TOP > ポルフィの長い旅 第4話
 ← アニ感とか餃子とか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/21(月)~01/27(日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ポルフィの長い旅 第4話 

2008年01月29日 ()
「ミーナの誕生日」

多分誰も気にしてないと思いますが、無駄に動画に力入ってます。
重力を意識した作画、というのはぶっちゃけた話画的な派手さはないのですが、そこにちょっと気を遣ってくれるだけ、映像にぐっとリアリティが出てくるんですよ。
具体的に言うと、ポルフィが父親から工具を受け取るところで、工具袋が思いの外重量があったために一瞬体ごと下に持っていかれて、それを押さえようとポルフィが全身に力を込めて踏ん張り、ゆっくりと持ち上げるという一連の流れであるとか、トラックに乗り降りする際、車体や荷台がずしっと沈みこむであるとか、そういう地味なこだわりがものすごく繊細でよろしい。
 重力フェチとしてはそういうとこについつい目がいっちゃいます。お話が地味だから退屈してそういうとこばっか見てたとかそういうことでは決してなくて、いやそれもちょっとはあるけれども、そういう退屈さを他の部分で埋めるというのはまあアリです。まあでもそれに釣られる人なんてそうおらんでしょうし、こんなことしたって誰も褒めちゃくれないでしょうけど、こういう「重力を感じさせる動きの描写」って何気に大切なのですよ。

 「人の画」を人らしく見せるのにまず一番分かりやすい方法は目瞬きさせることで、次に「揺らぎ」を持たせることだったりします。コマ毎に位置をずらしてふよふよした感じを持たせたり、単純に上下させるだけでも「呼吸感」が出てくる、というような、そういう「アニメーション」の基本の一つが「重力」で、それを無視するとどうなるかっていうと一昔前のCGみたいな「重みのない動き」になるわけですよ。宇宙では重力はないけれど、そういう場合も「遠心力」とか「惰性」というのは重要なんだけども、まあそれを一々描写して意味があるかって言うと、大抵の人は宇宙でのモノの動きは知らないから正確さを期すと逆に嘘臭くなるわけなので、結局はその「アニメ的な嘘をつく」ことが大事なわけですが、その嘘の上手なつき方を世のアニメーターさんは頑張って学んでいただきたいなぁとかそんな感じです。萌え絵はほら、トレースすりゃ誰でも描けるわけで、でも、中割りは純粋にアニメーターさんのセンスと精進の賜物ですからね。
 昨今のアニメ(特にアクション・バトルが中心のモノ)がそういう、基礎的な部分を差し置いてぱっと見が派手な方向に言ってしまってもうなんというか寂しい限りで、そういう意味では『おとぎ銃士赤ずきん』のグレ子とか『ご愁傷さま二ノ宮くん』のバトルがちょっと光ってたなぁとか、最近で一番アクションが良いのはやっぱり『プリキュア』だな、とかそういうのはあるわけですよ。プリキュアのキックの重みは一見の価値があると思います。
 お、なんか気がついたらプリキュアの宣伝になっちまってるや。フヒヒ。そういえばプリキュア、最終回なのに作画ションボリだったなぁ。いやん。
スポンサーサイト
[2008.01.29(Tue) 00:12] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← アニ感とか餃子とか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/21(月)~01/27(日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/694-5dfe4a24
 ← アニ感とか餃子とか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/21(月)~01/27(日)

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。