TOP > ★行き詰まったら現場に戻るんだ★
 ← ★一方そのころ★ | TOP | まなび 第7話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ★行き詰まったら現場に戻るんだ★ 

2007年02月24日 ()
「微妙に髪を切りました」
「良いんじゃない?似合うわよ」
「いや、見てから言ってくださいよ…」

「いやねえ、ちゃんと見ているわよ」
「ほんとですかぁ~?」
「前髪を短くしたのでしょう?微妙に子供っぽくて可愛いわよ」
「…なんか含みのある言い方ですね…」
「誉めているんだから、素直に喜んだらいいの」
「何だか釈然としませんけど…もういいや」
「…で?今日は誰もいないの?」
「なんか温泉旅行が当たったとかなんとか」
「ふーん」
「って、どうして私達に声が掛からないわけっ?」
「あちゃぁ、気がついちゃいましたかー」
「何が『あちゃあ』よ~。私だって温泉入りたかったわよー」
「何しろペア旅行券でしたので、アルトさまとアニタちゃんがノリノリで」
「…しょうがないわねぇ…。あら、それじゃヘルデは?」
「オーバーホールに出してます」
「ふーん、じゃあ本当に私達だけなのね」
「考えてみれば、2人っきりというのは久しぶりですね~」
「あら、そうだったかしら?」
「えー、覚えてないんですかー?」
「お、覚えているわよっ。ただ思い出せないだけなの!」
「それを忘れているっていうんですよ」
「仕方ないじゃないのよ~。そういう頭なんだもの…」
「別に責めてるわけじゃないですよ」
「でも…そうね。確かに随分と長い間二人だけの時間はなかったような気がするわね」
「なんだかんだでメンバーもすっかり馴染みましたし」
「…馴染んだかしら…?」
「まあなんていうかアレですね。姉妹水入らずでのんびりできますね」
「そうね、久しぶりに妹子を1人占めできるわね」
「!!」
「何かしら?」
「そんなセリフを聴くのも久しぶりです~。なんか嬉しいです~」
「な、何よ、なにも泣くようなことでもないでしょう?」
「よーし、今日はいっぱいおねえさまに甘えちゃうぞ~★」
「あらあら、妹子は甘えんぼうさんねえ」
「おねえさまー♪ ごろごろ」
「よしよし」
「…なんか、こうしていると子供がみんな巣立った後の熟年夫婦みたいですねー」
「…もう少しムードのあるセリフ、言えないの…?」
スポンサーサイト
[2007.02.24(Sat) 19:15] チラシの裏Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ★一方そのころ★ | TOP | まなび 第7話

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/380-f655ec49
 ← ★一方そのころ★ | TOP | まなび 第7話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。