TOP > 携帯投稿:寒中だねぇ
 ← NHKラジオで古谷徹とな? | TOP | 携帯投稿:家族が増えたよ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 携帯投稿:寒中だねぇ 

2009年01月12日 ()
【序文】
とはいえ、いちまい上着を足すだけでだいぶ変わってきますねーー。

【本文】
 やっぱりアニメ見れてないです。かろうじてゆうべはX-MENファイナルディシジョンをみたんですが、サイクロップスの不遇っぷりに絶句です。なにアレ。

 とゆうわけで今日もブログ巡回できてないんですが皆さん元気ですかねー?冬アニメ良いのあったら教えてねー。たぶん見れないけどっ。

【とりあえず秋月さんにレス】
 コメント欄だと接続しないとなのでこちらでー。

>届かない可能性
( ̄□ ̄!
 こちらこそ失礼しましたー!NIFTYのアカウントなくなっちゃったからメールアドレスも消滅してしまっているんでした。気づかないでいてすいませんでしたー。
 あらためまして今年もよろしくですよー。
スポンサーサイト
[2009.01.12(Mon) 19:24] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

わたしは笑顔です元気です by まぬけづら
 どもー、おはようございます。

 X-MENはマグニートーの中のひとがリアルゲイだからか、実によいヤンデレっぷりが見れて楽しかったです(ぇ
 特にファイナルデシジョンは武装錬金で言えばカズキを喪った蝶野的なやけっぱち感が素敵。

 もしもX-MENにラブストーリーとしての一面があるとすれば、もっともよく描けていたのはあの辺ですしねぇ。

 ……人間とミュータントの共存を謳う割に、人間側の視点が著しく欠けているんですよね。
 だから、本作は「苦難を耐えることこそ徳である」みたいな、宗教的な道徳を説かれているみたいでもあって。

 そりゃ確かにウルヴァリンは元人間ではありますがー。

 とはいえしかし。
 シリーズ集大成であるだけのことはあって、映像的な迫力は十二分。向こうの特撮は随分凝ってるなぁ。

 また、ワンコロ体質のウルヴァリンに萌えるのも悪かない。そうか、君は「ご主人さま」が欲しかったのか、なんて見方をしてしまうと切ないですけど。

 というわけで(あれ?)、今期オススメは続・夏目友人帳です。
 や、僕個人としては宇宙をかける少女やWHITE ALBUMを楽しんでいるんですけどね。あとたぶん、ドルアーガはおもろいはず。

>まぬけづらさん by むにゅ
 何日か遅れのおはようございますー。

>マグニートーの中のひとがリアルゲイだからか それは穿った見方だけれども正しい楽しみ方だと思うよ! エリックとチャールズの関係性って超萌えるよねー。
 
>特にファイナルデシジョンは武装錬金で言えばカズキを喪った蝶野的なやけっぱち感が素敵。
 もしもX-MENにラブストーリーとしての一面があるとすれば、もっともよく描けていたのはあの辺ですしねぇ。

 だよねー。スコット×ジーンとかは普通の恋人すぎてアレですしガンビット×ローグはオトナだしー。
 正直、X-MENエピソード0とかそんなんでチャールズとエリックの邂逅から離反までを描いてくれたら超見たいですよ。ラブだよねー。グリフィスとガッツみたいなこう、根底から揺さぶられるようなねー。

>……人間とミュータントの共存を謳う割に、人間側の視点が著しく欠けているんですよね。
 だから、本作は「苦難を耐えることこそ徳である」みたいな、宗教的な道徳を説かれているみたいでもあって。 そりゃ確かにウルヴァリンは元人間ではありますがー。

 人間側の視点については尺の関係上「言わなくてもわかるだろ」的な意味を込めて割愛してるんだと考えればまあわからんでもないんですが、個人的にはそもそも「人間対ミュータント」という図式になっていること自体が不思議で仕方ないんですよねー。
 人間と違ってミュータントはそれぞれの個体差があまりにも大きくって、はっきり言っちゃえば個人レベルで別種族と言っても過言じゃないくらいの違いがありますよね。だから一言で「同じミュータント」と括られても、たとえばジーンとハリネズミ君が同じ立場で語り合えるの?とか思っちゃうんで。
 ってゆうかそもそもあの対立軸があくまでギミックであって、「大きな勢力を前に、時には共闘することもある二つのグループが小競り合いしている状態」を作り出すためのものであるんであんまりつっこんでもアレというかもにょもにょ。

>映像的な迫力は十二分。向こうの特撮は随分凝ってるなぁ。
 日本もそうとうがんばってるよ!てるよ!

>ワンコロ体質のウルヴァリンに萌えるのも悪かない。そうか、君は「ご主人さま」が欲しかったのか、なんて見方をしてしまうと切ないですけど。
 なんか映画だと立場がちょっと不安定ですよね。主人公というポジションに振り回され気味というか。
 コミックの方を見てると、それこそスコットに構われたがっているようにも思えて超萌えるんですけどねー。ジーンは好きだけどスコットとやり合うのはもっと好きみたいな。

>というわけで(あれ?)、今期オススメは続・夏目友人帳です。
 や、僕個人としては宇宙をかける少女やWHITE ALBUMを楽しんでいるんですけどね。あとたぶん、ドルアーガはおもろいはず。

 続・夏目はハズさないでしょうねー。個人的には夏目くんにもう一歩踏み込んでもらいたいんですけどね。ニャンコ先生に対しても他の怪に対しても人間の友人に対してもいいんちょに対しても。
 ソラかけは見たいけど絶対やらないだろなー。白ばむはまぬけづらさんとサトシアキラさんの感想で我慢しつつ(えー)、ドルアーガは機会を待とうとおもいます。
 あと、こんど評判良いダークナイトも見てみようかとおもいますよー。

コメントを閉じる▲

 ← NHKラジオで古谷徹とな? | TOP | 携帯投稿:家族が増えたよ

COMMENT

 どもー、おはようございます。

 X-MENはマグニートーの中のひとがリアルゲイだからか、実によいヤンデレっぷりが見れて楽しかったです(ぇ
 特にファイナルデシジョンは武装錬金で言えばカズキを喪った蝶野的なやけっぱち感が素敵。

 もしもX-MENにラブストーリーとしての一面があるとすれば、もっともよく描けていたのはあの辺ですしねぇ。

 ……人間とミュータントの共存を謳う割に、人間側の視点が著しく欠けているんですよね。
 だから、本作は「苦難を耐えることこそ徳である」みたいな、宗教的な道徳を説かれているみたいでもあって。

 そりゃ確かにウルヴァリンは元人間ではありますがー。

 とはいえしかし。
 シリーズ集大成であるだけのことはあって、映像的な迫力は十二分。向こうの特撮は随分凝ってるなぁ。

 また、ワンコロ体質のウルヴァリンに萌えるのも悪かない。そうか、君は「ご主人さま」が欲しかったのか、なんて見方をしてしまうと切ないですけど。

 というわけで(あれ?)、今期オススメは続・夏目友人帳です。
 や、僕個人としては宇宙をかける少女やWHITE ALBUMを楽しんでいるんですけどね。あとたぶん、ドルアーガはおもろいはず。
[ 2009.01.13(Tue) 05:52] URL | まぬけづら #d8HClGl2 | EDIT |

 何日か遅れのおはようございますー。

>マグニートーの中のひとがリアルゲイだからか それは穿った見方だけれども正しい楽しみ方だと思うよ! エリックとチャールズの関係性って超萌えるよねー。
 
>特にファイナルデシジョンは武装錬金で言えばカズキを喪った蝶野的なやけっぱち感が素敵。
 もしもX-MENにラブストーリーとしての一面があるとすれば、もっともよく描けていたのはあの辺ですしねぇ。

 だよねー。スコット×ジーンとかは普通の恋人すぎてアレですしガンビット×ローグはオトナだしー。
 正直、X-MENエピソード0とかそんなんでチャールズとエリックの邂逅から離反までを描いてくれたら超見たいですよ。ラブだよねー。グリフィスとガッツみたいなこう、根底から揺さぶられるようなねー。

>……人間とミュータントの共存を謳う割に、人間側の視点が著しく欠けているんですよね。
 だから、本作は「苦難を耐えることこそ徳である」みたいな、宗教的な道徳を説かれているみたいでもあって。 そりゃ確かにウルヴァリンは元人間ではありますがー。

 人間側の視点については尺の関係上「言わなくてもわかるだろ」的な意味を込めて割愛してるんだと考えればまあわからんでもないんですが、個人的にはそもそも「人間対ミュータント」という図式になっていること自体が不思議で仕方ないんですよねー。
 人間と違ってミュータントはそれぞれの個体差があまりにも大きくって、はっきり言っちゃえば個人レベルで別種族と言っても過言じゃないくらいの違いがありますよね。だから一言で「同じミュータント」と括られても、たとえばジーンとハリネズミ君が同じ立場で語り合えるの?とか思っちゃうんで。
 ってゆうかそもそもあの対立軸があくまでギミックであって、「大きな勢力を前に、時には共闘することもある二つのグループが小競り合いしている状態」を作り出すためのものであるんであんまりつっこんでもアレというかもにょもにょ。

>映像的な迫力は十二分。向こうの特撮は随分凝ってるなぁ。
 日本もそうとうがんばってるよ!てるよ!

>ワンコロ体質のウルヴァリンに萌えるのも悪かない。そうか、君は「ご主人さま」が欲しかったのか、なんて見方をしてしまうと切ないですけど。
 なんか映画だと立場がちょっと不安定ですよね。主人公というポジションに振り回され気味というか。
 コミックの方を見てると、それこそスコットに構われたがっているようにも思えて超萌えるんですけどねー。ジーンは好きだけどスコットとやり合うのはもっと好きみたいな。

>というわけで(あれ?)、今期オススメは続・夏目友人帳です。
 や、僕個人としては宇宙をかける少女やWHITE ALBUMを楽しんでいるんですけどね。あとたぶん、ドルアーガはおもろいはず。

 続・夏目はハズさないでしょうねー。個人的には夏目くんにもう一歩踏み込んでもらいたいんですけどね。ニャンコ先生に対しても他の怪に対しても人間の友人に対してもいいんちょに対しても。
 ソラかけは見たいけど絶対やらないだろなー。白ばむはまぬけづらさんとサトシアキラさんの感想で我慢しつつ(えー)、ドルアーガは機会を待とうとおもいます。
 あと、こんど評判良いダークナイトも見てみようかとおもいますよー。
[ 2009.01.15(Thu) 10:41] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/831-36a7cdfa
 ← NHKラジオで古谷徹とな? | TOP | 携帯投稿:家族が増えたよ

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。