TOP > GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 最終回
 ← 狼と香辛料 最終回 | TOP | ちょっとしたこと

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 最終回 

2008年03月29日 ()
■GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #13 「そしてピノッキオは人間に」
「やー! 実に面白かったー! 今期随一の人間描写アニメでしたね!」
「人間描写、ね。確かにお話の登場人物はみな、悲しいくらいに“人”であったわよね。ある者は機械の体を与えられ、心理操作によって偽りの心を刷り込まれた不完全な少女であり、ある者は心の痛みから自らを守るため、痛みに鈍感であろうと心を凍らせる弱弱しき青年であり。どちらも不完全で、不安定で、儚い存在。その存在の危うさこそが美しく、魅力的だわ」
「何言ってるかわかんねぇよ」

「アニタちゃんにはまだちょっと早かったかもしれないですね」
「そうね。人が何を抱え、何を求めて生きていくのかという問いの答えの多様性を愉しむにはまだ幼すぎるかもしれないわね」
「んっだよそれ。オレだって立派なレディーだっての」
「だったらあなたはこの作品、さぞや存分に楽しめたわけよね?」
「お、おう。当然だろ」
「あれ? さっきまでは確か、ヘンリエッタやベアトリーチェが居ても居なくても同じみたいな構成がイマイチ、とか…」
「妹子てめ余計なこと言ってんじゃねぇよ!」
「あら、それは珍しく的を射た意見じゃないの。この作品、元々は義体の少女とパートナーの大人をメインに描くお話なのでしょうけど、こと今作については完全にピノッキオとトリエラの対比がメインテーマに絡めて多目に描写されていたから、彼ら以外の存在については、軽くエピソードを散りばめるだけの、いわゆるお当番パートだけでご勘弁という構成になっているのよね」
「あー、そうですねー。たぶんその点については一期の方がきっちりとしてたんでしょうね。見てないからわからないですけど。今期の彼女達って、テーマ自体には関わってるから居なくても同じっていうことはないですけど、薄かったっちゃ薄かったのも事実ですし」
「うちとしては結果的に今作のような方向性は肌に合ったけれど、萌えとか銃器アクションを求めていた人たちにはご愁傷様、という部分はあるものね。それもこれも原作者の意向なのだし、今作で貫いていた――人の業とでもいうのかしら?――側面が元々原作に備わっていたということの証左でもあるのでしょうし」
「言いたいことはなんとなくわからんでもないけど、なぁ…。もっと萌えがあっても罰は当たらないんじゃねーかってのはあるんだよなー」
「私としては十分過ぎるほど萌え要素満載でしたけどね。ピノッキオもトリエラも、それからフランカとフランコも愛らしい人間臭さに満ちてて。クリスティアーノの不器用なお父さんっぷりとかももう、キャー!な感じでしたしね」
「いやだから、そういうお前の中だけの萌えを語られても正直、困る」
「あはは、まあアニタちゃんの言いたいことも良くわかりますよ。実際、幼女萌え的な要素って驚くほど抑えられてましたもん。あれってスタッフ的な限界なんかもあるんでしょうけど、半分以上はでも原作者さんの考えなんでしょうね。一期は萌え路線強めでテーマ的なものがないがしろになってしまったから今度は…みたいな。まあこれは業界の噂を踏まえた穿った見方ですけど」
「そんなもの、放っておけば良いのよ。萌え萌え言ってるだけで脳みそのないオタクの理不尽な好みに迎合する必要なんてこれっぽっちもないのだもの」
「おいおい、資本主義全否定かよww 深夜アニメなんてそういう脳みそのない、下半身でモノを考えるオタの泡銭で成り立ってんのに」
「それはそれよ。売れるために萌えに走るも勝手、描きたいものを描くのも勝手。だったら私は描きたいものを描いて欲しいわね。その作者の人となりが見えてきやすいもの」
「そりゃ同人の理屈だろ。まがりなりにもプロなら、まず売れるもんを作らんと話にならないじゃん」
「それはどうかしら。売るためだけに作られたものは商品ではあっても作品ではありえないわ。アニメは商品であると同時に作品なのだから、作家であるところの監督以下アニメスタッフはまず作品を作るということを第1にすべきだわ。売るためのあれこれはプロデューサーが行うべき職務なのよ」
「ええと、どっちも間違った考えではないんじゃないかなー、と私は思いますよー。作品だからといって明らかに売れないものを作っちゃったらお客さんは寄ってこないし、といって売ることだけを考えてたらクリエイターとして何か大切なものを忘れちゃうと思うので」
「それもそうか。っつーか、原作者ってもともと同人上がりだっけな。好きなもの描いてて売れるならそれが一番だよなぁ…。
まぁでも、アニメは漫画が別モンだってことを弁えもせず畑違いの分野にしゃしゃり出て来たっていう無印儲の言い分、オレはそんなに間違ってないと思うけどな」
「その辺の曖昧な部分についてはノーコメント、としておくわ。ただ、結果的に商品としての出来に申し分がなかったかと言えば、手放しに褒めることはできないかしらね」
「うーん、確かに面白かったのは間違いないですけど、DVD欲しいかって言われると…うーん」
「ま、物売るならそれなりのクオリティのモン作れってことだよな。作品にしろ商品にしろ、納得して買う気にさせてナンボだからな」
「兎にも角にも、スタッフさんおつかれさま、と言わせていただこうかしら。願わくば、次回はもう少し余裕を持って製作ができますよう」
「いやもうそれは、業界全体に対して願っておきたいことですねー」
スポンサーサイト
[2008.03.29(Sat) 13:03] アニメ最終回Trackback(1) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

うしろ指さされてもいいやw by YASBO!
 放映当初から色々言われていた2期シリーズですが、なんだかんだいって良かったと思うのは間違いじゃないんですよね?・・・よね?w
 というより、萌えを求めたにしても1期で萌えるのはオレにはつらい話ですw 1期ですら評判の悪い最終話が一番好かったと思うくらいですしw

 ハッキリ言って義体が幼い柔らか脳の順応性を必要としていても、少女のそれである必要性は無いと思います。けどもそこはエンタメだと思います。作者の趣向は入っているにしても、十二分なそのギャップで物語への関心を持たせる事に成功していると思いますし、その上で美しいイメージとかけ離れたイタリアの現実をベースとして練られた物語がこの作品の肝なのであって・・・云々かんぬんw(逃げw)

 まぁ、終始アニメとして動きがおかしかったけども・・・銃器の動きや挟撃配置もおかしかったという話も(1期も良いとは言えないかとヽ(`Д´)ノ)・・・ヘンリエッタの声・・・というか演技も・・・。

 ぃゃぃゃw お話としてはとても面白かったと思います。1期と2期なら2期です。あと、今月の電撃大王の原作でトリエラの人身売買のシーンがシンクロしてきました。これはアニメで先行させて狙ったっぽい。見事な補完w

 じゃDVDを買うかって?キャラはOKなので動きと色味と車の作画をほぼ全面直してくれれば買いますwww(そこはやっぱ駄目w)

でももう一回言っときます。面白かったです~^^¥

長文失礼しました~(´・ω・)ノ☆

>>YASBO!さん by むにゅ
 ありゃ、一期ってそんなに酷かったんですかw そういえばそんなこと聞いたような。YASBO!さんでもフォローしきれないとは、ちょっと怖いような気になるような。

 少女の順応性云々は言い訳で、結局おにゃのこ描きたいんだぜ!な原作者さんの熱いパトスは十分に伝わってくるのでその事についてツッコミをいれるのは野暮というものでしょうし、銃器関連についてもほんとはこだわりたかったんでしょう。スタッフさんがそれについてこれなかったっていう、それはちょっと残念ですけど。私はそういうミリタリ的な素養がないから不満とかないですけど。

 お話としてはこれ以上ないくらい楽しませてもらったとおもいます。電撃大王のアレコレはアニメに関わってる原作者ならではの良いコラボですね。いや読んでないからわかんないんですけどw

 っていうかYASBO!さんニ期見てたのねー。全然話題に出て来ないから知らなかったよ!

 

苦言 by 山猫
いつも楽しく読ませてもらってます
が、見ていない作品に触れるものはどうかと
見比べれば一期より二期のほうが「萌えより」な作品で
あることはすぐ分かります
(仕草、演出等露骨です)
逆に二期は「たんなる萌アニメ」になっているともいえるかと
バッシングのつもりもありませんが是非一期を見た上で
話されてはどうですか?
個人的になんと見当違いなことを言ってるのかと驚きましたのでコメントさせてもらいました

うしろ指さされるのはオレだけで・・・orz by YASBO!
>>ありゃ、一期ってそんなに酷かったんですかw
 すいません^^; ミスリードしてそんな風に思わせてしまいましたか。まぁ1期はアニメとして酷いか酷くないかで言ったら酷くは無いんだと思います。というか大多数の人は評価が高い(参考Amazon他だけどw)みたいですね。残念ながらオレの評価は多数派じゃないみたいですw
 
1期のガンスリはこういうアプローチもあるよね・・・って感じで捉えてます。絵とかは丁寧だったと思うし、今絵を見比べても1期に軍配が上がりますが・・・なんというか・・・キャラが違う?って感じです。こりゃ完璧主観だw

 とまぁ個人的に1期はガンスリとしてそれほど評価していないというだけですね^^ だから2期への拒絶反応は起こらないのかも。

まぁそんな訳でうしろ指はこっちにw

>>山猫さん by むにゅ
 御指摘ありがとうございます。
 見てもいない作品を引き合いに出して云々するのは確かに褒められたことではありませんね。気を害されてしまったことにはお詫びさせていただきます。
 
 ただ、これからもうちは見てないものに対しては「見てない」と言ったうえで触れていくと思います。
 そしてそんな時は、「見てない人の勝手な先入観、思い込み」として受け取ってくだされば宜しいかと思います。これは作品に対する言及というよりも、作品周りにある「意見や噂」を含めての妄想と思っていただきたいです。
 うちはそういう「下世話な世間話、井戸端会議」も本分としていますので、基本的に・無誠意・無責任な投げっぱなしブログであることをお許しください。

 そしてそれでもなお、作品に対する誤解をどうにかしたい、とお考えの場合は主観ではなく客観的な根拠を示していただけるとありがたいですー。

>>YASBO!さん by むにゅ
 あはは、一期って結局どうだったのかしらん。そういえば声がひどいって言う話はさんざっぱらどっかで聞いたような。絵についてはなんだろう、一期と二期のキャラデについては二期のが自分は好きです。萌え寄りなのは一期のほうなんだろなぁとは思いますけど。

 キャラが別モノであることについてはまあ、描写というか解釈の違いですからそれはしょうがないでしょうね。スタッフも違えばアプローチも違うので。YASBO!さんの琴線に触れるものがなかったならまあ、そういうことなんでしょうね。

コメントを閉じる▲

 ← 狼と香辛料 最終回 | TOP | ちょっとしたこと

COMMENT

 放映当初から色々言われていた2期シリーズですが、なんだかんだいって良かったと思うのは間違いじゃないんですよね?・・・よね?w
 というより、萌えを求めたにしても1期で萌えるのはオレにはつらい話ですw 1期ですら評判の悪い最終話が一番好かったと思うくらいですしw

 ハッキリ言って義体が幼い柔らか脳の順応性を必要としていても、少女のそれである必要性は無いと思います。けどもそこはエンタメだと思います。作者の趣向は入っているにしても、十二分なそのギャップで物語への関心を持たせる事に成功していると思いますし、その上で美しいイメージとかけ離れたイタリアの現実をベースとして練られた物語がこの作品の肝なのであって・・・云々かんぬんw(逃げw)

 まぁ、終始アニメとして動きがおかしかったけども・・・銃器の動きや挟撃配置もおかしかったという話も(1期も良いとは言えないかとヽ(`Д´)ノ)・・・ヘンリエッタの声・・・というか演技も・・・。

 ぃゃぃゃw お話としてはとても面白かったと思います。1期と2期なら2期です。あと、今月の電撃大王の原作でトリエラの人身売買のシーンがシンクロしてきました。これはアニメで先行させて狙ったっぽい。見事な補完w

 じゃDVDを買うかって?キャラはOKなので動きと色味と車の作画をほぼ全面直してくれれば買いますwww(そこはやっぱ駄目w)

でももう一回言っときます。面白かったです~^^¥

長文失礼しました~(´・ω・)ノ☆
[ 2008.03.30(Sun) 02:05] URL | YASBO! #JJNf5Lio | EDIT |

 ありゃ、一期ってそんなに酷かったんですかw そういえばそんなこと聞いたような。YASBO!さんでもフォローしきれないとは、ちょっと怖いような気になるような。

 少女の順応性云々は言い訳で、結局おにゃのこ描きたいんだぜ!な原作者さんの熱いパトスは十分に伝わってくるのでその事についてツッコミをいれるのは野暮というものでしょうし、銃器関連についてもほんとはこだわりたかったんでしょう。スタッフさんがそれについてこれなかったっていう、それはちょっと残念ですけど。私はそういうミリタリ的な素養がないから不満とかないですけど。

 お話としてはこれ以上ないくらい楽しませてもらったとおもいます。電撃大王のアレコレはアニメに関わってる原作者ならではの良いコラボですね。いや読んでないからわかんないんですけどw

 っていうかYASBO!さんニ期見てたのねー。全然話題に出て来ないから知らなかったよ!

 
[ 2008.03.30(Sun) 11:27] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

いつも楽しく読ませてもらってます
が、見ていない作品に触れるものはどうかと
見比べれば一期より二期のほうが「萌えより」な作品で
あることはすぐ分かります
(仕草、演出等露骨です)
逆に二期は「たんなる萌アニメ」になっているともいえるかと
バッシングのつもりもありませんが是非一期を見た上で
話されてはどうですか?
個人的になんと見当違いなことを言ってるのかと驚きましたのでコメントさせてもらいました
[ 2008.03.30(Sun) 15:40] URL | 山猫 #- | EDIT |

>>ありゃ、一期ってそんなに酷かったんですかw
 すいません^^; ミスリードしてそんな風に思わせてしまいましたか。まぁ1期はアニメとして酷いか酷くないかで言ったら酷くは無いんだと思います。というか大多数の人は評価が高い(参考Amazon他だけどw)みたいですね。残念ながらオレの評価は多数派じゃないみたいですw
 
1期のガンスリはこういうアプローチもあるよね・・・って感じで捉えてます。絵とかは丁寧だったと思うし、今絵を見比べても1期に軍配が上がりますが・・・なんというか・・・キャラが違う?って感じです。こりゃ完璧主観だw

 とまぁ個人的に1期はガンスリとしてそれほど評価していないというだけですね^^ だから2期への拒絶反応は起こらないのかも。

まぁそんな訳でうしろ指はこっちにw
[ 2008.03.30(Sun) 20:42] URL | YASBO! #JJNf5Lio | EDIT |

 御指摘ありがとうございます。
 見てもいない作品を引き合いに出して云々するのは確かに褒められたことではありませんね。気を害されてしまったことにはお詫びさせていただきます。
 
 ただ、これからもうちは見てないものに対しては「見てない」と言ったうえで触れていくと思います。
 そしてそんな時は、「見てない人の勝手な先入観、思い込み」として受け取ってくだされば宜しいかと思います。これは作品に対する言及というよりも、作品周りにある「意見や噂」を含めての妄想と思っていただきたいです。
 うちはそういう「下世話な世間話、井戸端会議」も本分としていますので、基本的に・無誠意・無責任な投げっぱなしブログであることをお許しください。

 そしてそれでもなお、作品に対する誤解をどうにかしたい、とお考えの場合は主観ではなく客観的な根拠を示していただけるとありがたいですー。
[ 2008.03.31(Mon) 00:15] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

 あはは、一期って結局どうだったのかしらん。そういえば声がひどいって言う話はさんざっぱらどっかで聞いたような。絵についてはなんだろう、一期と二期のキャラデについては二期のが自分は好きです。萌え寄りなのは一期のほうなんだろなぁとは思いますけど。

 キャラが別モノであることについてはまあ、描写というか解釈の違いですからそれはしょうがないでしょうね。スタッフも違えばアプローチも違うので。YASBO!さんの琴線に触れるものがなかったならまあ、そういうことなんでしょうね。
[ 2008.03.31(Mon) 00:23] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/736-315d07e0

やっっっっっっっっっと全話見ました! てか、お引越し(ネット断絶)する前に最終話残して全部見てたもんで、最終話もリアルタイムに見てちゃんと感想書きたかったよ( ´Д⊂ 本当に 好きな作品になりました。 珍しく(蟲師以来)DVD集めたいかもしれぬ。 感想は10
[ 2008.06.06(Fri) 22:22 ]  はちみつ水。
 ← 狼と香辛料 最終回 | TOP | ちょっとしたこと

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。