TOP > 雑記+web拍手レス
 ← 無重力地下放送 第15回とかの話 | TOP | 業務連絡

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 雑記+web拍手レス 

2007年02月18日 ()
■ボウケンジャーって終わったの?そうなの。
 ゲキレンジャーはつまんなそうです。
 内容は聖龍拳と幻龍拳の終わりなき宿命の…それは『聖龍伝説』!
 わかるかなー。わっかんないだろうなー。あ、猛虎百歩拳。
 っていうか全員ネコ科ってキャラ被りすぎだwww

■『妖奇士』に野沢雅子が
 言うのは野暮なんだろうけど、10歳の役とかいいかげん酷じゃないかと。
 野沢さんも受けるなと。ちゃんと今の声に合った役あるだろと。
 デュークモンとかもギリギリでアウト。

<2/16ぶん>

21:50 となると、アニタはキョンな立場なんでしょうか。

 そうみたいです。制服は女子用ですが。
 ちなみに見切れてますが、一応古泉役のアルトもいます。

22:26 今期新番で一番好きなのはひだまりスケッチですー。
 まなびは画面を見てなくとも情景が思い浮かび、思い浮かんだ情景が写実的で躍動感たっぷりに描かれていますが、ひだまりは抽象的なイメージをそのまんまで、しかも誰もが理解でき得る形で表しているあたり凄いですよね。
 でも監督自ら演出やコンテ切っているわけではないので、指示一つ(って訳でもないんでしょうけど)であれほどまで作り込めるスタッフさんSUGEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!ってことでw

 今期一番、というのは私は決めかねてます。

 まなびとひだまりは完全に対極と言って良いくらいに作り方が違ってて、そのどちらもともに素晴らしいものだと思いますからね。
 まなびはおっしゃるように躍動感あふれる「具体的かつ理論的な説得力のある描写」、ひだまりは「抽象的で感覚的な描写」で静と動のコントラストのセンスが光る、という感じですよね。

 確かに監督が絵コンテ切らない状態であそこまで個性を出せるっていうのはすごいですよね。そりゃ『!?』も疎かに(ry


22:30 朝比奈さんだったんですねorz勘違いしてごめんなさい  >姉美お姉様
22:31 髪と「ああ、姉美お姉様も笑顔で人刺せそうだなー(もちろん朝倉とは別のベクトルのヤンデレな感じで)」という理由で勝手にそう解釈していましたorz

 なるほどー。そういう風に見えてるんですね。
 ヤンデレはそうかもしれないですね。人も自分も笑顔で刺せそうです。気をつけろ。


<2/17ぶん>

0:59 そもそも『素兎館』とはどう読むのでしょうか。教えてくだしゃんせ。

…えーと、『素兎』なんですが…;

 人に言う時は「しろうさぎてい」と称しておりますよ。語呂悪いですが。
 自分の中では「そうさぎてい」って読んじゃいます。意味不明でも何のその。

 ちなみに名前の由来は「因幡のシロウサギ」なんですが、「素人」ともかけてあるので「しろうとてい」と読んでもらっても一向にかまいませんです。


0:45 やべぇw 妹子(?)ハルヒにトキメイタ wwww☆

 おうさ!ときめけっ! 多いにときめけー。

ということで、妹子からの伝言です。
「おれに惚れちゃ、火傷するぜ?」
言いたかっただけみたいです。
スポンサーサイト
[2007.02.18(Sun) 07:52] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 無重力地下放送 第15回とかの話 | TOP | 業務連絡

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/374-ee4c232b
 ← 無重力地下放送 第15回とかの話 | TOP | 業務連絡

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。