TOP > 視聴アニメ1週間まとめて 04/21(月)~04/27(日)
 ← 手描きブログ | TOP | とにかく更新

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 視聴アニメ1週間まとめて 04/21(月)~04/27(日)  

2008年04月28日 ()
●マクロスFRONTIER #4 「ミス・マクロス」
歌とドッグ・ファイトのシンクロPV演出に関してはもう言う事なしですなー。私の彼はパイロットに合わせてバルキリーが所狭しと動きまくり、要所要所でケレン味たっぷりの演出してくるのが素晴らしい。こういうエンターテイメント性って、やっぱり日本的というか歌舞伎的なのかもしれない。情緒的な演出>リアリティの面で。わざとらしさも極めれば様式美となれり。
それにしても、巨乳クールなトップエースとへちゃむくれロリのリバーシブルってクオリティ高すぎる。さり気なくミヒャエルと良いコンビだったりとかもうクランクランですよ。いやマジで。

●紅 #4 「才物」
崩月流ってデフォで腕に暗器仕込むんだろか。まあ超人バトルはこのアニメの本質的なものではないと思うので、あんまり深くは考えないことにする。いろいろと明らかになったり結構忙しかったけれど、ひだまり荘の面々との会話とお風呂シーン、それからおもいやりがあったのでよし。
なんかふと、久宝院の家って神宮寺一族的なギミックなんだなーとか極上好きは思った。

●コードギアス 反逆のルルーシュR2 #4 「逆襲 の 処刑台」
やってることは完璧に無印と同じっぽいね。それぞれの立ち位置と関係性が異なってるだけで。つまり、ルルは理を持って事を成そうとするけど、情と理では情を優先するから詰めを誤る。ロロの事も利用する気満々だけどこれは「ロロに情が移ってしまって殺すときに躊躇/殺して凹む」フラグっぽい。ピカレスクヒーローを気取ってはいるけど根本的にただの感情的な子なのよね、ルルって。だからこそ主人公として相応しいと言えるのだけれど。
今回はC.C.とのイチャコラがなくてちょっと不満。そういえばロロってマオとかみたいに「ギアスもらったただの人」? その辺ちゃんと見てなかった。

■ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ #3 「旅立ちの前に」
硬派なファンタジーアニメとしては鉄板なのだけど、今時の流れに合わせるとやっぱりボケとか萌えとかも組み込まないとつらいわけで。まあつまらなくはないです今のところ。
っていうかみのりんが素でみのりんじゃないかこれ。ヤバい。いろんな意味で。きゃー。

■D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~ #3 「正義の魔法使い」
正義というのは万人に向けてのものではなく、必ず「誰かにとって都合が良い」もの。音姉にとっての正義というのは誰のためのものなのか、というのがわかりかねる。魔法という超自然の力を持たない「非力な人々」を守るのが異端の力を授かった自らの使命とでも考えないとやってられない、ということなのかなぁ。石動乃絵ボイスな頃のロリ音姉にとっては少なくとも「善良なる非力な島の人々」という存在は「愛すべき隣人」ではなく「自分を傷つけるこわいもの」に見えているように感じたのだけれど。
っていうか、たぶんそういうことはこのアニメの本筋とは関係ないんだろうなー。音姉ルートが「島の人々を愛せるような器量を手に入れる過程」であるのならば意味はあるだろうけど、ただの恋愛話だったらアレだし。どう見たら良いんだろう。ttと同じような視点で見ちゃっても大丈夫なのかしら。

▲狂乱家族日記 #2 「宴の時間は終わらない」
いやいやいや、それはない。そんな簡単に仲良し家族になれるかっての。頭膿んでんのか。いやまあ、そこはラノベ的ご都合主義ということでスルー(いやスルーしちゃダメだけど)にしても、「泣いた赤鬼作戦」は古今東西、成功しても失敗しても後味悪いと思うんだけど。どっちにしろ「異端児」であることは変わらないわけだし、あと家族のことって世間的に秘密? まあ常識的に言えば秘密だろうけど、喋るライオンと変身ヒロインを素で受け容れるような世界観にリアルの常識は通じないわけで。何が普通で何が異常かっていうのを見せてくれないとどう受け止めていいか判断に困る。
次回も同じような展開なら見切りも視野に入ってくるかなー。

▲アリソンとリリア #4 「二人のいる世界」
怒涛の超展開にしばし唖然。戦争終わったの? あれで? そんな簡単でいいのかオイ。
いろいろとこう、ツッコミをいれたら蛙死ものだろーなーとか思うと突っ込めないし。西田正義という人は素でやってるのかギャグでやってるのか全く読めないことをしてくるのが怖い。
これ、来週から次世代とかだったら笑うんだけどまさかそれはないよねえ。

▲クリスタル ブレイズ #3 「episode3」
マナミのDQNっぷりが酷すぎるw やりたいことはすごくわかるんだけど青臭いなぁ。
未熟でトラブルメーカーなマナミとヒントキャラ・アヤカというポジはすごく定石通りなんだけど、やっぱり主人公的ポジのはずのシュウが薄すぎる気が。サポート脇役の立ち位置だろ、それ。
スポンサーサイト
[2008.04.28(Mon) 01:04] アニメ【まとめて】Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 手描きブログ | TOP | とにかく更新

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/774-553509ba
 ← 手描きブログ | TOP | とにかく更新

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。