TOP > 今週は豊作
 ← ガッシュの盛り上がりがもうね | TOP | ef - a tale of memoriesのこと。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 今週は豊作 

2007年11月14日 ()
 BLUE DROPの本気を見た。


■BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第7話 「Crinum」

マリ達一行が夏休みに訪れた寮長船津丸の故郷。
嵐の夜、そこで出会った幼い少女と、萩乃は一夜を共にする事となる。
アルメにとっては未知なる存在と映る、純真無垢な彼女と共に。


・予告(↑)の釣り上手っぷり。
・そしてその斜め上を行く本編。
・脚本は原作者。絵コンテに監督。
・水着回なのに神作画。蘇武裕子女神。
・ミッチーは脱がず。空気嫁。
・寮長も脱がず。空気読んだ。
・白い水着がまぶしい。
・ツンデレの鑑すぎるマリさん。「はぎのー!」
・嵐の中、それを見てニヤニヤする萩乃。
・そして風呂で思い出しニヤニヤする萩乃。
・マリに渡しそびれたプレゼントをツバエルに回す外道、萩乃。
・でも大喜びなツバエルタン。
・「聞こえますか、コマンダーエカリル…なーんて♪くぅっはー!ないないww」邑子ノリノリ。
・おジャ魔女が通った道を今、女子学生が通る。
・沸騰してるー!えりちゃんにげてー!
・「眠ってると可愛いんだけどね」

 いやもう、終始ニヤニヤしっぱなしだったよ。このはずかしアニメっぷりはすごい。吉富昭仁って人はやっぱり変態だな!そしてそれを余すところなく映像化する大倉雅彦という監督も間違いなく変態。素晴らしい。だからこそ受け入れられない人は思いっきり受け入れられないだろうなぁ。

■ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 第06話「再会—惹かれあう想い—」
 順調に面白くなってきた。ベタだけど。ただジン×トアの描写がまだないから今一つ2人の関係性に感情移入できない。
 アイデンティティ危機のギオとヤンデレ化カズキの動向に注目。ただカズキはED的に昇華フラグが立ってるのが若干なんとも。

■もやしもん 第4話 「あちこち菌祭り」
 おもしろいなぁ。先の展開が全く読めない上に引き込まれる。及川ちゃんの胡散臭い視線とか超気になる。誰も彼もが何気に腹黒な怖さとそれを嫌らしく見せないほのぼの演出のバランスが絶妙。引きも上手いなー。

■みなみけ 第6話 「マコちゃん誕生」
 萌え回。つまり個人的には若干今一つ。いや、マコちゃん可愛いし内田も良いから問題ないんですけどね。
 っていうか今回の春香さんの無防備っぷりはおかしい。どう考えてもおかしい。天然なんてレベルじゃない。本来だったらネタの為にキャラ崩すのは最悪!とか言ってるところ。でもまあ、春香さんならしょうがないな。春香さんだからな。

■しおんの王 第4話 「鬼手」
 しおんの涙→歩「正体バレた!?」って意味わかんねぇww しかも終了後に「バレてた!まさか!?」ってそこは「やっぱり」だろ!繋がってねぇw歩落ちつけw
 多分細かいところを突っ込んだら負けだ。理解するんじゃなくて感じ取る作品だ。まさに自分好みのジャンル:キスダム。「どこがおもしろいの?」とか思ってしまう人はその概念を捨てるべきだ。論理で攻めると破綻する。
 
スポンサーサイト
[2007.11.14(Wed) 23:25] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ガッシュの盛り上がりがもうね | TOP | ef - a tale of memoriesのこと。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/636-518fdaa0
 ← ガッシュの盛り上がりがもうね | TOP | ef - a tale of memoriesのこと。

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。