TOP > アニメまとめ11/25(日)~12/01(土)
 ← 思い出したように復帰 | TOP | 電脳コイル 最終回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク アニメまとめ11/25(日)~12/01(土) 

2007年12月02日 ()
【オモシロ!( ゜∀゜)A★★★★★】
BLUE DROP #09 「Lagenaria siceraria」
バンブーブレード #8「タマちゃんとアルバイト」

【ΣΣ!( ゚ Д ゚ )B★★★★☆】
レンタルマギカ #08 「温泉魔法」
ひぐらし解 #21「48時間」→感想
みなみけ #08「ほさか」 →感想
もっけ #08「ヤマウバ」
こどものじかん #08「だっこしてぎゅっ」
Myself ; Yourself #09「戦え!アニメンジャー」
電脳コイル#26(終)「ヤサコとイサコ」 →感想
キミキス pure rouge #09「water girls」

【フツ-( ゜ω ゜)C★★★☆☆】
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- #09 「別離 ―虚空よりの響き―」
素敵探偵ラビリンス #08「初実の受難」 →感想
しおんの王 #06「挑発」
スケッチブック#09「ナニかの為に」
げんしけん2#09「こすけん」
ガンダム00 #09「大国の威信」 →感想

【イマイチ( ′_`)D★★☆☆☆】
D.C.Ⅱ #09「恋模様大和路」 →感想
ナイトウィザードTA #09「パンドラの匣」 ~ベル対アンゼロット~
シャナⅡ#09「哀しみのマイルストーン」
ef - a tale of memories #08「clear colour」

【録画分溜めてるアニメ】
クラナド #04、#05

■BLUE DROP #09 「Lagenaria siceraria」
 極上の百合シチュを作り出すという熱意においてはこのアニメの右に出る者はいまい。
 SFと百合の融合という意味では電ノコよりもこっちの方がやはり特化している分しっかりしてますね。あっちは広義の百合。こっちは広義も狭義も含めて百合。

■バンブーブレード #8「タマちゃんとアルバイト」
 部活を通じて友達ができてバイトをして、という経験からタマちゃんの世界がひろがっていくさまがすごく情緒的に描かれてて驚いた。こういう演出もできるんだなぁ。
 とにもかくにもそれまでアニメくらいにしか楽しみを感じていなかった=世界そのものにそれほど興味を持っていなかったタマちゃんが「回りにあるもの」に気がつくという流れに感服。
 タマちゃんというキャラクターが単なる「物事に動じないマイペース人間」ではなくって、それまで周囲を全く意識してなかっただけの「ふつうの女の子」という面も露わになってその魅力は増していく一方。見せ方が非常にうまいです。

■レンタルマギカ #08 「温泉魔法」
 やればできるんじゃん。
 原作を半端になぞるよりはっちゃけてて全然面白い。呪波汚染もなんのその、私利私欲のために魔法使いまくる穂波とアディに人間の本質を見た気がして良かったです。

■もっけ #08「ヤマウバ」
 面白かったです。こういうカオスなキャラクターは実に魅力的。「モノ」というのは本質的に善でも悪でもない。善でもあり悪でもあり。それにベクトルを与えるのは常に人間。ううむ。
 もののけに憑かれやすいってのは「犬笛が聞こえる」程度に「役に立たず度高めな能力」なワケですけど、それも結局は個性。付き合っていかにゃならんのだから折り合う術を身につけなくちゃなんですよねー。
 毎回毎回教訓めいたものがあるんですが、Holicより素直に見れるのはやっぱり良い。

■こどものじかん #08「だっこしてぎゅっ」
 ああちくしょう。そうなんだよ。かまってほしいんだよ。うんわかるわかる。
 白井先生に共感するなー。抱きしめられ不足で育つと人に近づくのか怖くなっちゃって、人との間合を上手くとれないんですよねー。
 だからこそ青木先生に対してカウンターとなり、反面教師を買って出てるんでしょうけど、やっぱり彼女には幸せになってもらいたい。
 つーか体育教師の物言いはひどい。耳にタンポポの綿毛が詰まってしまえばいいのに。

■Myself ; Yourself #09「戦え!アニメンジャー」
 盛 り 上 が っ て き ま し た 。でも残り回少ないよね。大丈夫なのかしら。
 このアニメはとにかく演出と引きが上手いなー。毎回確実に山と谷を持って来て盛り上げて。しかも全体的に尻上がりにボルテージを上げていってくれてます。笑いの要素も決して忘れずしかも思わぬところからフラグが立つという新鮮味。
 お邪魔ヒロイン星野さんがここにきて若月姉と絡むのか。そういえばこの2人の友達関係の描写ってほとんどなかったな。友達設定すら忘れかけてたや。
 何気に修も心遣いを忘れて失言かましてたし、気になるところ。

■キミキス pure rouge #09「water girls」
 ちょwwそこは赤毛が頑張るところだろwなんで明日香が二見さんフラグ着々と立ててんだw
 とはいえ百合スキーとしてはこっちの方が見てて楽しいです。負けず嫌いな二見さんを操縦できるのは明日香だけ!みたいな。もう明日香と百合っちゃえよ。キスは赤毛としてても構わんから。

■ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- #09 「別離 ―虚空よりの響き―」
 カズキ掘り下げてくれないと豹変の意味がわからんのですが。
 それはそれとして捨てられた小動物の顔になったギオの可愛さは異常。マジヒロイン。

■しおんの王 #06「挑発」
 なんか記憶がおぼろげになってます。犯人候補が出てきたんだっけ。良い声の兄弟。

■スケッチブック#09「ナニかの為に」
 なんか感じが違った。なんだろうこの違和感。
 ああ分かった。ネズミ-ランドで生活感を感じてしまった時の感じだ。

■げんしけん2#09「こすけん」
 クッチー(ノ∀`)

■ナイトウィザードTA #09「パンドラの匣」 ~ベル対アンゼロット~
 ナ、ナンダッテー(AA略

■シャナⅡ#09「哀しみのマイルストーン」
 オチから何から想定内。意外な事実も、見えてなかった姐さんの魅力も出ず。
 マージョ姐さんが逃げてるだけなのは第一期の時点で見え見えだったわけで、そうでない何かを見せて欲しかった。
 ああそういえば戦闘がんばってたけどなんでだろう、全然ワクワクしない。

■ef - a tale of memories #08「clear colour」
 考察アニメとして「これはああいうことなのね」とかあれこれと考える分には楽しいです。それは確かなんだけれども、いかんせん登場キャラに思い入れを持てない。
 マイユアの方は誇張・脚色はあれども限りなく「現実味があるキャラクター」であり、愛すべき弱さと地に足のついた感情を持ってるのに対して、こちらのキャラクターは良くも悪くも「創作物としてのキャラクター」としてしか認識できなません。設定通りに演じられてはいるのだけれども、そこに生の感情が感じられない、伝わってこない。オーバーなりアクションとビビッドな演出が自分にとっては逆にノイズになってしまってます。やっぱりこのアニメの演出方針との相性が良くないなぁとつくづく感じます。
 それはそれとして、火村さんがいきなりちっちゃい人間に見えてきた。まさか「千尋を支えられるのは俺だけなんだ。お前なんかお呼びじゃないんだ」とかじゃないよね。蓮治が千尋を託すに値するかどうか見定めたいんだよね。…いややっぱり小さい男っぽいなぁ。
スポンサーサイト
[2007.12.02(Sun) 18:30] 雑記・アニメその他Trackback(2) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 思い出したように復帰 | TOP | 電脳コイル 最終回

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/649-005f4d60

BGM自重w ←ニコニコ風味 どうやらアニメオリジナルストーリーだったらしい今回。 だからって 猫屋敷さんが キャラ崩壊寸前でしたけどw むしろしちゃった?w いつきの目を癒すんだか治すんだかという目的で温泉を探すお話でした。 てか、いまだにアディリシア
[ 2007.12.03(Mon) 11:33 ]  はちみつ水。

☆げんしけん2 第8話「こすけん」 彰どんまい(^▽^)☆ もとい くっちーどんまい (^▽^)☆ それにしても荻上さんの言動は本当に じれっ隊 (´Д⊂ 関智さんがあんま出なくなっちゃって寂しいなぐす。 ☆ひぐらしのなく頃に解第21話 祭囃し編 其の八 「4
[ 2007.12.03(Mon) 11:29 ]  はちみつ水。
 ← 思い出したように復帰 | TOP | 電脳コイル 最終回

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。