TOP > 視聴アニメ1週間まとめて 02/18(月)~02/24(日)
 ← 明坂聡美って整ってるよね | TOP | がんだむだ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 視聴アニメ1週間まとめて 02/18(月)~02/24(日)  

2008年02月24日 ()
狼・破天荒・キミキス・ロザリオ追記。

【A★★★★★GJ!( *′∀` )ノ】
true tears #7 「ちゃんと言って、ここに書いて」

【B★★★★☆ イイ!( ゜∀゜)!b 】
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #7 「カテリーナ 復讐の円環」
もっけ #19「メクラベ」
機動戦士ガンダム00 #20 「変革の刃」 →【感想
狼と香辛料 #8「狼と正しき天秤」
破天荒遊戯 #8「ゆくさきをしらない・前編」
キミキス pure rouge #20「uncontrollable」
ロザリオとバンパイア #8「数学とバンパイア」
ハヤテのごとく! #47「そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…」

【C★★★☆☆ ウン( ゜~ ゜)ゝ】
墓場鬼太郎 #6 「水神様」
AYAKASHI #7 「孤立」
素敵探偵ラビリンス #19 「追憶の泉」
しおんの王 #16 「天眼」
バンブーブレード #19 「アルマジロとセンザンコウ」
ARIA The ORIGINATION #7 「その ゆるやかな時の中に…」

【D★★☆☆☆ イマイチ( ´-`) 】
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- #19 「家族 ―温もりの欠片―」
みなみけ~おかわり~ #7 「噛めば噛むほど甘くなるんだよ」

【今週の流し見】
Yes! プリキュア5GoGo! #4 「うららの台本を届けろ!」
しゅごキャラ! #20「君への贈り物!」

■true tears #7 「ちゃんと言って、ここに書いて」
 やっぱり自分はこういう幼いラブラブ話が大好きなんだなーと再認識。青臭いくらいでちょうど良い。やっぱね、色気とかの要素が入ってきちゃうと生々しくて。誠死ね。
 にしても、乃絵は少々アホの子(純粋という意味で)すぎる気がする。純に鉄壁ガードされて育ってきたのもあるんだろけど、…ひょっとしてお赤飯もまだとかなのか。破廉恥なセリフ禁止。
 乃絵と眞一郎の戯れに苦々しい表情の比呂美が最高です。このアニメ、嫉妬というものを醜くも美しく描くんですよねー。理恵子ママンも比呂美も普通に考えると嫌ったらしいことこの上ないのに、そう感じたうえでなお可愛く見えるのがふしぎ。理恵子ママンもあんだけ大っぴらに【嫁いびり】しときながら今更ながらに眞ちゃんに嫌われたくない乙女心がはたらいたりとか、もうたまらない可愛さです。
 男の子についてはまぬけづらさんに全委任。みよきちとか純とかの考察はおまかせするですよ。
 あいちゃんは…その、なんだ。アクジョってやつよねー。井口裕香ってこんなキャラばっかな。大好きだけどな。

■GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #7 「カテリーナ 復讐の円環」
 ちゃんと話が繋がってきてめっちゃ面白いんですけど。これで作画を頑張れてば普通に良アニメなのになー。
 なんかやたらエロカットがあったです。これで作画を(ry 川本成さんのハスキーボイスもエロかった。
 【譲れないもの、強い想い】というものが誰かに託されたりすることなく消えてしまうこと、というのがやっぱり死というものの持つ無情さであって、それを失うのが嫌だから死に抗いたくなるのかな、とか。そういうものを失った後に人為的にそれを与えられた娘達、彼女らと対比するように配置された「ただ1人の大切な誰かに対する想い」に縋るフランカやピノッキオ。鏡合わせのように似通っているのに殺し合うことになる皮肉。譲れない想いのために身を削り、心をすり減らして生きている。そして、その両陣営に想いを残した元恋人と親友を抱えながらその事実に気がついていないパトリツィア。うーんロマンス。

■もっけ #19「メクラベ」
 なんか作画頑張ってて瑞生可愛かった!あと静流エロかった!
作画監督:高柳久美子 覚えておきましょ。
 このところ、悠久の時を生きるが故に余裕のある勿怪さんが多いですね。17話「スダマガエシ」の木霊も、ヒマで退屈だから話を聞いてくれる瑞生と戯れたいよーってだけで、別に害意があるわけではないんですよね。取り込まれちゃったら人の身だと落ちていく一方だから危険は危険、というだけで。そういうおおらかさというかほのぼのさがなんとも心地良いです。声優さんがまた良い仕事してる。17話の野沢さんもそうだったけど今回の納谷さんも素晴らしかったわぁ。

■狼と香辛料 #8「狼と正しき天秤」
 相変わらずホロがかわいいです。老獪さと天然さが黄金比率でブレンドされてて。それにいちいちリアクションしてしまうロレンスがこそ褒められるべきであるかも。ほんとこの2人のラブラブっぷりは見てて和むねー。
 あとなんだ、やっぱり主人公は女に弱い方が良いんだなあ。主にジェラシー的な意味で。

■破天荒遊戯 #8「ゆくさきをしらない・前編」
 アルゼイドとヒーたんて昔からの付き合いだったのか。まあ良いや。ラゼルとの道中って全部子安との契約だった、のかな。まあそのへんも良いや。
 あの糸使いのガチっぷりにはちょっと引いた。何あの嗜虐心をそそる誘い受け視線。破廉恥すぎる。

■キミキス pure rouge #20「uncontrollable」
 ちょwwBパートの作画が個性的すぎて話に集中できないww 瞳と毛髪に気合入りすぎww
あと妹エロすぎww
 怒涛の勢いでサックスが卒業してしまわれました。結美ちゃんも引く気満々だから困る。
 まあでも今回は二見さんの意地っ張りぶりがかわいかったんでそれが全てって感じですかね。二見さんの「笑ってないわ」はホントいい。

■ロザリオとバンパイア #8「数学とバンパイア」
 ダバダバダ~♪とちゅるちゅるパヤパヤ♪を聞いてるだけで何もかも許せるわぁ。
 いやでもなんで赤いスイートピーやねん。
 
■ハヤテのごとく! #47「そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…」
 原作でも良い話だったなぁ。この回、何気に屈指のエピソードだった気がするのよねー。基本的にはパロディだとしても見せ方次第でいくらでも感動には繋げられるわけで。
 13号の健気さにはもう、なんというかね。こういうの弱いんだよ。

■墓場鬼太郎 #6 「水神様」
 ニセ鬼太郎が何者かはスルーなのね…。
 なんかすごいことになってるけどこんだけすごいのに借金してんだよなぁ水神さま。世知辛いというかなんというか、世の中は金っていうのがなんとも。

■AYAKASHI #7 「孤立」
 このもどかしさはたまらんね。いやホントに、邪気眼波長がぴったり合うんだろなー自分。いろいろと端折ってるのに全く問題なく楽しめるわぁ。あ、でもパムとかただの萌え要員じゃなかったんだなーとか、結構考えてるんだって実感できました。あの無垢さは反面教師的な抑止力になるんやねー。
 なんか可愛いアヤカシ出てきた上にその使い手のおざなりデザインっぷりが笑けた。こんなにやられ役満々な手抜きデザインないのに次回まで引っ張るとか大概にしろw
 原作ってこのアヤカシ使い死刑囚絡みってけっこう酒池肉林的なシーンとかあったのかしら。エロゲ原作的な意味で。 

■素敵探偵ラビリンス #19 「追憶の泉」
 今更ながらに赤と青の過去話。悪くはないけど平凡でした。ふんどし執事もサービスにしては今一つ。

■しおんの王 #16 「天眼」
 うわあああああああああああああ
 なんでいきなりBL展開になってんのさ!どうなってんだよ原作!原作者女ってホントかよ!とか思ったらかとりまさる=林葉直子だった…。えー。
 歩ちゃんいなくなっちゃったよウワアアアン・゚・(ノд`)・゚・。
 憑き物が落ちたかのような悟。犯人候補からは完全に外れたみたい。なんかアレだな、犯人出てきてなかったりするんじゃないのかなマジで。別に良いけど。

■バンブーブレード #19 「アルマジロとセンザンコウ」
 面白かったけどバンブレとしては平凡レベル。たまき父可愛いよたまき父。

■ARIA The ORIGINATION #7 「その ゆるやかな時の中に…」
 やっぱアリア社長ケットシーだろ。他の火星猫と比べても器用すぎるしもう確実に妖怪レベル。グランマに対してあきらかにおばあちゃん言うてたし。ネオヴェネツィアの主神か精霊か知らんけどそういう存在なんだろなー。ほんでARIAカンパニーに害する者を人知れず抹消してあのどう見ても商業的にやっていけてなさそな会社を陰からバックアップしてるんだな。
 なんてことを考えないととてもやってられんです。
 今回は正直、またダメARIAに戻りかけでちょっとアレな気分にもなったです。若グランマ可愛かったけど。あと作画が若干原作寄りな感じだったような。


■ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- #19 「家族 ―温もりの欠片―」
 話に筋が通っててつまんないよ!こんなのドラゴンゾじゃないよ! いや、いろいろツッコミどころもあるんだけどもね。序盤の疾走感がないんだなー。

■みなみけ~おかわり~ #7 「噛めば噛むほど甘くなるんだよ」
 ちょwww特に何があるでもなく晴れてるしwww
 「常に曇天」「黒塗りモブ」とかそのあたりの要素ってそれなりに意味があるものかなとか考えてたんだけど、ひょっとしてマジで特に深い意味もなく「みなみけ的に要らない要素だから&作画の手抜き」だけなのか。まあそれで十分な理由ではあるけど。画面的な明るさを失うというデメリットを圧してまでやる意味あったのかなぁ。
 フユキもいきなり絡みが減ってしまってなんか拍子抜け。まさかとは思うけど、ここらへんで批判がひどいことになりそうだからちょっと自重しようとかそういう先見の賜物だったりはしないよね。そういうことも計算に入れてたらすごいけど、そこまで考えてるなんて思うのは買いかぶりのような気もするんでやめておこうね。
スポンサーサイト
[2008.02.24(Sun) 20:30] アニメ【まとめて】Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 明坂聡美って整ってるよね | TOP | がんだむだ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/709-160db62d

このアニメをものすごーく 楽しみにしている自分がいる。毎週言ってますが1クールだと知ったので毎回でも言いますよ! ※参照:ブログで見る最近の声優さん事情。 今回はフランカメインでした。てか、このアニメすげえな!1クールなのに、キャラ1人1人に丁寧にスポット...
[ 2008.02.26(Tue) 01:22 ]  はちみつ水。
 ← 明坂聡美って整ってるよね | TOP | がんだむだ

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。