TOP > 妖逆門 最終回
 ← 新規アニメ予定・改 | TOP | アニメ1週間まとめて 03/19(月)~03/25(日)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 妖逆門 最終回 

2007年03月28日 ()
GEKIFU 妖逆門(ばけぎゃもん) 月曜18:00~ テレビ大阪
第51話 『オレとみんなのばけぎゃもん』

 「ようやく終わった」感じです。好きなんですけどそういう感想しか浮かばないw

 ストーリーというか構成が個人的に今一つ微妙だったので、キャラ及びキャラ間の関係性以外に見るべきものを感じられなかった、というのが何よりもネックでした。

 キャラクター同士の「交流と絆」を描くという意味ではすごく自分好みのアニメで、三志郎とフエをはじめとした「ぷれい屋」と「コマ」の関係性の描写はめちゃめちゃ良かった。

 「コマ」の立ち位置ってある意味で「理想の親」のそれなんですよね。
 決して余計な手助けはせず、ただひたすらにプレイ屋を守りつづけ、ぷれい屋がどんな行動をしようと(たとえ闇に落ちようと)見守りつづけ、味方でありつづけるというスタンス。ぷれい屋が迷っているときにだけ、自分を見つめ直せるように声をかけるという「付かず離れず、ただぷれい屋のためだけに」存在しつづけるという関係性。ああステキ。
 このへんの関係性は『陰陽大戦記』の闘神士と式神の関係に似てて、あちらでは「契約」に基づいて式神の立ち位置がいくらか変わってくるというのはあるけれど、とにかく契約した相手の「目的」に対しては一途に従う、という点において「絶対に裏切らない」存在なんですよね。
 燃え・萌え分やら微妙にいただけないストーリーのぐずぐず感なんかも全体的に似ている感じがしたりしなかったり。

 このアニメは1にも2にも「キャラクターの精神的成長」と「交流」をテーマとしていて、「妖逆門」という「げぇむ」は「一緒に遊ぶこと」の象徴として描かれています。
 『一緒に遊ぶことで互いを理解し、同じ時を笑って過ごす』
 それはまさに「仲間と掛け替えのない時間を過ごすこと」による「絆の構築」にあたります。要するに『まなびストレート』なんかとやってることは同じなんですよね。だからどちらも「つまらんなあ」と思いながらも見ちゃうんですよねー。
 ストーリーはつまんないんだけど、キャラが掛け合いしてるときはそれだけで楽しい、そういうアニメでした。


 
スポンサーサイト
[2007.03.28(Wed) 00:20] アニメ最終回Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 新規アニメ予定・改 | TOP | アニメ1週間まとめて 03/19(月)~03/25(日)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/407-1cc22adf
 ← 新規アニメ予定・改 | TOP | アニメ1週間まとめて 03/19(月)~03/25(日)

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。