TOP > ごめん、よくわからない。
 ← さむい | TOP | メールが消えた

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ごめん、よくわからない。 

2007年11月18日 ()
>>三国志に出てくる。蒼天航路的なモノを歩んでいるはず。字(あざな)的に考えて!!
 ネタがさっぱりわからないので解説希望。
 ちなみにむにゅは三国志をBLモノ程度としか認識してません。あと蒼天航路は勉強不足で読んでない。アジア系歴史ファンタジーは苦手なのよ。

 ウチのアニメ評価フォーマットはチャベ兄さんのマイナーチェンジ版なので
コピペされようが一向に構わないどころか、むしろ見やすくて助かるです。
 っていうかせっかくだから記事の趣旨をそのままパクろうかと思います。そろそろ今期アニメ中途まとめやろうと思ってたので。


■今期アニメ中途雑感
 むにゅは「絡み重視」のキャラ立てが好きなので、「キャラの絡みが薄い」のはキャラの掘り下げが薄いということに繋がって印象が悪いです。
 特に女性キャラは絡みが命です。だから百合モノ大好き。百合モノは基本的に「会話とスキンシップの量に関係性の深さが比例する」からです。絡みが多ければ多いほど、その距離が近いほど関係性も深く、近くなるから。
 これが男キャラ同士だと「言わずとも察するのが深い関係性を示す」「過度なスキンシップは性的嗜好をイメージさせてホモっぽくなる」ので、アイコンタクトとか阿吽の呼吸とかそういう描写が重要になってくるんですよね。
 なお、むにゅは【百合】という言葉を広義的な意味で使ってます。一応定義としては「恋愛・友愛を問わず、女子同士が結ぶ唯一無二な関係性」としています。掛け替えのない人間関係の絆を結んだ2人の女子の関係を百合認定。
 ガチな恋愛関係はガチ百合、親友な友愛関係はマリ百合。仲良し家族関係はマイルド百合。

【オモシロ!( ゜∀゜)A★★★★★】
BLUE DROP ~天使達の戯曲~
みなみけ

【ΣΣ!( ゚ Д ゚ )B★★★★☆】
yes!プリキュア5
ef - a tale of memories.
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
もやしもん
しおんの王
BAMBOO BLADE
スケッチブック ~full color's~
げんしけん2
ご愁傷さま二ノ宮くん
Myself ; Yourself
機動戦士ガンダム00
キミキスpure rouge

【フツ-( ゜ω ゜)C★★★☆☆】
しゅごキャラ!
D.C.II~ダ・カーポII~
ひぐらしのなく頃に解
ナイトウィザード
CLANNAD -クラナド-
灼眼のシャナII
こどものじかん
スカイガールズ

【イマイチ(′_`)D★★☆☆☆】
レンタルマギカ
素敵探偵ラビリンス

【ツマンネ(- ⊿ -)】
ハヤテのごとく!


■BLUE DROP ~天使達の戯曲~
 ひとことで言ってしまえばSF百合アニメ。それ以上でもそれ以下でもなし。
 美的センスが自分のそれと相性抜群で、その「絵的な歎美さ」をアニメでしっかり表現してくれるのが嬉しいです。でもそのシーンが実は「侵略者異星人による鳥通信機ロボを介した定時通信」という「事実」とそれを見る人の「受け取り方」の乖離っぷりが実にSF。そういう楽しみ方ができる人向け。
 マリさんのツンデレっぷりが実にテンプレ通りなんだけれども、それが不自然じゃないのも重要。リアルにいそうなツンデレ感。マリ×萩乃はガチ。

みなみけ
 個人的にはマイルド百合アニメ。何はなくとも南家三姉妹の絡みが絶妙。
 他の人々との絡みも良い感じ。原作準拠のエロとギャグについては滑りっぱなしと認識してますが、アニメについては演出と「先生と二宮くん」はGJだと思います。麻里奈の二宮くん同人誌ぽしい。

yes!プリキュア5
 えーと、これも百合アニメですなw 百合好きだなぁ自分。
 大人が見ても大丈夫なように作ってある「子供向けアニメ」。子供騙しじゃなくて。全力で作ってるのが伝わってくるのが好印象です。
 メンバー同士の関係性が非常に多様で、マブ百合なりん×のぞ、アホ百合なのぞ×うら、ガチ百合なかれ×こま、イガ百合なりん×かれといったようにチーム内の関係の断絶がないんですよ(ただし、こまちは一歩引いた位置にいるのでかれん以外のキャラとは若干関係が弱いんですけど)。あとかれ×ミルも忘れちゃいけない。
 百合の良いところは、百合と異性恋愛は両立しうる点にあります。ココ×のぞ、ナツ×こまは普通に少女漫画展開としても楽しめます。浮気じゃないよ。百合と恋愛は別口だからね。しかもこの2つのカップルは異種恋愛要素も込みなのでさらに美味しい。たとえ中身はぬいぐるみでも好き。ラブだねぇ。
 テーマとしての「夢」についても、かなり踏み込んでて見応えありです。ナイトメアの悲哀は見てて身につまされますし、おタカさん始め大人達の立ち位置が非常に良いです。こういう風に子供を見守れる大人になりたい。
 何故Aランクじゃないかと言うと、長いから。4クールアニメは捨て回があるんでどうしても評価が下がりがち。

ef - a tale of memories.
 とにかく見ててイライラするアニメ。逆に言えば、それだけ感情を逆立てられてるってことなんでこの位置で評価してるんですが、なんというか、ほんとに見てていろいろストレスが溜まるので感想も愚痴の吐き捨て的になってしまってなんだかなぁ。
 むにゅは女キャラを好きになれるかどうかを「他のキャラとの絡み」で判断するので、意中のキャラ以外とは積極的に絡まないこの作品のスタイルは相性が最悪。いわゆるギャルゲ系アニメが苦手なのもこの「基本的にヒロイン同士は絡まない」という点にかかってます。
 後々これらのキャラが絡むようになるのを期待。景×千尋とか、千尋×ミヤミヤとか。紘×千尋も欲しい。

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
 たぶん詰めこみ過ぎ。
 キスダムを知る裏返りからは後継アニメという位置付けです。見続けることで得るものがあると思われる。面白いとかそういうのを越えた何かを期待。

もやしもん
 まっとうに面白いです。構成も上手い。特に言う事もないです。

しおんの王
 いろいろとダメなアニメです。ただ、とにかく話がどう転がるか全く予想がつかない。定石を外してくるのが天然なのか計算なのかわからない感じ。どういう手を指してくるのかすごい気になる、そういう作品。
 あとやっぱり百合アニメ。主に二階堂さんとの。

BAMBOO BLADE
 この作品はねー。百合分が足りないんですよね決定的に。部員の間の。たぶんこれからなんでしょうけど。キリノとタマちゃんが中心になって、ミヤミヤがみんなと打ち解けてサーヤ以外にもブラックをさらけ出せるという関係が構築されるのをワクワクしながら待ちたいと思います。
 あとダンくんマジ男前。惚れる。

スケッチブック ~full color's~
 最近、特に陸ARIAかつ猫アニメになってて若干アレな感じ。
 空が決定的に人と絡めないタイプなので、絡み重視で見ると主人公としてはやっぱり弱い。事実上話を転がしてるのは夏海ほかアクティブな面々。
 それでも、個性的なキャラの魅力とゆるい雰囲気は捨てがたい。ケイト加入で狂言回しが増えたぶん、絡み要素が増えるとちょっと嬉しいかも。

げんしけん2
 原作の持ち味を活かして、さらに原作で端折った部分を補完するというアニメ化の鑑のような作品です。
 絡みでキャラを立てる横手美智子スタイルはあにたむ的には極上。作品そのものがそういうスタイルなのも重要なんですけど。もちろんそれだけじゃなくて、何気にクッチーの空気読めなさを上手い事魅力に転化する構成力なんかもアニメとして地味に秀逸。ウザいけどげんしけんには彼が必要なんだなーと思えるような演出が素晴らしいです。
 何はなくとも荻上さん。荻上に始まり荻上に終わるのが今期分。
 あと、後半重要キャラになる「漫研の薮崎さん」の伏線がアニメにて大幅に追加されているのは見逃せないところ。原作では少々説明不足感があったので、丁寧に彼女と荻上さんとの絡みを見せてくれそうなのでかなり期待。

ご愁傷さま二ノ宮くん
 萌え以外の要素を完全に捨てた「1本伸ばしの強み」を生かしたエロコメディ路線というスタイルはある意味で潔いです。あれもこれもと欲張るよりもわかりやすいし視点がブレないので。でもやっぱり出来自体はしょんぼり。
 まあでも、深夜のバカアニメとしてはそれで十分。気負いなく見れるし。 個人的には沢城みゆき堪能アニメ。それだけで価値あり。

Myself ; Yourself
 キャラ同士の絡みが若干不足気味ではありますが、押さえるべきところは押さえてるところ、情景描写・音響をキャラの心情とリンクさせるスタイルが何気に良いので楽しめてます。
 それにしても麻緒衣と雛子の愛されっぷりは異常。若月姉弟がその分割りを食っている感じですが、この2人は進んでバイプレーヤーに徹している節もあるのでそれはそれでアリ。

機動戦士ガンダム00
 ようやく見方がわかりました。これはツッコんで欲しいんだな。
 みんなに考えていろいろ語り合って欲しい、ツッコミを入れてほしいという「議論テーマ提供アニメ」っていうのがコンセプトなんでしょうね。
 ガンダムマイスターの行動はアリなのかナシなのか。正しい間違ってるとかじゃなくて、彼らがどうしてそういう行動を取るのか、何故ガンダムに乗るのか。それは、ガンダムという存在そのものに対する疑問でもあります。何故ガンダムが存在するのか、そういうこと考えさせるアニメ。
 そういう楽しみかたをするとすごい楽しい。そのために様々視点を持ったキャラを登場させてるんでしょう。これはコードギアスに通じる娯楽提供システムだと思います。

キミキス pure rouge
 複数の主人公と複数ヒロインがキャラと役割をそれぞれ持ったことでキャラ同士の「絡み」に幅が出来てきてかなり良い感じ。
 「ビバリーヒルズ白書的なスタイルを目指しているっぽい」という感想をどこかで見かけたんだけど、まさにその感じ。ギャルゲのフォーマットからは大幅に逸脱してヲタ的には阿鼻叫喚な部分は否めませんけど、個人的には成功してると思います。

【フツ-( ゜ω ゜)C★★★☆☆】 以下は軽く。
・しゅごキャラ!
 キャラの絡みが薄い。若干飽きて来た。

・D.C.II~ダ・カーポII~
 キャラそのものが薄い。もっと個性を。

・ひぐらしのなく頃に解
 オチが気になるので最後まで見る。フラグの積み重ねゲーだと最初から知ってればもっと楽しめた気がします。

・ナイトウィザード
 くれはの絡みをもっと増やせと。それだけ。

・CLANNAD -クラナド-
 やっぱり絡みが薄いかなぁ。キャラはネタ的な意味で立ってるんだけれども、ヒロインの絡みが主人公以外とほとんどないのはやっぱりつまらない。
 あと、原作プレイ済みの友人によると「端折りすぎでキャラが電波化してる」とのこと。ちゃんとキャラを把握したいなら原作に触れるべし。「まあフラグゲーだから攻略サイトないと死ぬけどね!」嫌だよそんなゲーム。

・灼眼のシャナII
 キャラうすい。絡みはそこそこ楽しいけど、個性不足。
 吉田さん<みかん@ぽてまよだったり、池<石蕗@ななついろだったり。そういう風に、つい「他の作品の誰かと比べちゃう」つまり他の作品のキャラクターの劣化パクリのように感じてしまうキャラクターの弱さが厳しい。

・こどものじかん
 嫌いじゃないんだけど、教師アニメとしては「メイン3人以外への言及がなさすぎてアレ」な気分。
 人間ドラマとしてみる分には良いんですけど、やっぱり教師アニメとして見る場合、「生徒に対しては公平に」を求めちゃうんで、りんに対して入れ込みすぎかなーと。もっと教師としての側面を出してくれないと変態ロリとしての側面ばっかり目立っちゃってなんとも。

・スカイガールズ
 薄いけど、まあ最低限のポイントは押さえてる感じ。音羽×僚平とか、瑛花×エリーゼとか。

【イマイチ(′_`)D★★☆☆☆】
・レンタルマギカ
 キャラ描写不足。絡みも含めて。モノローグで語る暇があったら他のキャラと絡め。

・素敵探偵ラビリンス
 絡み不足。謎解きはいいから赤青とか執事とかと絡め。

・ハヤテのごとく!
 みんなラブコメだと思ってるけど、これラブコメじゃないよ。萌え系執事コメディだよ。
スポンサーサイト
[2007.11.18(Sun) 14:21] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← さむい | TOP | メールが消えた

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/639-07719b9d
 ← さむい | TOP | メールが消えた

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。