TOP > 最終回まとめてー 追記age
 ← プリキュア5 第9話 | TOP | スパロボOG ディバインウォーズ 第24話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 最終回まとめてー 追記age 

2007年04月01日 ()
 はい、最終回ラッシュということで、一週間まとめてとは分けておくことにしますよ。
 今期終了アニメ、あにたむ的満足度評価は以下の通りです。

【★★★★★】Aランク・とても良かった
ひだまりスケッチ(関西ではまだ終わってないので暫定)

【★★★★☆】Bランク・良かった
コードギアス・反逆のルル-シュ(変則終了のため暫定)
ふしぎ星のふたご姫Gyu!
ゴースト・ハント

【★★★☆☆】Cランク・悪くなかった
シャッフル・メモリーズ
すもももももも~地上最強のヨメ~
武装錬金
天保異聞妖奇士
デジモンセイバーズ
おねがいマイメロディくるくるシャッフル!

【★★☆☆☆】Dランク・ちょっと残念
がくえんゆーとぴあ・まなびストレート!
おとぎ銃士赤ずきん
ネギま!?

【★☆☆☆☆】Eランク・やっちゃったー
パンプキン・シザーズ
スパロボOGディバイン・ウォーズ(関西はまだ終わってないので暫定)

【番外・見切り】
Venus Versus Virus

■ひだまりスケッチ
 第1話が微妙だったのが結果的に良い結果を生んだですね。ハードルが低くなったところで尻上がりにクオリティを高めていくという「スロースタート型」はやっぱりあにたむ的にとても相性がよいですよ。
 キャラクターの見せ方、シリーズ構成の上手さ、作画や動画に左右されない画面を工夫によって実現するセンスなんかが際立ってました。


■コードギアス・反逆のルルーシュ
 とことん「エンターテイメント」にこだわった、という点では言う事なし。ある程度万人向けの内容なので「最高!」というほどにぴったりとハマるアニメではなかったけれど、文句なしに「良作」と言える作品だと思います。
 24・25話は夏に持ち越し、というトンデモ構成になったけど「続きはDVDでね!」とか、スペシャルと銘打って数分の新規作画を足しただけの総集編を垂れ流されるのに比べたらどれほど良心的かと(これで26話目はDVDとか言ったら流石にキレて良いとこだとおもいますけど)。
 まあ、結果として納期に間に合ってないあたりはプロとしてどうなのか、という気もしますが、それでもクオリティの面から言えば無理に進行してグダグダになるよりはきちんと作ってもらう方が良いです。谷口監督ならやってくれる、そう信じられるだけの仕事はしてますもんね。


■ふしぎ星のふたご姫Gyu!
 さすが、と言えるだけの最終回。作画も演出もしっかりとしていて、2年分のグランドフィナーレに相応しい大団円でした。
 タネタネプリンセス放置とかティオやマーチが喋らなかったとか微妙に置いてけぼりなところもありましたけど、ミルロがあんなに美味しいところを持って行くとは思いませんでした。
 ミルロと歌って特に関連性なかった気もしないではないですがその辺はスルーしておきます。


■ゴースト・ハント
 なんと、絢子に見せ場が!インチキ巫女じゃなかったのかww
 典型的な「スロースタート型」アニメで、序盤の退屈さを乗り越えた先に最高のごほうびが待っているという難易度の高い作品でした。
 特に、最初はどいつもこいつも役立たずなキャラだったのが、後々「実は意外にすごい奴」であるという「イライラ→ヒャッホウ!」のカタルシスコンボは尋常じゃありません。
 中盤作画がグズグズになったりもしましたが、後半になってからのクライマックスへの盛り上げ演出は異常に神がかってました。麻衣かわいいよ麻衣。絢子かわいいよ真砂子。


■シャッフル・メモリーズ
 DVD販促アニメとしては非常に出来が良かったんではないかと思います。
 キャラクター別に時系列をまとめたおかげで、それぞれのキャラが「どういう魅力を楽しめるのか」という部分がわかりやすく説明されていた点は評価できますし、キャラ別DVD特典であろうEDのクオリティ(特にプリムラ編)なんかはノーマルサイズで見たくなります。いや、買いませんけどw
 総集編ということで説明不足は否めないけれど、本編を見るだけの価値はありそうだ、と思わせるだけの「説得力」があったということで良い総集編だった、ということが言えるのでしょう。
 ただ、私はDVDとか買ったり借りたりするのがメンドイんでパスw


■すもももももも~地上最強の嫁~
 序盤のテンポの良いコメディは楽しめました。萌えの見せ方の的確さは文句なく一流。
 ただ、ストーリー主導の展開ではキャラと言動の不一致があちこちに見られ、「脚本の都合でキャラが動かされている」印象が強かったのが難点。
 孝士がもも子よりもぽっと出の家政婦を信用してしまったりしたせいで後々の孝士殿ともも子の「絆」の描写に重みがないとか、そういう「キャラ描写のブレ」が積み重なってしまったことでシリアス関係の展開がいかにも嘘臭くなってしまったのが残念でした。
 単純にコメディとして見る分には良作だと思います。

■武装錬金
 良くも悪くもパピ!ヨン!のおかげで見れた作品です。
 カズキが今としては珍しいタイプの「博愛系ヒーロー」で、その優等生っぷりが正直なところ感情移入しづらく面白味に欠けていたんですけどそれがパピヨンの存在によってバランスが取られ、一本筋が通った作品になりました。
 というか、事実上の主人公が斗貴子さん、裏の主人公がパピヨンという形で、その共通の「掛け替えのない存在」としてカズキがいる感じでしたね。
 

■天保異聞妖奇士
 序盤の迷走が痛かったですねー。社会風刺、歴史・国語学習、退魔モノ、群像劇に政治劇といろいろとつめ込んではみたものの、何もかもが空回りするばかりでようやく路線が固まったところで時既に遅し。
 最終回を「幕間」と称して未完をアピールするあたりの潔くなさも微妙に寒かったり。そんなんでOVAを作るって大丈夫なんですか。


■デジモンセイバーズ
 燃えと萌え…だったんだけど、ラスボスがラスボスだっただけに「破壊のカタルシス」がなかったのがちょっぴり欲求不満。
デジモンの後半は代々「基本的に勝利のない戦い」なので仕方ないのだけれど。
 やっぱりロイヤルナイツを上手く活かしきれなかったのが残念。人気者なだけに、迂闊な使われ方ができないっていう縛りがあるのは辛いなー、と思いました。はい。
 それにしても最終回の知花とイクトのお手々繋ぎは萌えだなぁ。知花主導なあたりがもううひゃぁって感じです。


■おねがいマイメロディくるくるシャッフル!
 ふつーです。ふつーに盛りあがってふつ-に終わりました。歌×駈が成立するとは思わなんだけど。15分に短縮とはいえふつーに続くし、まあコンスタントに及第点。


■おとぎ銃士赤ずきん
 さりげなく抜け駆けするいばら姫に萌えました。
 最終回の「別れたくない!」のくだりがデジモンセイバーズと被っててちょっとウザかったのは内緒です。
 ターゲットを絞り切れなかったんだろうなあ。子供向けにするのか、大きいお友達向けにするのか、どっちつかずで結局半端なまま終了。
 温泉とか子供は見てて楽しいのかって感じだし、「おおともだち」向けならもう少し作画に気を遣うべきだし。
 そんなことを言いながらも最終回まで見てしまったのは、やっぱり「いつかはやってくれる」という期待をしていたからなんだろうと思います。

■がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
 後程追記予定。 

■ネギま!?
 終わったことを素で忘れてましたw
 全体を通して見ると「統一感がなかった」という感じです。新房作品ならではの「はっちゃけ」がいささか足りず、素材を生かしきれなかった印象。
 明らかに後発の『ひだまりスケッチ』に興味の対象が移ったというか、中盤のグズグズっぷりとか見てたら新房監督、ネギま嫌いなんじゃないだろうかと邪推したくなりました。ネカネさんとアーニャがいればそれで良いとか。
 逆にそのネカネさんとアーニャの存在自体が「癌」というか、彼女達のせいでメインであるはずの麻帆良学園女子中等部2-Bの面々が食われた感は否めません。
 とはいえ「それなりに娯楽性もあり」「それなりにキャラ萌えも見せ」という感じで結果として無難な出来にはなったのですが、ネギまブランド+新房ブランドのコラボとしては期待を下回った、というのが大方の感想じゃないかと思うんですけど、どうでしょうか。


■パンプキン・シザーズ
 ダメGONZOを地で行ってしまった作品。ひょっとして原作もこれくらいつまらないんじゃないだろうか、という「不安」を与えてしまいかねない点では文字通り「原作レイプの駄作」と言われても仕方ないかも。
 最後まで見て、記憶に残っているのは「豊満なおっぱいが長姉で生意気なおっぱいが次姉」というフレーズなのが物悲しいです。まあ、エロネタはこの作品の根っこの一つだということを考えれば問題ないんでしょうか。


■スパロボOGディバイン・ウォーズ
 原作を知っている視聴者から見てもひどい出来。「駄作」というのも生ぬるいくらいにダメな作品と言えるかもしれないです。
 アニメを完全に理解するには『スパロボOG』以外に『スパロボα』シリーズ、『スーパーヒーロー作戦』の各ゲームソフトの知識が必須であり、さらに楽しむには『ヒーロー戦記』『魔装機神LOE』等の知識も要求されてしまうという「一見さんお断り」度の非常に高い作品でした。
 そういう意味では『京四郎と永遠の空』とか『ツバサ・クロニクル』と似ている部分があるのですが、それらと違って『原作を知らなくてもそれなりに理解できる』ように、という配慮が一切されてないところが何よりのマイナス点。
 原作知らない組の評価は一体どうなのやら、最終回を見た後のhalogenさんとかの感想を楽しみにしたいと思います。


■VVV
 終わったんですよね?
 最後まで見た人、どうでしたか。
スポンサーサイト
[2007.04.01(Sun) 08:11] アニメ最終回Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

最終回まとめてはうちもやるつもりですw by 愚兄チャベス
「Kanon」を入れるの忘れてますよ?w
しゃっほーメモリーズも忘れてる?
まなびだけ文章がないのはもう語るの疲れるからですか?w

ひだまりはうちも今期終了最高作認定のAに入れるつもりです。
作風と構成的に最後に評価が動く事もないでしょうね。
VVVのラストは関東組の反応を見るかぎりひどかったっぽいですwDかEに入れる予定ですw

by サトシアキラ
 どうもこんばんはです。VVVは本当に酷かったです…基本的に唐突設定が出てくる上に投げっぱなしで、
 ひょっとしたらこれが『やっちゃった』って奴なのかも知れません。むにゅさんは切って大正解ですね。
 どんな作品も『視聴した時間の分だけ得るものはあったはず』と考えていますが、その根底が揺るぎかねない結末でした。

 

ありゃりゃw by むにゅ
>チャベ兄さん

 ほんとだw 素で忘れましたw
 『Kanon』は自分の中で完全に「終わったもの」になっているみたいです。正直、アレをしっかり楽しむだけの「素地」を私は持ってないみたいなんでw
 しゃっほーは事実上総集編+おまけということもあって「最終回」ってイメージがなかったですねー。
 あと『まなび』はさっき友人とコメントでやりとりして満足しちゃってましたw 
 せっかくなんで追記しますわー。

 ひだまりはウチも評価が動くことはないでしょうねー。まあ心配はしてないです。
 あ、ひだまりで思い出したけど、ネギま!?もあったw さっき録画ぶん見たはずなのにもう忘れてたww 

 VVVはやっぱりダメでしたかwっていうかチャベ兄さんも見てないんすかw



>サトシアキラさん
 こんばんわ? サトシアキラさん今海外っすかw
 VVV、やっぱりダメでしたか~。
 ウチも「見た以上、無駄になる時間なんて存在しない」というスタンスではありますけど、『1クール≒半日分の時間を費やすだけの価値』となるとやっぱり取捨選択をせざるを得ないですよね。
 ウチでは「やっちゃった」アニメも基本的には「最終回まで何かを期待させてもらった」という意味でそれなりに楽しめてはいるんですけどね。

 ちなみに来期の「やっちゃいそうなアニメ」としては『この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~ 』『怪物王女』あたりを想定しています。

コメントを閉じる▲

 ← プリキュア5 第9話 | TOP | スパロボOG ディバインウォーズ 第24話

COMMENT

「Kanon」を入れるの忘れてますよ?w
しゃっほーメモリーズも忘れてる?
まなびだけ文章がないのはもう語るの疲れるからですか?w

ひだまりはうちも今期終了最高作認定のAに入れるつもりです。
作風と構成的に最後に評価が動く事もないでしょうね。
VVVのラストは関東組の反応を見るかぎりひどかったっぽいですwDかEに入れる予定ですw
[ 2007.04.01(Sun) 10:55] URL | 愚兄チャベス #LjveDjGg | EDIT |

 どうもこんばんはです。VVVは本当に酷かったです…基本的に唐突設定が出てくる上に投げっぱなしで、
 ひょっとしたらこれが『やっちゃった』って奴なのかも知れません。むにゅさんは切って大正解ですね。
 どんな作品も『視聴した時間の分だけ得るものはあったはず』と考えていますが、その根底が揺るぎかねない結末でした。

 
[ 2007.04.01(Sun) 11:30] URL | サトシアキラ #.vjKhiP6 | EDIT |

>チャベ兄さん

 ほんとだw 素で忘れましたw
 『Kanon』は自分の中で完全に「終わったもの」になっているみたいです。正直、アレをしっかり楽しむだけの「素地」を私は持ってないみたいなんでw
 しゃっほーは事実上総集編+おまけということもあって「最終回」ってイメージがなかったですねー。
 あと『まなび』はさっき友人とコメントでやりとりして満足しちゃってましたw 
 せっかくなんで追記しますわー。

 ひだまりはウチも評価が動くことはないでしょうねー。まあ心配はしてないです。
 あ、ひだまりで思い出したけど、ネギま!?もあったw さっき録画ぶん見たはずなのにもう忘れてたww 

 VVVはやっぱりダメでしたかwっていうかチャベ兄さんも見てないんすかw



>サトシアキラさん
 こんばんわ? サトシアキラさん今海外っすかw
 VVV、やっぱりダメでしたか~。
 ウチも「見た以上、無駄になる時間なんて存在しない」というスタンスではありますけど、『1クール≒半日分の時間を費やすだけの価値』となるとやっぱり取捨選択をせざるを得ないですよね。
 ウチでは「やっちゃった」アニメも基本的には「最終回まで何かを期待させてもらった」という意味でそれなりに楽しめてはいるんですけどね。

 ちなみに来期の「やっちゃいそうなアニメ」としては『この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~ 』『怪物王女』あたりを想定しています。
[ 2007.04.01(Sun) 11:56] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/410-8c6b76f0
 ← プリキュア5 第9話 | TOP | スパロボOG ディバインウォーズ 第24話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。