TOP > ふくつのたましい
 ← S・A ~スペシャル・エー~ 第1話 | TOP | サムデイサンデー

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ふくつのたましい 

2008年04月11日 ()
 ああおなかいたい。季節はずれのサンマがいけなかったのかなぁ。
 それにしても金曜はアニメ多いなぁ…でも半分は女性向けなのか…。良かった…。

 
アニ感。
【B★★★★☆イイ!( ゜∀゜ )!b 】
マクロスFRONTIER #2 「ハード・チェイス」

【C★★★☆☆ホノカニ ( ´ ~ ` ) 】
アリソンとリリア #2 「敵国へ!」
クリスタル ブレイズ #1

【D★★☆☆☆フツー ( = ω=)】

【E★☆☆☆☆不 イマイチ( ´Å` )】
モノクローム・ファクター #1 「銀色の影」

■ マクロスFRONTIER #2 「ハード・チェイス」
 うひゃあぁ、おもしれぇー。SMS基地のムダギミックとか超燃える。その前の突撃ラヴハートも嬉しいサービス。これが「続編モノにおける前作の立ち位置」ですわな。よろしよろしです。
 戦闘シーンの緊迫感は流石。ソウルイーターの戦闘シーンは全く見入らなかったけれど、こちらのドッグ・ファイトっぷりはやっぱり肌に合うというか。たぶんメリハリというか、流れるようなスピード感と見せ場の”タメ”のタイミングとバランスの取り方の問題なんだろうね。絵コンテのクセというか、見せ方が「昭和のリズムでビートを刻んでる」というか。
 萌えキャラ大量投入。メガネの乳でかすぎで笑った。ドラゴノーツっぽいかしましオペ子ズが出てきたなーとか思ったけど考えてみたらかしましオペ子のパイオニアは無印マクロスだったっけとか今思い出した。佐々木るんと鶴ひろみとあと誰だったっけか。7での美穂美保@岩男潤子と名前忘れた@夏樹リオは結構ちゃんと仕事してたから印象はそんな強くないんだよなー。オペ子の片割れは平野綾。声優の無駄遣い。個人的には平野綾はこれくらいの位置で丁度イイと思うけど。もう片っぽは足立友。知らん。調べてみたらエロゲ畑の人っぽいね。中村知世くらい危うく聞こえたんだけど。まあ単品で出てくる分には嫌いじゃないレベル。福井裕佳里と中村知世と足立友でトリオなんてなったらうわぁ( ’Å`;)だけど。

■アリソンとリリア #2 「敵国へ!」
 初回見逃してなんだかなな気分でいたのだけれど、今回でなんとなく話は掴めた感じ。
 悪くはないんだけれど、若干映像面での演技が弱いかなぁ。全体的に説明不足感が強いというか。ラディアさんの敵軍への憎しみがどれほどのものであるかとか、ラディアさんが二人に思い入れを抱くほどにアリソンとヴィルが説得力のある行動と意志を見せたか、という点で今一つピンと来ない感じ。
「私がどうしてこんなところに住んでいるかわかる?」→「そう、敵の兵士が来たら1人ででも戦うつもりだった~」あたり、繋がりが意味わからないとか。視聴者としては「え、そうだったの?」としか。ホントにそれだけの意志を持ってるなら問答無用で攻撃してても良かったわけだし。
 ところでこの回を見て『銀河鉄道999』の戦士の銃を貰う回を思い出した。同じような構造なんだけれども、松本零士センセの構成のが「腑に落ちる」、つまり感覚的に納得のいく普遍性を持ってる。なんというか、アリリアの今回の話って流れとしてまず「親衛隊の服」と「形見のモーゼル」を出したかったのかな、という印象が強い。ラディアさんとディルの会話から「ロクシェとスー・ベー・イルの間の断絶」とか「戦争が遺した傷跡」とかそういうのも説明されてはいるのだけれど、今一つ不自然さが漂っている感じ。

■クリスタル ブレイズ #1
 新井里美のおばちゃんロリボイスがたまんねぇ。ぱよの棒読みもたまんねぇ。
 ハードボイルド崩れの場末なオリジナル探偵ものSFもちょっぴり、というのは実は結構好き。ただ主人公が三木なのか新井・ぱよコンビなのかでだいぶ印象が変わってきそう。もちろん凸凹コンビが前に出てくる方がいろんな意味で「おもしろそう」だという感じ。まあ三木探偵でも良いんだけど、まだキャラが立ってないからなんともなのだよね。 

■モノクローム・ファクター #1 「銀色の影」
 がんばった。自分がんばったよ!
 30分見続けるのがすごいダルかったです。全体的に女ヲタ臭強めな感じ。シチュエーション再現のための取って付けたようなバトルもの設定とか、女装(っぽい)漢とか竹刀所持腕章装備の風紀委員とか攻め受け確定なキャラポジションとかヘンなタイミングでデフォルメコメディ入れてくるとかその辺の「お約束」感がえらいことになってました。
 首輪、三つ編み、シルクハット、包帯、変身後のオサレコス、竹刀・腕章完備の暴力おせっかい女…etc、etc。ごめんなさい、もうおなかいっぱいですゆるしてくださいと言いたくなるくらいに貴腐ワインです。悪酔いしそうです。
 何がいけないってことはまったくなくって、単に嗜好の相性が悪いだけなんでしょうけど、どうしてここまで「うわぁ」ってなるんだろうか。声優とか属性とかシチュ萌えとか、構造的には男オタ向け萌えアニメと全く同じ構造だから理解はできるんだけれども。まあ結局ただの萌えアニメとしてしか見れないっていうのはあるかなぁ。
 多分見切り。
 
スポンサーサイト
[2008.04.11(Fri) 22:58] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← S・A ~スペシャル・エー~ 第1話 | TOP | サムデイサンデー

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/755-fbe5d316
 ← S・A ~スペシャル・エー~ 第1話 | TOP | サムデイサンデー

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。