TOP > 雑記07/05
 ← School Days 第1話 | TOP | sola 最終回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 雑記07/05 

2007年07月05日 ()
「ラジオの音量はこれが限界、かな?」
 大丈夫、これなら問題なく聞けれますよー。

 Decさんはアレですね、余すところなくsolaを楽しんでますね。結果として最も望む結末には辿りつけなかったみたいですけど、それはそれとして。
 
 たまごまごさんのアレは自分も理解というか共感できますねー。たぶん私の場合は根本的な部分ではちょっと違うとは思いますけど。
 あと、私はあくまで女装少年のおにゃのこ的な部分に惹かれてますし。

 右利き左利きの話については、礼儀作法とかに連なる一連の躾っていうのは元々は理論に基づいているというか、それに従うことで何かと便利だったりする類のものなんですよね。左利きのままだと包丁を使うにも鋏を使うにも不便な思いをすることになるわけで。スポーツなんかでは顕著にそれが現れますよね。グローブを気軽に借りたりできないとか。
 PCのマウスだって、基本的には右手用ですしね(これは利き腕とは関係ない?)。
 躾というか礼儀作法も「それを身につけていれば、オフィシャルな場面に馴染みがなくてもそれなりに振る舞える」というもの、言わば動作における「全国共通語」としての役割を持っているんですよね。
 
 左利きだからと人格がどうのというのは今日日ナンセンスではありますけど、かつてはそれが当たり前だった時代もあって、それを叩き込まれた世代の人は決して少なくない。だから右利き力を身につけておくことは左利きの否定とかそういうことじゃなしに「無用なトラブルを避けるための手段」の一つくらいに考えれば良いんじゃないかと思うんですよ。マイノリティには風当たりが強いっていうのは事実で、躾っていうのは波風立てないためには有用。

 そういう事を踏まえてなお子供を左利きのまま育てているということは、そういったトラブル要因を抱えた状態で社会に出す=反社会的に受け取られるリスクを受け入れている、と認識されても仕方のない部分はあるかなーと思わないでもないです。
 ウチ世代だと「左利き=天才肌の芸術家タイプ」みたいなプラスのイメージもあるわけなんですけどねー。


以下、web拍手レス。

22:46 音量調節頑張るぞー。あとアレですよアレ。一人喋りは本気で頭が真っ白になります。ある程度の流れを書いた台本を書くか、かなり綿密な予行演習か、先天的なトークセンスが必要っぽいです。
 上でも言ってますが、確認しますた。あの音量なら問題ないです。
 1人喋りだと脳が白くなるっていうのはもっそい共感できるんで、自分がもしやるとすれば台本必須だと思われます。録音してるんだとか思った時点で緊張しっぱなだろうし。センスを磨くためにもガンガレ。


22:47 halogenさんのsola感想ですが、あの人はギアチェンジがうまいですよねー。作品ごとに自分のチャンネルを合わせられているみたいで、本当に凄いや。
 ほんと、どのアニメにもちゃんと見所を感じられるセンスはすごいです。私は好みの展開にならないとぐちぐち言いっぱなしですからねー(むしろ文句言いたいがために見てるアニメとかあるくらい)。
 まあでも楽しみ方はそれぞれなんで、別に良いんですけど。
スポンサーサイト
[2007.07.05(Thu) 22:55] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← School Days 第1話 | TOP | sola 最終回

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/510-28242d15
 ← School Days 第1話 | TOP | sola 最終回

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。