TOP > 一週間アニメまとめて 4/23(月)~4/29(日)
 ← NHK-FMが聴けない環境 | TOP | 魔法少女リリカルなのはStS 第4話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 一週間アニメまとめて 4/23(月)~4/29(日) 

2007年04月29日 ()
 今期いちばん楽しいのは実はスパイダーライダーズだと気がつきました。
 そしてハヤテは寝過ごしました。そのまま見切りそうな予感。

【満足 ★★★★☆】
スパイダーライダーズ~よみがえる太陽~ #03 「大河を渡れ」 【感想

【良いね ★★★☆☆】 sola #03 「オダヤカナヒ」
DTB黒の契約者 #04 「新星は東雲の空に輝く(後編)」
瀬戸の花嫁 #04 「男はつらいよ」
神曲奏界ポリフォニカ #04 「ダルセーニョ 始まりの日」
おおきく振りかぶって #03 「練習試合」

【これはひどいw ☆☆★★★】
キスダム #04 「炎幻(カギロヒ)」

【その他】
らき☆すた #03 「いろいろな人たち」 【若干アレな感想
魔法少女リリカルなのはStS #04 「ファースト・アラート」 【感想
怪物王女 #01 

sola #03 「オダヤカナヒ」
 キャラが何となくわかってきたので楽しくなってきたです。能天気系の能登麻美子は良いですねー。マイペースっていうか電波でも良いやぁ、な気分になります。
 第8ドール少女探偵団な金朋は今回紫ロリ。前回は確か緑ロリ。毎回変わったりするのか。ちょっと期待しちゃうじゃないか。


DTB黒の契約者 #04 「新星は東雲の空に輝く(後編)」
 ああもう、可愛いなあゲストヒロインは毎回毎回。確実に足りないものがあって、それを彼氏なり父親なり、「男」に求めているあたりのキャラ造型の上手さがなんとも良い意味であざといですよ。
 キャラクターがしっかりと立ってるのがまずあって、その上にSF的「はてな」要素、謎異能力アクション、グロ画像もしっかりと組み込んで地味ながらきちんと「娯楽」としての形式を整えてくれてるのが嬉しいです。

★TBどもです
彼女の尻でも撫でようものなら→【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式  さま


瀬戸の花嫁 #04 「男はつらいよ」
 良かったぁ~。ようやっとこのアニメの見方がわかってきたというかなんというか、今回始めて素直に面白く見れました。単にオヤジとサングラスの出番が少なめだったからかもわかりませんが。
 これは純粋に「ギャグアニメ」として見れば良い、ということですね。キャラクターそのものの「性格」よりも「ネタにおけるボケとツッコミという役割」として理解することを覚えたので、大らかな気持ちで見られるようになってきた感じです。


神曲奏界ポリフォニカ #04 「ダルセーニョ 始まりの日」
 そりゃ作画はアレだけど、サブキャラが、というか双子と浩輔…じゃない、小西のキャラが立ってるから普通に面白いですよ?
 主人公が薄いから本人メインだとどうにもなんないだけで、サブキャラがちゃんと立ちまわってくれてる2話以降は地味に面白いんですよ。ポジキャラの水樹菜々とネガキャラの佐藤利奈の双子、女たらしの情報通の小西、押しが強くてやり手の川澄。何気に良いチームなんですよね、ツゲなんちゃら事務所(うろ覚えにも程がある)。
 過去編なのは良いんだけど、双子が深夜に学校に不法侵入してるとか、校舎がメチャクチャに壊れちゃったんだけどどうしたんだとか、結局双子は神曲楽士になれたのかとかが完全に投げっぱなしなところは多分気にすべきことではないんでしょう。精霊扱えてなさそうだから楽士になれたのは主人公と小西だけなのかな。
 他のメンバーは「神曲書士」とか「精霊学検定一級」とかそのへんの資格で事務・雑用をしてる、という感じなんだろうなあ。川澄が卒業してから何年か修行を積みつつ、主人公達が神曲楽士になったら囲い込んで独立、というような展開が結構生々しく想像しやすいのが良い感じなのですよ。


おおきく振りかぶって #03 「練習試合」
 なんというか、アレですよ。自分こういう特訓を一切してこなかったので視野の狭さがとんでもないんですよね。もうちょっと特訓しておけばなあ。
 しかし教え方が上手いというか、特訓を「やりたいと思わせる」方向性に持って行くという意味ではものすごい有能なコーチと監督ですねー。チームの纏め方とか、長いスパンで見て段取りをきっちりと立てているという描写がなんとも「デキる」人間だなあと思わせてくれます。そういう描写が見事。
  

キスダム #04 「炎幻(カギロヒ)」
 第3話で総集編をやってのけたという『学校の怪談』には至ってないとはいえ、あっちは事情が事情だから事実上の「制作ピンチ回避」総集編としては業界最速記録になるんですかね。総集編率でクラスターエッジを上回る、とかなっちゃうのか。でもあっちは総集編、と銘打って総集編をやってるわけでもなかったから水増し扱いなんだよなあ。種とか種死は水増しもしつつ総集編もするハイブリッドだから事実上一番枚数効率は良かったのかもわからんよね。
 どうでもいいね。
 個人的には、第1話アバンの娘っ子がイブリ総司令だったとか、総司令はロキをネクロダイバーにしようとしてたから、シュウをネクロダイバーにした由乃を「裏切った」と言っていたとか、その辺を整理できたんで丁度良かったなあくらいに思っているのですけど、次回予告の時点で絵が間に合ってないのがわかるんで先が思いやられるなあ。 



怪物王女 #01 
 関東組から2話遅れくらいですかね。全く話題にも上らないあたり箸にも捧にもかからない空気アニメなのかなあとか思っていたんですけど。
 その通りでした。
 伝奇アクション+猟奇ホラーなスプラッタコメディというB級ど真ん中。それ以上でもそれ以下でもない感じで、とにもかくにもびっくりするくらいオリジナリティを感じない作品。
 劣化三只眼でザマスなドSの怪物ランドプリンセス@川澄綾子、フンガ―な怪力幼女メイド、巨乳であらあらうふふな姉@皆口裕子と狙いはこれでもかというくらいにわかりやすくてあざといわけなんですが、いかんせん新鮮味がないのが弱み。逆に言えば脳みそを一切使わないで見れるのが強みか。
 EDのアリプロの曲名がまんま女王様のソレなあたり、コンセプトは「川澄ボイスの女王様に詰られて(;´Д`)ハァハァ しようよ」なんでしょう。というか、それ以外の見方がないです。
 とりあえず様子見かな。見なくても良い気はするけど。
  
スポンサーサイト
[2007.04.29(Sun) 22:54] 未分類Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← NHK-FMが聴けない環境 | TOP | 魔法少女リリカルなのはStS 第4話

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/451-e30d1b0a

 しんせいは両切りフィルター無しの紙巻タバコで、タール22mg、ニコチンは1.6mg。俺はあいにく無煙家なんでこの数字がどういうものなのかはちょっとわからない。通販サイトのレビューでは「思ったより吸い易い
 ← NHK-FMが聴けない環境 | TOP | 魔法少女リリカルなのはStS 第4話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。