TOP > さぼっちゃいけないさぼっちゃ
 ← 性的なこと以外の部分での満足感というか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/07(月)~01/13(日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク さぼっちゃいけないさぼっちゃ 

2008年01月17日 ()
ああ。こんばんわ。だらけてました。
頭に血が上ってボーっとしてるのが心地良いです。
そうでもないと寒くてブログ更新なんてやってらんないよ!

■web拍手レス。
>ブログ妖精のココロ。入浴中にクリックしたら何ともセクシャルでハラスメントな感じに。むにゅさんってば卑猥ですyp!
本当に卑猥なのは誰なのか、股に手を当てて考えてみろ。
っていうか、妖精に人権なんてないから良いんじゃないかな。

>テンションが上がらないので力を分けに貰いに来ましたよっと(・ω・) 
ああごめんなさいごめんなさい全然更新してなくて。
力を分けて上げられるほど余裕がなくてごめんなさい。
元気玉に分けるのも惜しいとか思っててごめんなさい。
むしろ元気をもらってごめんなさい。
見てくれる人に元気をあげられるブログを目指したいです。

■ドラえもんは深い内容があると思う
言いたいことはすごく良くわかるんだけれども、
そういうことをあけすけに言っちゃうのは
ギャグの解説をするのと同じくらい野暮なことなんじゃないかなぁ、
とか思いました。
言わなくちゃわかんない人って、実は「言ってもわかんない人」
だったりします。わかった顔するけど腑に落ちてはない、というか。
結局のところそれは自ら見出さないと納得はできないのじゃないかな。
といって主張することに意義がないかと言えばそうではなくって、
少なくとも中谷さんがそういうのをわかってるよーっていうのを
回りに伝えるという意味ではとても有意義なこと。
そういうのをやらないからウチのブログはわかりにくいのだよね。

■true tears 第2話「私…何がしたいの…」の感想文です
上の話と同じような意味でしゃべりすぎだと思うよ。
西村カントクは絵も音も言葉も駆使してなおあの状態であるのに、
言葉だけでどうにかしようだなんておこがましいにも程がある。
石動乃絵と仲上眞一郎の間にある近しい理解の仕方は
ウチ的には感覚的に掴みやすいものだから、
勢いこの2人、引いてはこの番組そのものにひどく魅力を感じるのですが、
それだけに「そういう部分」に波長が合わない人にはきついのかな、
とかそんな要らない心配をしてしまうのですけども、
実は結構みなさん波長合ってる人多いのかしらシムーン脳的に。
湯浅比呂美が飛べない方のなんだっけ、あの鶏に共感してたあたり
何に囚われていて、それは多分自分自身の心の壁なんでしょうけど、
それを解放する鍵になりうるのが眞一郎だと認識していると同時に
自ら飛ぼうとしている石動乃絵にある種の羨望と仄かな憎しみを
感じちゃったりしていて、眞一郎が彼女を切欠にして飛ぶことに
言い知れない恐怖を抱き始めているのかな、とかそんな風に
妄想できるのは良いよね。
比呂美の中に眞一郎からの好意に対する甘えのようなものは確実に
あると思うし、それがなくなったら、ということへの不安というのは
たぶんかなりのストレスなんではないのかな。
まあでも、
自分が一番気になるのは「仲上の嫁」たる母さんなんだけど。
「眞ちゃん、上着~」をもっと聴きたいなぁ。EDのママ可愛いよね。
ああ、もうしゃべりすぎだ。まったくもう。

以下、アニメ雑感。Bまで。

あ、気が付いてる人がいるかどうかわかりませんので一応言っておくと、
点数のところにマウスカーソル持ってくとその点数になった理由が
なんとなく表示されます。あくまでなんとなくですが。

■墓場鬼太郎 #1「幽霊一家」
姉美:1点  妹子:2点  アニタ:1点  →4点(A)
いや正直なめてました。ここまでしっかり作ってるとは思わなんだです。
鬼太郎の「根っこ」にある時代性というか、空気感が
しっかりと再現されているだけでなく、OPなんかで見られる
古きものと新しいものが混ざり合った「混沌」っぷりが作品と上手く
融合しているという印象を受けました。これは良いリメイクですね。
リメイク、と言って良いのかどうかわかんないですが。

■true tears#2「 私…何がしたいの…」
姉美:1点  妹子:2点  アニタ:1点  →4点(A)

■バンブーブレード #14「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」
姉美:1点  妹子:2点  アニタ:2点  →5点(A+)
今回はなんかやたら面白かったです。
ミヤミヤとさとりんの絡み、キリノ・さーやの息の合ったコンビネーション、
吉川センセのナイスアシストにタマちゃんパパは心配性とか、
いろんな部分がすごく肌に合った感じ。
このアニメで悪い意味での引っ掛かりがなかったのは初めてかも。
というか、途中まで「良い最終回」の流れでちょっと焦った。
あとはアレですよ、Aパートのフェチカット大攻勢に笑いっぱなし。
ホントにここのスタッフはひかがみとかふとももとか好きな。
全く見えてないのに脇ヒップがエロいとかもう芸術の域だと思います。

■ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-#14 「朋友 ―違えし未来―」
姉美:0点  妹子:1点  アニタ:2点  →3点(B+)
裏返り枠なので面白いとかつまらないとか関係ないわけですけど、
今回は比較的面白く作ってたと思いました。

■素敵探偵ラビリンス #14「神智発火」
姉美:0点  妹子:1点  アニタ:2点  →3点(B+)
ワースト枠なので面白いとか(ry
こっちは狙って作ってはいるのでしょうけど、でもどっかで壊れてるとは
思います。どう考えても駄アニメなんですけど。

■しおんの王 #12「疑惑」
姉美:1点  妹子:1点  アニタ:1点  →3点(B+)
犯人が誰なのか、というのがすごい気になる。
サスペンスであってミステリじゃないので犯人探しの鍵はなくって、
だからこそムリに推理しなくていいのはウチ的にはありがたいです。
なんか久谷くん株が急上昇しててちょっとヤバい。
これで犯人久谷くんだったりしたらどうしよう。ああどうしよう。

■AYAKASHI #2覚醒」
姉美:-1点  妹子:1点  アニタ:2点  →2点(B)
B級アニメスキー的にはたまらないひどさです。
これを見ちゃうのはダメなんだけれども、ここまで王道だといっそ
気持ち良くなってしまうのです。

■もっけ #14「「ツエザクラ」
姉美:1点  妹子:1点  アニタ:1点  →3点(B+)
瑞生が相変わらず調子こいて痛い目見て、という流れでしたけど、
ほんの少しだけでも成長しているのかなー。
それにしてもおじいちゃんがカッコ良すぎで困る。
スポンサーサイト
[2008.01.17(Thu) 23:50] 雑記・アニメその他Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 性的なこと以外の部分での満足感というか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/07(月)~01/13(日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/686-d6c2bd5f

もっけ に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
 ← 性的なこと以外の部分での満足感というか | TOP | 視聴アニメ1週間まとめて 01/07(月)~01/13(日)

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。