TOP > メガマガの水着ピンナップとかってどうよ
 ← 携帯投稿:春一番吹いたか | TOP | 私信ていうかのらみみとかそのへん

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク メガマガの水着ピンナップとかってどうよ 

2008年02月23日 ()
遅れ馳せweb拍手レスー。
>GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-って全然興味なかったんですが、観だしたらなんだすこぶる面白いじゃあないですか!
評判の悪さの原因は作画と演出、なんでしょうかね。これぐらいなら許せますけどねー。

 ガンスリ面白いよねー。評判が悪いのは結局「萌えとミリタリー」をお題目にしてるのに作画もアクションも悪いからなんでしょねー。原作者的にはその辺もほんとは凝りたいんでしょうけど。
 ウチはこういうタイプの作画崩れは全く気にならないですね。演出も「拙いながらも伝わる」レベルだと思うのであんまり気にしてません。変に作画が良かったりすると「ヘンリエッタ可愛いよ」で終わっちゃうかもしれないから、逆に本題に集中できるかもくらいの勢いで。
 まあなんていうか、何を受け入れて何に引っかかりを持つかって話。

 以下、与太話。


 萌えの皮を被ったアニメというのは世に結構あって、シムーン・ttの西村作品とかはその最たるものといえると思います。「皮を被った」というのは、それをメインに押し出してないっていう意味。
 「萌え」というのは「SF」や「ファンタジー」と同様の、ある種世界観というかジャンルを形成する要素なんで、それ自体を骨子とした作品というのはあまり万人向けになりません。何故かっていうと、それは人の感情に訴えかける力が弱いから。萌えは「人を惹きつける力」を持ってはいるけど、人の感情を揺さぶり、感動を呼ぶ力はあまり持ってないのです。人が何かに感動するときっていうのは、やっぱりそこに「心」があるときで、萌えというのは心よりも本能に訴えかける代物であるが故に、劇的な感動を引き起こすというのは難しいのですよね。
 もちろん、本能に訴えかけてくることそのものを目的とした作品ならそれで十分であって、そういう場合は余計な要素なんていらない、ということすらあるので、それはそれで良しです。そういう作品だって需要は決して少なくないし必要ですものね。

 ウチは「キャラクター重視」、厳密に言うと「キャラクター間の関係性重視」を謳ってます。
 自分は「世界は人の心の持ちようでどうにでも見える」というのが信条であり、「画像はイメージです。実際のものとは異なる場合があります」がアニメを見るときの心構えだと思ってます。
 それが作品である以上、たとえ世界がどのように描かれようと、それは「誰かの目を通して見た世界であり、その補正がかかった上で再構成された映像である」という認識。そこには絶対的・客観的な世界の記述は不可能であるという想いと、それをすることに意義を感じないという意識があるからです。
 美しく幾何学的な世界観とか、体系化された魔法だとか、そういう設定に凝るのは全くの自由だけれども、それによってドラマがつまらなくなるんだったらそんなものは犬に食わせてしまえと思っちゃうのです。そんなものに凝る前に、「もっともらしく見える演出に凝れ」と言いたいわけです。魔法使用時の魔方陣が何式だろうとどうでもいい。カッコ良ければ良いじゃない。そういう風に思っちゃう。整合性なんて気にしてたらロボアニメなんて見てられない。
 そんな風に、世界というのは演出によって全然違って見えてしまうわけで、だからこそ、そういう演出をした監督の意図というのは無視できないし、その意図がわかりやすいものであることを求める。その意図がわからないと、「その世界がそう描写されている理由」がわからない。
それはつまり、世界がどういう単位で記述されているかを把握できないということに他ならないのです。だから私は「テーマ」を求める。それが「その作品の世界を計測するための物差し」だから。

 みなみけ~おかわり~に嫌悪感を持つ人たちは、「世界をそう描写する意図」が一期と全く異なっていることに戸惑ったという事実があったと思います。今までセンチ・キロで記述されていた世界がインチ・ポンドで記述されてしまったような事態に憤慨したから。南春香が南春香であることは変わらないのに、その描写が異なっていたから。童夢スタッフは南春香を「大らかだが芯はしっかりした母性(でも妹がいないと腑抜けちゃうダメ人間)」と捉え、そう見せたけれど、アスリードスタッフは彼女を「外面を気にするヒステリックママ」と表現した。そういう違いは、「どっちが本当の南春香なのかは視聴者にはわからない。ひょっとしたらどちらも違うかも」で終わる話ではなくって、「そう見える彼女を好きだと思うかどうか」という命題に直結していて、大抵の人は自分の好き嫌いを重視するというのはもはや常識のレベルで確定的に明らかなのだから、アスリードのその行為というのは決して褒められたものではない。せめてその演出意図が明解であればまだ情状酌量の余地も生まれるけれど、それも曖昧である以上、「見えてるものでしか判断できない」のはある意味当然なんですよね。

 今という時代は萌えという要素なしにはなかなかアニメ作れないです。それが世の需要だから。それは仕方がないことだから、萌え要素を入れるのは別に構わないです。ただ、それだけだとやっぱり強烈な求心力というのは持てないから、その萌えという衣の内になんらかの「芯」が必要になってくる。恋愛、人情、コメディ、バトルアクションといった万人に寄与しやすい要素をそこに持ってくるか、あるいは属性を重ね着してメカ・SF・ファンタジーなんていう要素を組み合わせるとか、そういう工夫が欲しい。ミステリー・心理戦などのパズル的要素なんかも良いでしょう。そのあたりの好みの分かれやすい要素は視聴者を選ぶので注意しようね、という感じですけど。

 ところで、メガミマガジン(というかそれに限らずアニメ誌全般に掲載されているタイプの)グラビア系のポスターやらピンナップ、萌えイラストなんかってどう思いますか?
 可愛ければ気にせず楽しめちゃいます?
 それとも「らしくない」ものに違和感を感じますか?
 私は前述のようにキャラの内面性を重視するので、「恥ずかしがり屋さん」キャラが水着でカメラ目線とか、殺し合いをするくらいに仲が最悪なキャラがツーショットで営業スマイルとかそういうのははっきりいって好きくはないです。
 そういうものについてはもうしょうがないから、「そのキャラクターを演じてる女優がグラビアやってる」というような認識をすることにしてます。要するに、「そのキャラクター本人とは別だよ」ということ。ttの乃絵・比呂美・愛子なんて劇中では仲良くスリーショットするようなキャラじゃないわけで、だからそういう違和感に対しては『石動乃絵役の女優イスルギ・ノエが…』みたいな風に自己欺瞞をせざるを得ない。もちろん声は高垣彩陽にそっくりだよ!みたいな。所詮アニメキャラなんだからどう動こうと描く人次第なんだぜとか考えたら超萎えちゃいますからねー。まあ、ああいうイラストも所詮妄想に基づいてるわけなんでどっちもどっちだけど。
 やっぱりイメージってものは大切。ほら、クールなキャラがEDでノリノリではっちゃけたダンス踊ってるとうわぁってなるでしょ。メガマガとかだと、DCキャラとかなのはキャラはエロシチュばっかり多い印象があって、なんかもうお前ら風俗嬢かみたいな。なんかその辺はキャラに思い入れがないから本人がそういうエログラビアやってても良いよとか思っちゃって、だからそういうキャラに対しては「萌えアニメキャラってのもお仕事得るのに大変なんだなあ。枕営業とかも普通にあるんだろなー」なんて思ってみたりなんかしちゃったり。【白河ことりの水着ポスターを見ながら】 まったく失礼な話ですよ。

そういう意味ではプリキュア5のEDダンスはキャラをちゃんと保った上で踊らせてて白眉の出来だったですよ。ナッツはあくまでもツン、年長組はちょろっと恥じらいつつも楽しく、というのがすごく良い感じに羞恥プレイでしたよねうん。
スポンサーサイト
[2008.02.23(Sat) 01:53] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by halogen
なんだかやたらと長い気合の入った記事、凄いですねぇ。
とりあえず個人的に気になったツッコミ。

>メガマガとかだと、DCキャラとかなのはキャラはエロシチュばっかり多い印象
DCは知りませんが、実はなのは系は特にStrikerSになってからはエロ系(水着とかお風呂とか?)のピンナップの割合は無茶苦茶少ないです。
それはもう、そういうエロ系ばかり求めるタイプのメガマガ読者から疎まれるくらいに(笑・2chのメガマガ関連スレでは実際なのは関連は嫌われもの)。
他のアニメ類が水着特集になろうとなんだろうと、なのは系はバリアジャケット着てたり、それでも可愛い系ならいざ知らず、そもそも熱い凛々しい系だったり。

第1期の時はそうでもなかったのですが、A’s後半あたりからもうほとんど脱いでないですね。
印象って怖い怖い(笑)。

なのは関連でエロっぽいのが多い印象は、多分コミケ限定販売の商品群からだと思いますがどうでしょう。
抱き枕にシーツの売りっぷりは原作とらハのivoryからの伝統炸裂、寝具メーカーと呼ばれる所以です(笑)。
以上、本筋とは全く無関係なツッコミでした。


ついでなので本筋関連も。

>誰かの目を通して見た世界であり、その補正がかかった上で再構成された映像
>「見えてるものでしか判断できない」
ここまでの認識は同じだろうとして、この先の考え方がホント正反対ですよね~。
私の場合は、深く考えるときは、だからこそその中から出来る限り主観・補正を排してまずは客観的な見方をしようとしたりしてるかなと。
主観の上に主観を重ねるのは愚行、まずは一度客観に直してから“自分の”主観を持ちこむという信条です。
まぁ実際そんな深い考えをすることなんてめったにないのですが(笑)。

>整合性
私の場合、整合性が根本からぶっ壊れてない限りは、受け取り手の方で整合性を保つにはどうすればいいかを考えるのが楽しくて仕方がないのです(笑)。

by むにゅ
>>halogenさん
>実はなのは系は特にStrikerSになってからはエロ系(水着とかお風呂とか?)のピンナップの割合は無茶苦茶少ないです。
 言われてみれば確かに。でもほら、六課みんなで温泉入ってるポスターとか見た覚えがありますし、まあでもやっぱり抱き枕のイメージを思い出しながら記事書いてたから仰る通りで良いと思うです。
 っていうか、StSのなのはさん達ってぶっちゃけそんなエロくな(ry
 それにしても、大っぴらに脱げる年齢(と言って良いのかどうか知りませんが)になったのに露出減るってなんていうかある意味寂しいですねw

>その中から出来る限り主観・補正を排してまずは客観的な見方をしようとしたりしてるかなと
 そこがわからないんですよねw 「客観的に見る」というのは具体的にどういう見方をするのかがわからないんですよねー。整合性っていうのが「何を基準にした整合性なのか」がわからないのです。

by halogen
>六課みんなで温泉入ってるポスター
それはこれではないでしょうか。
http://www.nanoha.com/goods/c73sheet.html
今回の冬コミでの販売物、思いっきりシーツです。
まさに寝具メーカー(笑)。

でもこのくらいだとそこまでわざとらしくはなくて、六課の面々が温泉行ったら実際こんな感じだとも思うんですがどうなんでしょうかね。

ちなみにお風呂ポスターなら、A’sのときにテスタロッサ家のIfな情景(フェイトの記憶にある優しいプレシア+リニス+アリシア+7歳頃と思われるフェイト(A’sだと9歳)+幼い頃のアルフ)というのがありました。


>「客観的に見る」というのは具体的にどういう見方をするのか
極限まで突き詰めれば事実の羅列ですかね。
事実には、そのとき誰々がどういう思考をしていたという内面的事実も含みますけど。
誰がどこで何をどうしてその時何を考えたか、でしょうか。

>整合性
私の場合はかなり緩いですよ。
根本的にぶっ壊れて無い限りは、上記のように勝手に推測して楽しみますから(笑)。
基準は、この場合は“考えられる限りのあらゆる2つの事象の組み合わせを持ってきて比較したときに、避けようのない矛盾があるかないか”でしょうか。

by むにゅ
>>halogenさん
 あー、それですそれ。ポスターじゃなかったのかw
 そですね、お色気っていうかほのぼの家族シチュですよねこれ。まあ私みたいな外道な裏読みスキーがこういうの見ちゃうと「誰がこれ撮ってんの?」とかそういうことがやたら気になっちゃってダメなんですけど。「作られたほのぼの感」というか、どうせフレーム外れたらレフ版があったりするんだろ、とかそういう野暮な妄想しちゃうんですよね。

>極限まで突き詰めれば事実の羅列ですかね。
 結局のところ、虫食いのクロスワード解いてるような感覚なんですかね。見える事実を並べて、見えてない部分。省略された空白部分を想定するっていう楽しみだと考えればわかるような気がしないでもないかな、という感じです。
 まあいずれにしても自分にはできない楽しみ方ですねw
 
>基準は、この場合は“考えられる限りのあらゆる2つの事象の組み合わせを持ってきて比較したときに、避けようのない矛盾があるかないか”でしょうか。
 つまり、差し当たり矛盾がないと思われる場合、あらゆる事象を事実として扱う、ということなんでしょかね。

by halogen
ツッコミ忘れをもう一つ。
一般理解的には問題ないんでしょうが、理系頭的に気になって仕方が無かったです(笑)。

>センチ・キロで記述されていた世界がインチ・ポンドで記述
センチ(メートル)・キロ(グラム)という理解でいいんですよね?
センチは100分の1、キロは1000倍を現すだけでそれ自身は重さでも長さでもないですので。
“センチインチ”はともかく、“キロポンド”はアメリカでは普通に使ったりしてます。

キロは、日本語でも文脈が無いとキログラムかキロメートルかキロリットルか全然分からないのが困りものといえば困りもの(苦笑)。

>「誰がこれ撮ってんの?」
これって、アニメ本編にも思いっきり適応できそうな感じ。
それこそお風呂シーンとかあれなアングルのシーンなんて誰が録ってるんでしょう(笑)。

>省略された空白部分を想定するっていう楽しみ
まさにそんな感じでしょうね。
そのためには事実は断片的でも多い方がいいですし、逆にどう演出されてようがあまり関係なし。
私にとって演出=派手さ格好良さ美しさ等々、美的感覚の意味合いが強いです。

私の場合はその世界を好きになったなら、あとはそこで動いているキャラ達を見てるのが楽しいんですよね。
こういう人がいてこう考えて、ああいう人がいてああ考えて、それがときに交錯したり。
自分が気に入るキャラをひいきすることはあれど、誰が正しいということもなく、ただ見てるのが楽しいんです。
リリカルなのははまさにそんな感じ、他にも今までで2~3そういうアニメはありますかね。
まぁなのはの場合は魔法設定世界観設定その他の理系思考的付加価値があまりに大きすぎるのですけど(笑)。

ということで、

>あらゆる事象を事実として扱う
これは当然ですね。
そして事実は全て等価だと思ってます。
もちろん、考えるべき事象によってその等価な事実のうちどれを抽出するかというのはありますけどね。

by むにゅ
>>halogenさん

>センチ(メートル)・キロ(グラム)という理解でいいんですよね?
 ああもう、理系はこれだから!それくらい文脈からわかるでしょ!空気読んでよ!(笑)
 まあそれはともかく合ってます。わかりにくいから尺/貫とインチ/ポンドにした方がいいかもとか思ったけども、それはそれでピンとこないかと思ったのですよね。いや、素直にメートル・グラムで書けば良かったんですけど、思いつかなかったので。
 
>キロは、日本語でも文脈が無いとキログラムかキロメートルかキロリットルか全然分からないのが困りものといえば困りもの(苦笑)
 言いたいことは重々わかるのですけど、ここではどうでも良いです~。キログラムでもキロメートルでもキロリットルでも文意に大した変わりはないですんで。少なくとも日本ではセンチインチ・キロポンドとは言わないですから大幅に変わったよ、っていうのは伝わりますよね?あの文脈からhalogenさんは「センチ(メートル)」「キロ(グラム)」と()内を脳内補完していただけてるわけですし。

 いやホントに、そういう細かいとこまで正確に言ってくれないと気持ち悪いっていうのはわかるんですよ。わかるんですけど、いい加減ウチの「それくらい察してね」っていうスタンスにも慣れて欲しいかなーとか。いや甘えですけど。

>これって、アニメ本編にも思いっきり適応できそうな感じ。
それこそお風呂シーンとかあれなアングルのシーンなんて誰が録ってるんでしょう(笑)。

 撮影してんのか作画してんのか、はたまた盗撮か。いずれにしても、誰かが何らかの意図を持って「恣意的に編集した結果」でしょう。で、halogenさんとしてはこれは「事実」扱いなんですかね?
 
>私の場合はその世界を好きになったなら、あとはそこで動いているキャラ達を見てるのが楽しいんですよね
 結局のところ、halogenさんは世界そのもののありよう、そこに存在するものの振る舞いなんかに興味があるってことなんですかね。分子が動き回って衝突したり結合したりするのを見つめて、そういうものから法則を見出したりする。そういうスタンス。
 私は世界そのものとか事実にはほとんど興味がないからなぁw 

by halogen
>空気読んでよ!
だから最初は我慢して突っ込まなかったんです(笑)。
というか、正確には普通に理解出来すぎてスルーしてしまってただけなんですが。
他の部分が気になって改めて本文を注意深く読み返してたら、偶然気付いてしまったんですよ(笑)。

>細かいとこまで
文章中のどうでもいいところならホントどうでもいい些細なことなんですが、キーとなりそうな単語だけにどうも(苦笑)。
例えば今回も“キログラムかキロメートルかキロリットル”ならどうでもいいでしょうが、キロポンドならダメだったはずですしね。
まぁそれにしたってものの見方が1000倍違ってるという喩えにはなりそうですが(笑)。

「それくらい察してね」というスタンスは分かるのですが、こういうのがあるとどうしても頭の悪い文章に見えてしまうのですよ。

>「事実」扱い
アニメ本編に関してなら、まごう事なき事実扱いです。
恣意的編集だろうがなんだろうが、映された事実には全て誤りはないはずです。
というか、これは何よりも優先される“前提”として考えてると言ったところでしょうか。
この映像の内容は後で加工・捏造されたものですなんて言い出したら大変なことになるので(苦笑)。

ちなみに、映像そのものはデフォルメなんてのもあるので加工といってしまえば加工なんでしょうけどね。
あくまで行動と言動とにおいてという意味です。

問題は、映されていない所に何があるか(もちろん何もないかもしれません)。
これ以降は勿論100%仮定のみで出来たものになってしまうわけですが、何かを考えるときは、それを見失わないように、出来るだけ恣意的成分を外してから自分の目で物を見たいなぁと。

>世界そのもののありよう、そこに存在するものの振る舞いなんかに興味がある
多分そんな感じなんでしょうね。
特に振る舞い重視。
といっても法則を見つけたいというよりは、ただ純粋に見つめてるのが楽しいだけだと思います。
シムシティみたいなゲームでほぼ完成した都市を見つめてる感じ?(笑)

まぁ普段表面的に楽しんでるだけの時は何も考えちゃいないのですけどね(笑)。

by むにゅ
>>halogenさん

>まぁそれにしたってものの見方が1000倍違ってるという喩えにはなりそうですが(笑)。
 そゆことですー。むしろ微妙に共通してる分混乱が大きくなることもあったり。
 うちは基本的に頭悪い文章ですからね!あんまり理性を求められちゃうと苦しいですw 

>あくまで行動と言動とにおいて
 ここで納得。あくまで「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」が重要ということですね。記録映画で問題ないみたいな感じかな。
 私は記録映画なんかもよっぽど内容に興味がいかないと「どうして監督さんはこの記録映画を残そうと思ったのか」とかのが気になっちゃう人なんですよねw だからやっぱり、客観的な立場で映像を見るということはどうやってもできそうにないですわー。

コメントを閉じる▲

 ← 携帯投稿:春一番吹いたか | TOP | 私信ていうかのらみみとかそのへん

COMMENT

なんだかやたらと長い気合の入った記事、凄いですねぇ。
とりあえず個人的に気になったツッコミ。

>メガマガとかだと、DCキャラとかなのはキャラはエロシチュばっかり多い印象
DCは知りませんが、実はなのは系は特にStrikerSになってからはエロ系(水着とかお風呂とか?)のピンナップの割合は無茶苦茶少ないです。
それはもう、そういうエロ系ばかり求めるタイプのメガマガ読者から疎まれるくらいに(笑・2chのメガマガ関連スレでは実際なのは関連は嫌われもの)。
他のアニメ類が水着特集になろうとなんだろうと、なのは系はバリアジャケット着てたり、それでも可愛い系ならいざ知らず、そもそも熱い凛々しい系だったり。

第1期の時はそうでもなかったのですが、A’s後半あたりからもうほとんど脱いでないですね。
印象って怖い怖い(笑)。

なのは関連でエロっぽいのが多い印象は、多分コミケ限定販売の商品群からだと思いますがどうでしょう。
抱き枕にシーツの売りっぷりは原作とらハのivoryからの伝統炸裂、寝具メーカーと呼ばれる所以です(笑)。
以上、本筋とは全く無関係なツッコミでした。


ついでなので本筋関連も。

>誰かの目を通して見た世界であり、その補正がかかった上で再構成された映像
>「見えてるものでしか判断できない」
ここまでの認識は同じだろうとして、この先の考え方がホント正反対ですよね~。
私の場合は、深く考えるときは、だからこそその中から出来る限り主観・補正を排してまずは客観的な見方をしようとしたりしてるかなと。
主観の上に主観を重ねるのは愚行、まずは一度客観に直してから“自分の”主観を持ちこむという信条です。
まぁ実際そんな深い考えをすることなんてめったにないのですが(笑)。

>整合性
私の場合、整合性が根本からぶっ壊れてない限りは、受け取り手の方で整合性を保つにはどうすればいいかを考えるのが楽しくて仕方がないのです(笑)。
[ 2008.02.23(Sat) 22:16] URL | halogen #rKgl1FOk | EDIT |

>>halogenさん
>実はなのは系は特にStrikerSになってからはエロ系(水着とかお風呂とか?)のピンナップの割合は無茶苦茶少ないです。
 言われてみれば確かに。でもほら、六課みんなで温泉入ってるポスターとか見た覚えがありますし、まあでもやっぱり抱き枕のイメージを思い出しながら記事書いてたから仰る通りで良いと思うです。
 っていうか、StSのなのはさん達ってぶっちゃけそんなエロくな(ry
 それにしても、大っぴらに脱げる年齢(と言って良いのかどうか知りませんが)になったのに露出減るってなんていうかある意味寂しいですねw

>その中から出来る限り主観・補正を排してまずは客観的な見方をしようとしたりしてるかなと
 そこがわからないんですよねw 「客観的に見る」というのは具体的にどういう見方をするのかがわからないんですよねー。整合性っていうのが「何を基準にした整合性なのか」がわからないのです。
[ 2008.02.23(Sat) 23:24] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

>六課みんなで温泉入ってるポスター
それはこれではないでしょうか。
http://www.nanoha.com/goods/c73sheet.html
今回の冬コミでの販売物、思いっきりシーツです。
まさに寝具メーカー(笑)。

でもこのくらいだとそこまでわざとらしくはなくて、六課の面々が温泉行ったら実際こんな感じだとも思うんですがどうなんでしょうかね。

ちなみにお風呂ポスターなら、A’sのときにテスタロッサ家のIfな情景(フェイトの記憶にある優しいプレシア+リニス+アリシア+7歳頃と思われるフェイト(A’sだと9歳)+幼い頃のアルフ)というのがありました。


>「客観的に見る」というのは具体的にどういう見方をするのか
極限まで突き詰めれば事実の羅列ですかね。
事実には、そのとき誰々がどういう思考をしていたという内面的事実も含みますけど。
誰がどこで何をどうしてその時何を考えたか、でしょうか。

>整合性
私の場合はかなり緩いですよ。
根本的にぶっ壊れて無い限りは、上記のように勝手に推測して楽しみますから(笑)。
基準は、この場合は“考えられる限りのあらゆる2つの事象の組み合わせを持ってきて比較したときに、避けようのない矛盾があるかないか”でしょうか。
[ 2008.02.23(Sat) 23:37] URL | halogen #rKgl1FOk | EDIT |

>>halogenさん
 あー、それですそれ。ポスターじゃなかったのかw
 そですね、お色気っていうかほのぼの家族シチュですよねこれ。まあ私みたいな外道な裏読みスキーがこういうの見ちゃうと「誰がこれ撮ってんの?」とかそういうことがやたら気になっちゃってダメなんですけど。「作られたほのぼの感」というか、どうせフレーム外れたらレフ版があったりするんだろ、とかそういう野暮な妄想しちゃうんですよね。

>極限まで突き詰めれば事実の羅列ですかね。
 結局のところ、虫食いのクロスワード解いてるような感覚なんですかね。見える事実を並べて、見えてない部分。省略された空白部分を想定するっていう楽しみだと考えればわかるような気がしないでもないかな、という感じです。
 まあいずれにしても自分にはできない楽しみ方ですねw
 
>基準は、この場合は“考えられる限りのあらゆる2つの事象の組み合わせを持ってきて比較したときに、避けようのない矛盾があるかないか”でしょうか。
 つまり、差し当たり矛盾がないと思われる場合、あらゆる事象を事実として扱う、ということなんでしょかね。
[ 2008.02.24(Sun) 00:52] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

ツッコミ忘れをもう一つ。
一般理解的には問題ないんでしょうが、理系頭的に気になって仕方が無かったです(笑)。

>センチ・キロで記述されていた世界がインチ・ポンドで記述
センチ(メートル)・キロ(グラム)という理解でいいんですよね?
センチは100分の1、キロは1000倍を現すだけでそれ自身は重さでも長さでもないですので。
“センチインチ”はともかく、“キロポンド”はアメリカでは普通に使ったりしてます。

キロは、日本語でも文脈が無いとキログラムかキロメートルかキロリットルか全然分からないのが困りものといえば困りもの(苦笑)。

>「誰がこれ撮ってんの?」
これって、アニメ本編にも思いっきり適応できそうな感じ。
それこそお風呂シーンとかあれなアングルのシーンなんて誰が録ってるんでしょう(笑)。

>省略された空白部分を想定するっていう楽しみ
まさにそんな感じでしょうね。
そのためには事実は断片的でも多い方がいいですし、逆にどう演出されてようがあまり関係なし。
私にとって演出=派手さ格好良さ美しさ等々、美的感覚の意味合いが強いです。

私の場合はその世界を好きになったなら、あとはそこで動いているキャラ達を見てるのが楽しいんですよね。
こういう人がいてこう考えて、ああいう人がいてああ考えて、それがときに交錯したり。
自分が気に入るキャラをひいきすることはあれど、誰が正しいということもなく、ただ見てるのが楽しいんです。
リリカルなのははまさにそんな感じ、他にも今までで2~3そういうアニメはありますかね。
まぁなのはの場合は魔法設定世界観設定その他の理系思考的付加価値があまりに大きすぎるのですけど(笑)。

ということで、

>あらゆる事象を事実として扱う
これは当然ですね。
そして事実は全て等価だと思ってます。
もちろん、考えるべき事象によってその等価な事実のうちどれを抽出するかというのはありますけどね。
[ 2008.02.24(Sun) 10:26] URL | halogen #rKgl1FOk | EDIT |

>>halogenさん

>センチ(メートル)・キロ(グラム)という理解でいいんですよね?
 ああもう、理系はこれだから!それくらい文脈からわかるでしょ!空気読んでよ!(笑)
 まあそれはともかく合ってます。わかりにくいから尺/貫とインチ/ポンドにした方がいいかもとか思ったけども、それはそれでピンとこないかと思ったのですよね。いや、素直にメートル・グラムで書けば良かったんですけど、思いつかなかったので。
 
>キロは、日本語でも文脈が無いとキログラムかキロメートルかキロリットルか全然分からないのが困りものといえば困りもの(苦笑)
 言いたいことは重々わかるのですけど、ここではどうでも良いです~。キログラムでもキロメートルでもキロリットルでも文意に大した変わりはないですんで。少なくとも日本ではセンチインチ・キロポンドとは言わないですから大幅に変わったよ、っていうのは伝わりますよね?あの文脈からhalogenさんは「センチ(メートル)」「キロ(グラム)」と()内を脳内補完していただけてるわけですし。

 いやホントに、そういう細かいとこまで正確に言ってくれないと気持ち悪いっていうのはわかるんですよ。わかるんですけど、いい加減ウチの「それくらい察してね」っていうスタンスにも慣れて欲しいかなーとか。いや甘えですけど。

>これって、アニメ本編にも思いっきり適応できそうな感じ。
それこそお風呂シーンとかあれなアングルのシーンなんて誰が録ってるんでしょう(笑)。

 撮影してんのか作画してんのか、はたまた盗撮か。いずれにしても、誰かが何らかの意図を持って「恣意的に編集した結果」でしょう。で、halogenさんとしてはこれは「事実」扱いなんですかね?
 
>私の場合はその世界を好きになったなら、あとはそこで動いているキャラ達を見てるのが楽しいんですよね
 結局のところ、halogenさんは世界そのもののありよう、そこに存在するものの振る舞いなんかに興味があるってことなんですかね。分子が動き回って衝突したり結合したりするのを見つめて、そういうものから法則を見出したりする。そういうスタンス。
 私は世界そのものとか事実にはほとんど興味がないからなぁw 
[ 2008.02.24(Sun) 23:12] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

>空気読んでよ!
だから最初は我慢して突っ込まなかったんです(笑)。
というか、正確には普通に理解出来すぎてスルーしてしまってただけなんですが。
他の部分が気になって改めて本文を注意深く読み返してたら、偶然気付いてしまったんですよ(笑)。

>細かいとこまで
文章中のどうでもいいところならホントどうでもいい些細なことなんですが、キーとなりそうな単語だけにどうも(苦笑)。
例えば今回も“キログラムかキロメートルかキロリットル”ならどうでもいいでしょうが、キロポンドならダメだったはずですしね。
まぁそれにしたってものの見方が1000倍違ってるという喩えにはなりそうですが(笑)。

「それくらい察してね」というスタンスは分かるのですが、こういうのがあるとどうしても頭の悪い文章に見えてしまうのですよ。

>「事実」扱い
アニメ本編に関してなら、まごう事なき事実扱いです。
恣意的編集だろうがなんだろうが、映された事実には全て誤りはないはずです。
というか、これは何よりも優先される“前提”として考えてると言ったところでしょうか。
この映像の内容は後で加工・捏造されたものですなんて言い出したら大変なことになるので(苦笑)。

ちなみに、映像そのものはデフォルメなんてのもあるので加工といってしまえば加工なんでしょうけどね。
あくまで行動と言動とにおいてという意味です。

問題は、映されていない所に何があるか(もちろん何もないかもしれません)。
これ以降は勿論100%仮定のみで出来たものになってしまうわけですが、何かを考えるときは、それを見失わないように、出来るだけ恣意的成分を外してから自分の目で物を見たいなぁと。

>世界そのもののありよう、そこに存在するものの振る舞いなんかに興味がある
多分そんな感じなんでしょうね。
特に振る舞い重視。
といっても法則を見つけたいというよりは、ただ純粋に見つめてるのが楽しいだけだと思います。
シムシティみたいなゲームでほぼ完成した都市を見つめてる感じ?(笑)

まぁ普段表面的に楽しんでるだけの時は何も考えちゃいないのですけどね(笑)。
[ 2008.02.24(Sun) 23:45] URL | halogen #rKgl1FOk | EDIT |

>>halogenさん

>まぁそれにしたってものの見方が1000倍違ってるという喩えにはなりそうですが(笑)。
 そゆことですー。むしろ微妙に共通してる分混乱が大きくなることもあったり。
 うちは基本的に頭悪い文章ですからね!あんまり理性を求められちゃうと苦しいですw 

>あくまで行動と言動とにおいて
 ここで納得。あくまで「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」が重要ということですね。記録映画で問題ないみたいな感じかな。
 私は記録映画なんかもよっぽど内容に興味がいかないと「どうして監督さんはこの記録映画を残そうと思ったのか」とかのが気になっちゃう人なんですよねw だからやっぱり、客観的な立場で映像を見るということはどうやってもできそうにないですわー。
[ 2008.02.25(Mon) 20:15] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/711-8bdbdad8
 ← 携帯投稿:春一番吹いたか | TOP | 私信ていうかのらみみとかそのへん

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。