TOP > Kanon 第22話
 ← 吐き散らかし+レス | TOP | 雑記とレス

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Kanon 第22話 

2007年03月02日 ()
Kanon 木曜 25:00 BS-i 
第22話 「追想の交響楽(シンフォニー)~symphony~」

 ( ゜д゜) 


 うわぁ…。
 名雪放置にも程がある。そりゃほっといてって言ったけどさw
 いや、まっこと天晴れ。さすが祐一。俺達にできないことを平然と(ry
 まあデリカシーはないけど、優柔不断よりはマシかもしれんね。あの状態の名雪をほっぽってく無神経っぷりは人としてどうかとは思うけど。
 まあ人のこと言えた義理じゃないんですけども。

 目覚ましうんぬんの話があったから目覚まし時計イベントやるつもりなんだと思ってたんだけど、今の流れでやってくださりやがったらマジでカミソリ送りますよ?いや、送りませんけど。

 しかしほんと北川GJ。京アニの北川に対する愛情の注ぎ方は異常。


 まあなんというか、冷めますね。いろいろと。
 叫ぶヒマあったら救急車呼べと。何状況に酔ってるんだと。
 そういうところで感情移入させてくれないのがKanonクオリティなんですよねー。
 半端にリアルっていうか。
 痛みがなくなって体が動かない=脊髄に致命的なダメージってことだから、助かっても半身不随とかなんだろうなあとか普通に想像しちゃうんですけど。 あの時点で普通に喋ってたから「頭を打ったことによって昏睡状態」っていう逃げ道もないわけで、そうなるとあゆの生存フラグがいくら立っててもそれを受け止めるだけの器が祐一に要求されるわけで、そうなると秋子さん引いては名雪にかかずらっている余裕がどれだけあるのか、ということになるし。

 というか祐一、月宮ファミリーから怨まれてんだろうなあ。って父親しかいないのか。妻死亡→娘重体ではやりきれんだろうなあ。
 んで相沢両親とか秋子さんとかがさんざっぱら謝り倒している中、祐一はトラウマで記憶封印と。それを傷ついた名雪さまが物陰から見ているわけですか。
 ……嫌だなあ、こんなドロドロ。


 さてさて。
 今回はまこぴーが終始気にかけてくれてましたね。
 ラスト前のアレは何のつもりなのでしょうか。ぶっちゃけ、森の精霊に魂を取りこまれているようにしか見えないんですがw 
 「祐一、これでやっといつまでも一緒だね」みたいな。
 っていうかアレで祐一凍死とかだったらどうなるんだろう。あんなとこ誰も来ないだろうし、普通に助からん気が…と思ったけど僕らにはまだ電波受信機レイピアまいまいちゃんがいましたっけ。そろそろ能力復活しててもよさげだし、なんとかなっちゃうのか。
  

 しかし、着地点が見えてこないですね。
 それは素直にちょっと気になる。逆に言うとそれ以外は正直あんまり気にならない、というか集中できないですね。名雪メインかっ!と思ったらあゆに行くし。あゆかと思ったらまこぴーが出てくるし。まこぴーは私の胸の中にいます。そう、盗むのではなく与えていったのです。ルパンよりも見事なその手腕で。どーまんせーまん。
 
★TBいただいたよー。
前回までの祐一は→よう来なさった! さま 
ってな訳ですが、正直なんか→まるとんとんの部屋 さま
最近のKanon面白いよ?→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
まさかの真琴の再登場に→SERA@らくblog  さま
今回名雪は初めて→中濃甘口 さま
演出とはわかるけども→蒼碧白闇 さま
その寂しさを埋めるのは→「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋  さま
終わりがあっての始まりだからね→神音の萌え源泉 さま
いい意味での裏切り→Old Dancer's BLOG さま
。こういう時、→夢の日々。 さま
祐一は彼のために→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さま
工エエェェ(´д`)ェェエエ工→Blue Sky TriΔngle さま
それにしても………→48億の個人的な妄想 さま
自分はこの、人の思い入れを乗り越えられる完成度に→『遍在 -omnipresence-』 さま
スポンサーサイト
[2007.03.02(Fri) 21:13] 未分類Trackback(15) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 吐き散らかし+レス | TOP | 雑記とレス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/387-e1eff8b8

品質評価 27 / 萌え評価 16 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 53 / お色気評価 6 / 総合評価 20レビュー数 112 件 突然入った事故の知らせに病院へ向かう祐一と名雪。途中の事故現場ではケーキの箱がつぶれていた。ショックを受ける名雪。二人は病院で一夜を...

【公式】前回の非常にイヤな事故
[ 2007.03.11(Sun) 13:05 ] 48億の個人的な妄想

 第23話「茜色の終曲 ~finale~」の放送後ですが、第22話「追想の交響楽 ~symphony~」を感想をお送りします。
[ 2007.03.10(Sat) 18:23 ] 『遍在 -omnipresence-』

あqwせdrftgyふじこ秋子さんが──────っ!!北川・・・・・・ほんといいヤツだな~~(ノД`)そして今回もUNKOな祐一。今回、かなり毒づいたな・・・orz
[ 2007.03.07(Wed) 14:37 ] Blue Sky TriΔngle

Kanon 第2巻/アニメ突然の知らせ・・・祐一と名雪は急いで病院へと向かった。意識を失い病院のベットに横たわる秋子・・・。名雪は、事故は自分のせいだと言いそして自室にこもってしまう・・・。

第22話「追想の交響楽~symphony~」※管理人は原作未プレイです。ので、たまに変な事を言うかもしれませんがご了承ください。祐一は、名雪と共に先生の車に乗ってゆったりと道路を走る。隣の名雪の表情は暗い。辿り着いた事故現場。そこには、名雪が食べたいと言ったイチゴ
[ 2007.03.05(Mon) 17:06 ] 夢の日々。

 先週は外したが、今週はそうはいかんぞっ!いよいよあゆシナリオのクライマックスが到来だ、そうに違いないッ!くっ!名雪の、そして祐一の痛みを、ここまで痛々しく生々しく描写してくるのかッ!さすがは京都アニメーション!…だが、この先は恐らく想定通りの予定調和だ
[ 2007.03.05(Mon) 01:32 ] Old Dancer's BLOG

あらは!?全24話じゃなかったっけ?!うぐぅ???( ̄Д ̄;)
[ 2007.03.04(Sun) 21:33 ] 神音の萌え源泉

私、もう笑っていられないよ…ああ~~、とうとう、この台詞が出てきてしまいましたか…でも、原作にはなかった台詞が出てきました。しかし、その台詞は名雪さんの心情が物凄くこもっていたと思います。『祐一と7年振りに逢うのが恐かったんだよ。もし私の事を忘れていたら

冒頭でケーキが飛び散ってるとこを見せて自分のせいで母親が事故にあったと思わせるひどい仕打ち。演出とはわかるけどもそうくるか。名雪じゃあ耐えられんよ。実際部屋に閉じこもっちゃったじゃん。祐一の声もも
[ 2007.03.04(Sun) 10:42 ] 蒼碧白闇

ええーい、今日は文章の構成など一切無視だっ!! 今回の本編を私なんぞの稚拙な言葉で語りつくそうなど、無理!不可能!ミッションインポッシブル!! という事で今回は
[ 2007.03.04(Sun) 00:05 ] 中濃甘口

奇跡って起こせる――? 秋子さんが事故にあったことで自分を責める名雪。 名雪を慰めながらも彼女を7年忘れていた裕一。 裕一の中で、封じられた最後の記憶が甦る――。 あの森であった悲しい出来事… 裕一が7年前の記憶を封じることになった悲劇が明かされるとき… これ
[ 2007.03.03(Sat) 18:42 ] SERA@らくblog

レイジングハァーーート!セーッ(しつこいなのはシリーズ最萌キャラは誰がなんと言おうとレイジングハートです(関係ない話するな最近のKanon面白いよ?うちは京アニKanonに対して散々愚痴を言いながらも、なんだ

第22話 『追想の交響楽~symphony~』 う~ん、あまり「名雪」が不憫だっ!まぁ~あ~云う状況になると自分の事を責めてしまうのも仕方がないのでしょうが・・・、「祐一」のフォローがねぇぇぇ~。 それにしても
[ 2007.03.02(Fri) 22:53 ] まるとんとんの部屋

居るのが当たり前の人が、居なくなる悲しみと恐れ。当たり前の事だけに、居なくなるなんて考えもしなかったでしょう。それだけにショックも大きく、母親と二人三脚で生きてきた名雪にとってこの母親の居ないこの世の中は、受け入れがたい非現実的な世界なのでしょうね....
[ 2007.03.02(Fri) 21:18 ] よう来なさった!
 ← 吐き散らかし+レス | TOP | 雑記とレス

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。