TOP > 初音ミクすげえなおい
 ← Myself ; Yourself 第3話 | TOP | オモーイ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 初音ミクすげえなおい 

2007年10月20日 ()
 いやいやいや、正直甘く見てました。アイマス動画とかにピンときてなかったむにゅとしては「まあまあまあ、うん、すごいよねー」くらいでいたんですが、とんでもなかったです。無限の可能性を見せてもらった感じ。これは嵌まる人の気持ちもわかるわ。
 「例の件」で初音ミクにケチがついてしまった感もありますが、そういう「潰し」がかかるくらい(※1)に誰かに脅威を与え得る存在だってことを業界に疎い私にもわかるくらいに大きな可能性を秘めてると思います。「奇跡の海」とかもう下手な歌手超えてるっス。

 私はトランス系・テクノ系のサウンドというかリズムがあまり得意ではない(※2)のでアレだったんですが、元々電子的な存在であるミクが歌うぶんにはそれほど気にしないで聴けて良いですねー。

※1 それがあったとしての話。
※2 いじりすぎてる感じが苦手。ナチュラルな声帯の音を聴きたいのです。

 以下戯言。別に動画紹介とかはしません。

 一つの素材をいかに演出していくか、という命題における作品の多様性がものすごくはっきりと出るので、「創作作品の教科書」としての価値もものすごく高いと思います。アニメ的に考えても「選曲(脚本)」「調教(音響・演技指導)」「画像(絵コンテ・演出)」「編集・調整(監督)」という部分でのベクトルの方向性がわかりやすく見えるというのがポイント高い。
 同じ曲でもプロデューサーさんによって重視するところが違うとか、オリジナル曲で純粋に歌勝負するであるとか、おもしろ動画やネタとの組み合わせでエンターテイメント志向が強かったりとか、そういう「創作性の広がり」というのがすごく伝わりやすい。学校とかで「初音ミクで一本作品作れ」とかやれば勉強になるだろうなぁ。

 そして何より大きいのは「無個性なマスプロ商品(量産型)でありながら、強烈な個性を持った単体のキャラクターとして存在できる」という点だと個人的には思うのです。
 これは現実の三次元アイドルには絶対的に到達不可能な境地。絶対的に1人しか存在できない人間と違って、全く同等のスペックを持った二次元のアイドルは「条件さえ揃えば同じ時空に何人でも存在でき」、「様々な方向性への全く異なった成長を遂げることができる」わけですよ。それでいて、全く異なった別個の存在でありながらもそれらを受けいれるだけの器を持ったただ一つの存在としても話題になることができる。これは大きいです。
 初音ミクという子はパッケージ絵とモデル声以外の余計なキャラ付けがほとんどされておらず、どんな初音ミクがいようと(淫乱だろうとヤンデレだろうとアホの子だろうと実は男の子だろうと)初音ミクというアイデンティティを失うことがないわけですよね。まあ現実的には限界があるし、まっさらであるということはそれだけ【キャラが薄い】ということが言えるんですが、現時点で【ボーカロイド】という出自そのものが強キャラ足り得る特徴を持っていることが初音ミクという存在をしっかりと支える基礎となっているのかもしれないです。でもだったらMEIKOやKAITO※3)はどうなるって話なので、やっぱりミクはパッケージ絵と声質から受けるキャライメージが大きいのかな。
 いずれにしても、「みんなの初音ミク」であると同時に「俺の初音ミク」として両立しうるというのはものすごく画期的なことだと思います。育ててぇ。

 で。
 逆に、そうやって無限に作り出され集積されていく初音ミクという存在は一種の混沌の拡散というかエントロピーの増大とでも言える事象なので、これらをいかにして整理、分類してエントロピーの増大を抑えるかが重要な問題になっていくんでしょうね。今の状態でももう「初音ミク動画多すぎてチェックしきれねぇ」ですから、方向性の分類やらインデックス化やらをしていかないと大変なことになりそう。
 これらの「ミク」コンテンツに注入されたリソースっていうのはもう想像するだけでも途方もないエネルギー量なんですよね。それこそ1人2人で作っていたら一生かけても無理なくらいの時間と労力、それに熱意と愛情が込められていて、しかもそれが良く伝わってくる(これ重要)。その熱意と愛情に対して私は敬意と賞賛を送りたいと思うのです。

※3 初音ミクの「兄・姉」にあたるボーカロイドさん達。初音ミクが“キャラクター・ボーカル・シリーズ”としてキャラ性を前に出していることを考えるとキャラ薄すぎたってことなんでしょうかね。
スポンサーサイト
[2007.10.20(Sat) 16:18] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← Myself ; Yourself 第3話 | TOP | オモーイ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/617-95be4104
 ← Myself ; Yourself 第3話 | TOP | オモーイ

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。