TOP > コードギアス 第22話
 ← 赤ずきん 第38話 | TOP | web拍手レス兼お詫びと訂正~

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク コードギアス 第22話 

2007年03月24日 ()
コードギアス 反逆のルルーシュ 木曜25:35 MBS
第22話 「血染めのユフィ」
「コードギアスが大変なことになってますね」
「え?…ああ、そう、そうね」

「見てなかったんですかおねえさま」
「な、なに言っているの、ちゃんと見ていたわよ。『死んでください☆あは』でしょ」
「『あは』は言ってません」
「うるさいわねぇ、ささいな違いでしょ」
「まあ、流れとしては間違ってないですけど…」
「でもアレよね、『日本人を殺せ』っていう命令に対してああいう行動を取るっていうことは、手段とか態度については本人の裁量次第でどうにでもなるってことなのよね?」
「どういう事ですか?」
「だから、『どう殺すか』『誰が殺すか』『罪悪感を持って殺すか』『楽しく殺すか』『ハーフの人の処遇はどうするのか』なんていうことは、ユフィ本人が決められるってことでしょ」
「えっ!?じゃ、ああいう風に黒光りするマシンガンで今を撃ち抜いているユフィさんは素ってことなんですか?」
「まあ、【ギアス】の性質がどういうものか結局わからないからなんとも言えないけれど、少なくとも理性とか倫理とかそういうものによる葛藤は強制力によって無視されるみたいだから、それが解き放たれた状態…つまり、純真無垢な天使としてのユフィは人間の死に対して嫌悪感を抱いたりはしないってことなんじゃないの?」
「いや、でもそれは流石にないのでは…?完全に理性は失っちゃっているみたいですし」
「だから、純粋に本能と感情と知性だけでああいう行動をしているってことでしょ?
 私がもし『アメリカ人を殺せ』って命令されたとしたら、まずその人がアメリカ人かどうかを確かめて、その後自らの手で殺そうって思うわよ。『誰かに殺させろ』じゃなくて『殺せ』なんだから」
「そこは王族だから『自らがするのも部下にさせるのも同じ』っていう帝王学の賜物なんじゃないですか?あとは言葉の解釈の問題のような…」
「だから、言葉の解釈そのものが本人次第ってことでしょ?
『日本人を名乗る皆さん、お願いがあります、死んでいただけないでしょうか』って言っているから、『本当に日本人かどうかは問題にしない』ってことがまず言えるでしょ」
「あ、なるほど」
「それから、『できれば自殺していただきたかった』あたりの言動からして『なるべくなら自分の手は汚さずに済ませたい』っていうような意識も見て取れるわよね」
「でも、しょっぱなからさっさとニードルガン撃ってますし」
「そこは【ギアス】の強制力がどういうものかってことに依るんだと思うのよね。『殺したくない』から『殺さなきゃ』になったということは、【強迫観念】に近いものだと思うんだけれど」
「強迫観念?」
「それにしては嬉嬉として実行しすぎなのよね。『何故そうしなければいけないのか』を疑う余地なく盲目的に従おうとする点では【信仰】という言い方の方がしっくりくるかもね。『それが当然である』というような意識とか、『部下を撃ってでも実行しようとする』くらいに優先順位が高いあたりとか」
「うーん、【信仰】っていうのはよくわかんないですね…っていうか、デリケートな問題なんですから自重してください」
「思うに、【ギアス】の命令っていうのは『それを遵守する際に障害となる思考をする回路そのものを破壊する』ことによって成り立っているのではないかしら。だから拮抗する思考が少なければすぐに発効するし、その時の記憶がなくなるのは『命令に従うとそれまでの行動との整合性が取れなくなるから無意識に思い出さないように封印している』と思えばそれなりに辻褄も合うし」
「…という事は、ユフィさんの場合、『日本人を殺したくない』と思う部分そのもの、それはユフィさんの人格の根幹部分なんだけどそこが【ギアス】にとっての障害になるからまるごと破壊されてしまったってことになりますか?」
「……ああ、そうなるわね。だからあんな風に壊れちゃったのね。納得」
「…ひょっとしてさっきまではそういう事を考えずに言ってましたか」
「まあそれは良いじゃない」
「…」
「まあでもやっぱり『日本人を殺せ』が『日本人は皆殺しにしなきゃ』になってしまうユフィの思考の飛躍具合はすごいわよね」
「その辺もやっぱり王族ならではのグローバルさなのかも知れませんね」
 はい、そんなわけで各地で大絶賛の今回。
 美少女がマシンガンをぶっ放して愚民どもを虐殺する姿は壮観でしたね。あんな風に殺されるのもアリなのかもみたいな『殺され萌え』とかちょっとしたことであんなことになりうる『恐怖』とか、いろんな楽しみが詰まっておりました。いやはや素晴らしいです。

 ニーナさんがノリノリでユフィのパルになるのか、「あんなのユフィじゃない」となるかが今いちばんの関心事です。後者ならニーナ株急上昇だけど9割方ないだろうなあ。

☆TBありがとですー。
コードギアス を見てきて 一番→幻影現実 私的工廠 ブログ さま でも軍隊には指示したらあれほど→ヤスボノニッキ2007 by studio鴨嘴 さま 普段おっとりしていそうな→アマデウスの錯乱? さま
スポンサーサイト
[2007.03.24(Sat) 22:49] アイコン記事(アニメ感想)Trackback(3) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

凄いことになってますねw by YASBO!
むにゅさんこんばんわ~☆

 ギアスの効果が本人の裁量次第というより、かけた側のかけた時の意向が強く反映されるような気がしましたね。ルルが何気なく冗談交じりに言ったノリが反映されてそのままああいう頭の逝った行動になったのではないかなぁと(わぉ単純w)。イメージ的にはギアスの対象となる根幹の破壊というだけでなく人格書き換えも含まれていて、だから行動に対する疑念さえも生まれない状況で更に命令に対する欲求が深くなっていく・・・というのはどうですか?(また人の褌で・・・すません)
 でもまぁ方法論の件とかとかそこから先を追っていくとやっぱ裁量次第と言うのは的を射ているんですねぇ~^^ さすがっすねぇ☆あは
 というかユフィあれからドコ逝ったすか?w

 なんか久しぶりにアニメレビュー書きたくなったネタが虐殺話とはだめぽですかねw 次もいろんなとこが楽しみです~w 長文失礼しました☆

psちなみにうちの怒ローカルブログのカウンターがこの日だけえらいことになってますゎw

ギアスに一瞬でも抵抗したのはユフィだけだったような…… by まぬけづら
 そう思うとユフィの精神力が実はタフだったということなのか、抵抗しちゃったから壊れっぷりが酷かったってことなのか。

……一瞬だけ「ギアス能力者の“制限”がなくなるとシーツーにも同じ能力が付与されるんじゃね?(制御おk版で)」とか考えたのですが、ユフィの護衛を弾き飛ばしたときのはナリタ攻防戦のときにスザクに施した共鳴現象と同じ?

まぁ僕が気になるのはダールトンなので!!

ではでは失礼しましたー。

なってますねYASBO!さん by むにゅ
 こんばんわですー★
 
 なるほどですー。ルルのテンション次第でってことですねー。でもそうなる猫の回、学園でのルルと女の子ズのテンションの差とかが気になるわけで…。まああんまり細かいこと言ってても仕方ないんですけど。
 人格書換えまで含むとすると武闘派の人に「穏健派になれ」と命じたらそうなる、みたいな使い方ができちゃったりするような。ていうかよくわかんないです。
 ユフィさんはきっと新たな犠牲者を求めて街に繰り出していったのでしょうねー。って、それじゃ街の人に返り討ちになってるかも。

 そういえば、YASBO!さんのアニメレビューってもっとい久しぶりなんですよねー。やっぱりそれだけの面白さがこのアニメにあるってことなんでしょうか。すごいや。

そうでしたねまぬけづらさん by むにゅ
 どうなんでしょう。だとすればものすごい精神力ですよねー。スザクの時がどうだったかわかんないんでアレですけど、そもそも抵抗できるのかっていうのはありますし。
 あれがルルのギアスによるものであるかどうかも怪しいってあるブログさんが書いてましたし、今までのルルのギアスとは明らかに性質が違うのかもわかりませんねー。だから抵抗もできて、現れる結果も異なっていた、っていう感じで。流れがきれいすぎて「ルルギアスの暴走」によるものだと疑いもなく信じちゃっただけみたいな。
 実際どうなのかはともかく、いろいろ考えられるというのは結構おもしろいです。

 C.C.のアレはルルギアスとは関係ないんでわ?ショックイメージについては自己防衛能力として持っているんだろうと思うんですが。

 ダールトン気になるよね!私はザビーネ化フラグは立ってないと思うけどね!

 でわでわまたいらっしゃいませ。

コメントを閉じる▲

 ← 赤ずきん 第38話 | TOP | web拍手レス兼お詫びと訂正~

COMMENT

むにゅさんこんばんわ~☆

 ギアスの効果が本人の裁量次第というより、かけた側のかけた時の意向が強く反映されるような気がしましたね。ルルが何気なく冗談交じりに言ったノリが反映されてそのままああいう頭の逝った行動になったのではないかなぁと(わぉ単純w)。イメージ的にはギアスの対象となる根幹の破壊というだけでなく人格書き換えも含まれていて、だから行動に対する疑念さえも生まれない状況で更に命令に対する欲求が深くなっていく・・・というのはどうですか?(また人の褌で・・・すません)
 でもまぁ方法論の件とかとかそこから先を追っていくとやっぱ裁量次第と言うのは的を射ているんですねぇ~^^ さすがっすねぇ☆あは
 というかユフィあれからドコ逝ったすか?w

 なんか久しぶりにアニメレビュー書きたくなったネタが虐殺話とはだめぽですかねw 次もいろんなとこが楽しみです~w 長文失礼しました☆

psちなみにうちの怒ローカルブログのカウンターがこの日だけえらいことになってますゎw
[ 2007.03.25(Sun) 00:03] URL | YASBO! #JJNf5Lio | EDIT |

 そう思うとユフィの精神力が実はタフだったということなのか、抵抗しちゃったから壊れっぷりが酷かったってことなのか。

……一瞬だけ「ギアス能力者の“制限”がなくなるとシーツーにも同じ能力が付与されるんじゃね?(制御おk版で)」とか考えたのですが、ユフィの護衛を弾き飛ばしたときのはナリタ攻防戦のときにスザクに施した共鳴現象と同じ?

まぁ僕が気になるのはダールトンなので!!

ではでは失礼しましたー。
[ 2007.03.25(Sun) 00:49] URL | まぬけづら #d8HClGl2 | EDIT |

 こんばんわですー★
 
 なるほどですー。ルルのテンション次第でってことですねー。でもそうなる猫の回、学園でのルルと女の子ズのテンションの差とかが気になるわけで…。まああんまり細かいこと言ってても仕方ないんですけど。
 人格書換えまで含むとすると武闘派の人に「穏健派になれ」と命じたらそうなる、みたいな使い方ができちゃったりするような。ていうかよくわかんないです。
 ユフィさんはきっと新たな犠牲者を求めて街に繰り出していったのでしょうねー。って、それじゃ街の人に返り討ちになってるかも。

 そういえば、YASBO!さんのアニメレビューってもっとい久しぶりなんですよねー。やっぱりそれだけの面白さがこのアニメにあるってことなんでしょうか。すごいや。
[ 2007.03.26(Mon) 01:32] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

 どうなんでしょう。だとすればものすごい精神力ですよねー。スザクの時がどうだったかわかんないんでアレですけど、そもそも抵抗できるのかっていうのはありますし。
 あれがルルのギアスによるものであるかどうかも怪しいってあるブログさんが書いてましたし、今までのルルのギアスとは明らかに性質が違うのかもわかりませんねー。だから抵抗もできて、現れる結果も異なっていた、っていう感じで。流れがきれいすぎて「ルルギアスの暴走」によるものだと疑いもなく信じちゃっただけみたいな。
 実際どうなのかはともかく、いろいろ考えられるというのは結構おもしろいです。

 C.C.のアレはルルギアスとは関係ないんでわ?ショックイメージについては自己防衛能力として持っているんだろうと思うんですが。

 ダールトン気になるよね!私はザビーネ化フラグは立ってないと思うけどね!

 でわでわまたいらっしゃいませ。
[ 2007.03.26(Mon) 01:41] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/403-030ed1d4

今週はユフィだな。
[ 2007.03.26(Mon) 22:37 ] アマデウスの錯乱?

まさかこんな展開になるとは思いませんでした! なんかミーアがアホ面で軍人に指示しているのだと思いたかったですがどうやら違う。ユフィが起こしたこの状況は回復不可能。全世界の人間にギアスをかけるしかないけど、ルルがそんなことをするとは思えず。これでユフィは退

何という つまらん お膳立てに基いた お決まり行事の中継か と思いながら見ていたが、ゼロのギアスが暴走したらしい。おかげで 聖母マリア様の如く清らかで オーラが眩くて 貴賓に満ちていた ユーフェミアが ぶっ壊れてくれた。コードギアス を見てきて 一番 痛快 愉快...
[ 2007.03.24(Sat) 23:53 ] 幻影現実 私的工廠 ブログ
 ← 赤ずきん 第38話 | TOP | web拍手レス兼お詫びと訂正~

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。