TOP > 地獄少女 二篭 第19話
 ← 業務連絡 | TOP | ざっき(追記しませんでした)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 地獄少女 二篭 第19話 

2007年02月18日 ()
地獄少女 二篭 土曜 19:30 アニマックス
第十九話「湯けむり地獄、旅の宿」

 そ、そんなお色気で釣ろうったってそうはいかないんだか…
 エロス(*´Д`)

 どう見ても釣られています。本当に(ry

 というわけでサブタイトルどおりのエロス回。
 女の子は全員脱ぐよ!
 閻魔あいも脱ぐよ!! 
 輪入道も脱ぐよ!!!
 もっくんファンの人、残念。

 さて。
 強請られてエロ虐待される若女将@ゆかなのえろいことといったらもうキャー!!
 ビジュアル的にそんなに美人でもなければスタイルもどうってことないんですけど、シチュエーションがイカしすぎ。

「のんびりお風呂なんて入ってていいのかなー?」
「…何か、ご不満でも…?」
「今日の夕食よ。あれだけ言ったのにカロリー高そうなのばっか」
「でも、あれは、うちでも最高の…」
「罰として素っ裸で部屋まで戻ること。タオルなんかで隠しちゃだめよ」
「そんな…」
「逆らったらどうなるか、わかってるわよねぇ? あ、あとで10万ほどお小遣いもね。よろしく~」
 それなんてエロ漫(ry

 完全にスタッフさんの掌の上で踊らされる気分です。
 でもいいや。楽しいから。
 
 今まで地獄少女の魅力を上手く説明できなかったけど、ようやくわかりました。
 「地獄少女はとにかく視聴者に楽しんでもらえるように作っている」んだなーってことです。
 鬱展開とか人間の業の描写とか時事風刺とかお仕置き地獄コントとかえろえろカットとか、すべての要素が「視聴者が求めているものを察して提供してくれる」っていうサービス精神に基づいて取り入れられてるんですよね。

 風刺を入れてても説教臭くない。それは説教するためのものじゃないから。
 鬱展開を入れてても絶望的ではない。絶望させるためのものじゃないから。
 それらはあくまで娯楽のためのギミックであって、目的じゃないからです。

 エロ要素も「エロ入れりゃ数字取れるだろ」的な打算じゃなくて「そういう打算で安易に2時間ドラマを作る業界」を茶化して笑い飛ばしている。
 あと、エロシーンが「ほらほら、こんなんエロいんでしょ?」っていう押しつけじゃなくて「オレはこういうのがエロいと思うんだ!」っていう信念(というか妄想)の表現だからイヤミったらしくないんですよね。
 もちろんあざとさも計算ずくでしょうがw


 まあなんか力説してますけど。
 
「いらっしゃい」
 地獄温泉で手招きするあいさんがかわいいってことです。

 あ、うん、湯当たりしたふんどしきくりもまあかわいい。

 あと、役得の輪入道。
 火野正平かっ。

★TBありがとうございますあ。
酷過ギダロ!!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'→zenの日記 さま
やべぇ、本気で興奮してきたwwww →ACGギリギリ雑記 さま
でも、あいも輪入道の何に→よう来なさった! さま
さて、本当に昔はブイブイ言わせていた→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さま
今回の話はまさに→睡魔と戦うのって大変だ さま
地獄幼女のふんどし姿にばかり→Anime in my life 1号店 さま
特に現代の方の依頼に関しては→月の静寂、星の歌 さま
お嬢カッコイイ(笑)→SERA@らくblog  さま
久しぶりに素直に→本を読みながら日記をつけるBlog さま
温泉偽装…見るまですっかり→ホビーに萌える魂 さま
スポンサーサイト
[2007.02.18(Sun) 06:04] 未分類Trackback(10) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 業務連絡 | TOP | ざっき(追記しませんでした)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/372-77bce4d6

今回の地獄少女 二籠は、あいと輪入道の出会った場所での過去と現在。登場したほとんどの女性キャラの入浴シーンのおまけ付きですw依頼者をゆかなさん、ターゲットを水沢史絵さんが演じました。
[ 2007.02.22(Thu) 01:33 ] ホビーに萌える魂

裸  祭

ならば、足になりなさい――。 輪入道とあいの出会ったのは、温泉宿だった。 因果は巡り、あいたちは再び同じ宿に。 輪入道、若き日の肖像(違)って…会った時からじーさんだし(笑)
[ 2007.02.20(Tue) 10:18 ] SERA@らくblog

 かつてそこは不実と怨みと共に始まった。 晴らした者、晴らされた者、 確かに一つの終わりが有った。 しかしそこは無くなることなく残った。 それ故か、 呪いもまた消えることなく残り――。
[ 2007.02.20(Tue) 05:51 ] 月の静寂、星の歌

私の出身地道後温泉から較べると、つい最近湧いたばかりの温泉地など由緒、縁に重みがありません。やはり皇族が入浴しないことには箔がつきませんもの。ついでに自慢すると私の出身校は額田王が朝鮮派兵の際に寄航したした

第拾九話「湯けむり地獄 旅の宿」   前回は輪入道の生い立ちでしたが今回はその出逢いですか 未練があって走り回るのってすげぇ迷惑なんですがw誰かを乗せていた頃が懐かしくて歩いている人を見つけると追ってくる方が、ちょっと面白かったかも  場所的には落ちた
[ 2007.02.19(Mon) 23:22 ] 睡魔と戦うのって大変だ

地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)覚えているか?お譲・・・初めて出会った時のことを?あの頃俺は、ずっと走り続けていた・・・。

しょっぱなから飛ばしてますね~wあいちゃんの入浴シーンから始まった今回は、裸満載で話の内容が頭に入らなかったw裸はべつにしても今回は面白かったです。あいと輪入道との出会いの話だけどそれにまつわる同じ場所を舞台とした宿屋の過去と現代。そして、....
[ 2007.02.19(Mon) 22:53 ] よう来なさった!

『湯けむり地獄、旅の宿』私は閻魔あい・・・見せてあげるわ・・・これが、地獄絵馬式片乳隠し。この裏に、怨んでいる相手の名前を書けば地獄に流すことも出来る。ただし。自分も地獄に堕ちるけど・・・さあ、裏返せるも
[ 2007.02.19(Mon) 22:19 ] ACGギリギリ雑記

今までのお話はこんな感じ…一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#)三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻四話地獄少女 二籠 運命のいたずら…(・・?五話地獄少女 二籠 輪
[ 2007.02.18(Sun) 12:32 ] zenの日記
 ← 業務連絡 | TOP | ざっき(追記しませんでした)

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。