には基本的に弱いんですよね自分。ゼーガペインとかね。あとハルヒの第一話とか。あれ意外と出てこないな。まあいいや。efなんかも主人公がもすこし映像制作方面にかかわってたら全部見てたのに的なアレがアレ。

 全体として、背景の存在感が圧倒的でありました。これは聖地巡礼したくなるわ。誰か泊めてください。いえナノマシンとかないですけどええ。

 じゃなくて。全画面表示して視たくなった。すげえキレイ。これBD欲しくなるなーって。あとね、色彩。J.C.STAFFだからなのかなんなのかわかりませんけど、あさっての方向。で感じたときと同じときめきというか、これをノスタルジイとか言うのは癪なんですけど、まあたぶん比較的伝わりやすいニュアンスとしてそんな風な感覚に呻いてしまいました。夏が醸し出す空気はやっぱりいいですね。冬を描かせるなら京都アニメーションですけど夏はね。うん。夏はJ.C.STAFFさんかな。ゼーガペインの夏はあんまり感覚的にズッキュンとされるアレではなかったので。あれはあれでよいものなのですけれど。
 
 さて。キャラクター。デザイン見たときに主人公とかうわあって思ってしまったんですけど、なかなかどうして観始めてみるとこれっぽちもダメじゃないですね。すごい。ちょっと浅沼さんはいってる信長くん演ずるところのあまん…ああ海人くんか。うんいいね。黒田お得意の妄想癖キャラなのはまあご愛嬌。それよりも、脇を固める子たちがすごいですね。まあこのあたりは後程個別に。

 宇宙規模の異文化コミュニケーション譚としての側面をやや強めに持ってる感じの今作。おねがいティーチャーのみずほ先生はそれなりに「地球」とのコンタクトをそつなくこなしていたわけですけど、いちかさんの場合は完全に「潜入工作員初心者」としてのそれ。しかもかなりアウチなレベル。でもそれが良い。

 主人公を出会い頭の事故で死なせてしまった(?)のを細胞レベルから再構成っていうのはSFの典型ガジェットでもあるし黒田的にはかしましでもやった安定の手法。経過を見守るという名目で監視員を主人公のそばに置いておけるし、いざというときのイベントフックにもなって一石二鳥。いや三鳥くらいはありますかね。今回の場合。主人公に何らかの「未来への不可能性」を付与できる。いつ死ぬともわからないという、本来なら高校二年生なんていう年頃ののほほんとした若者からもっとも対極的な意識を、そこに持ってこれる。いやそれが本作にかかわってくるかどうかは知らないですけど、少なくとも彼には何かしらの「時限装置」が仕掛けられている節はあるのでそこがどうなっていくかっていうのが自分は気になっちゃいます。そういう意識がもたらす「映像への影響」とか、そういう部分。彼らが作ろうとしている映画は完成するのかな? 完成したとして、それは公開されるんだろうか。されなくても別にかまわないけれど、もし公開されるのならば、観たくもあり。不安もあり。

 さてキャラクターについて。
★霧島海人
 彼は、ふつうだ。実に、ふつう。今のところその過去も何も明かされていないので何ともアレなんですけど、さしあたってまあ、両親なしというとこと、ごはんを食べるときに体育座り状態というとこから見てお前らだってことはわかったOK

★石垣哲朗
 何このイケメン。しかも空気読める。完璧超人しね。いや、いい親友ですね。どこで拾ったんですか海人くん。っていうか、逆なのか。哲朗くんなんて海人くんに構うの。ホモなの。それともいいやつだし俺様の引き立て役としてちょうどいい上に妹的立場の幼馴染みの思い人だからですか。むう。彼の暗黒面が見たいです。凌辱されないかなあ。それか女教師につい本気になるけど二股かけられて的なアレ。ないか。黒田だし。

★谷川柑菜
 今のところただのツンデレ。明らかに当て馬枠なんだけども、いろいろ活躍はしてくれそうなので期待。あと石原夏織。すごい石原夏織。
 
★北原美桜
 えーと みさくら ? だいたい合ってそう。お色気担当だけど脱がない方向かな。比較敵どうでもいい。ストーリー的にはにぎやかし以外の何物でもなさそう(あと、便利なブッキング情報担当)。

★山野葡萄
 ちがう。林檎? ああ檸檬だった。柑橘系。柑菜と被ってるじゃないかクソ。ぶっちゃけ森野苺なんだろうけど、個人的に森野苺の記憶があまりないのでよくわからない。みんな踊らされてればいいよ。

★貴月イチカ
 宇宙人って明言はされてないっけこの人? とりあえずメンタリティ的には完璧に地球人と同じみたいだ。かしましのマッド宇宙人(あれ宇宙人だっけか…?)とは段違いに可愛い。インベルくらいかわいい。今のところ、主人公に他意は全くないようなのでどうなるか期待。最後まで「恋愛感情」が生まれることなく、肉体的反応及び表層的反射反応だけで主人公と恋愛ドラマを繰り広げたりしてしまったりすると切なくてよろしいけど黒田だし、まあないな。
 戸松さんの演技が何かおかしい気がする。

 
 ともあれ、期待のできる良い第一話でした。今期は丁寧な第一話がいっぱいあってうれしい。
スポンサーサイト
[2012.01.15(Sun) 20:19] 新番組Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← アニメ視聴用スケジュールリンク | TOP | 2012年冬アニメ新番組チェックリスト

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/908-8587b594
 ← アニメ視聴用スケジュールリンク | TOP | 2012年冬アニメ新番組チェックリスト

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。