TOP > あにたむQ&A 回答編 その10
 ← あにたむQ&A 回答編 その11 | TOP | web拍手レス的なもの

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク あにたむQ&A 回答編 その10 

2007年02月10日 ()
まぬけづら 様からの質問

Q. むにゅさんはキャラを使ってアニメ感想を語らせていますが、あれって頭の中でキャラになり切りつつ割りとすんなりさらさらと書いているんでしょうか?
それとも凄く迷いに迷って「こう書けば面白…いよね?ああ!やっぱダメかも……」みたいな感じで試行錯誤しながら書いているんでしょうか?

いつも不思議だったのですが、訊くに訊けなくて悶々としています!

   指名>蒼星石のコスプレをした妹子 A.
「…う~ん、どうしようかな~?」
「うわ、手抜きだ」

「って、コスプレしたままで応対なんてできるかー!」
「こらえ性ねえなあ」
「だったらアニタさまが真紅のコスプレでやってくださいよ」
「それだけは勘弁してくれ~」
「では自分が…」
「いらん!」
「早っ!」
「…そろそろ質問に答えてあげたら…?」
「あ、そうでしたそうでした。えーとですね。両方正解です」
「両方?」
「すんなりいくときはすんなりいきますけど、迷いに迷うときも多々あります」
「ダメダメな時は喋るだけ喋った挙句に破棄とかフツーにある。議事録も残さん」
「議事録って…」
「言葉の綾です」
「ちなみに、今回みたいに目的があって喋くるときは大抵あたしと妹子がメインで喋るんだが--」
「これは進行ができるのが私とアルトさましかいないからです」
「いわゆる【打ち合わせ済み】って奴だな」
「そうだったの」
「だって、姉美とかアニタとかアテになんないんだもん」
「私たちのせい!?」
「キャラ的にムリですからねー」
「オレはちゃんとできるってーの!」
「いや、さすがにまだちょっと任せられないかなあ…」
「むー」
「あまり気を落とす必要はないであります。自分がついているであります」
「いや、お前が一番アテになんねんだっつの」
「未だ信頼を勝ち得ていないとは甚だ不本意であります」
「そう思うんだったらもっと気張ってくれい」
「ちなみに、それぞれのキャラになりきる、というよりも【脳内会議】的に進んでいる感じです」
「テーブルの回りにあたしらが陣取って喋くってる感じ。ラジオの収録っぽいかもなー」
「お茶とお菓子も準備しているのよ」
「姉美は喋っていないときは食べてるか飲んでるかだぜー」
「正確にはさらに寝ているか遠くを見ているかのどれかであります」
「よ、余計なことは言わないでいいのっ」
スポンサーサイト
[2007.02.10(Sat) 21:46] 未分類Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

どうもです by まぬけづら
 なるほど興味深いです。脳内会議ってつまり、むにゅさんの中に在る色々な部分を切り貼りしてキャラを作って~みたいなことをしているんですかねぇ。

たとえば姉美お姉様なら「無気力(怠惰)」+「毒舌」+「人見知り」とか?

構成とかをよく練って考える作家さんみたいなアプローチなのかとも思っていたんですが、一時期ほんのり役者さんを目指していたとかとも仰っていた通りどちらかというとそっち系のアプローチだったんですね。

#言いたいこと先行で「じゃあこの娘たちならこれ(自分の考えていること)をどう言うのかな?」ではなく、まず「この娘らならどう感じるのかな?」から入るという理解です。

どもです by むにゅ>まぬけづらさん
 あー、たぶんそんな感じです。
 
 姉美はまぬけづらさんのおっしゃるのに近いです。
ウチの感覚としては「怠惰」+「正直」+「ビビリ」
 姉美は基本的に毒を吐きません。言いたい事を言ってるだけです。
 まあそれが毒なのだといわれればそうなんですがw 本人は良かれと思ってるのですよ。たぶん。

 構成を練るタイプっていうのはいわゆる【ストーリー重視】ということですよね。
 自分はストーリーの面白さよりキャラの魅力を求めちゃうんでどうしてもそういうアプローチができません。

 ストーリーの都合でキャラに合わない行動をする、みたいなのは個人的に一番好ましくない対応。
 だからどうしてもキャラ先行になってしまって、ストーリーに制約を受けちゃうんですよねw

 言いたい事先行のときは「このキャラはそういう風に感じるかどうか」を考えます。喋らせてみて違和感がないかどうか確認して、キャラに合う言動なら本採用、という感じですかね。
  
 結果として、誰の言葉としてもしっくりこなかったら(=誰のキャラとも合わなかったら)不採用になってしまいます。
 そんなときは自分の言いたいことも言えない、ということになるのですよ。 
 そんな時に「新キャラ作ろうかな」と思うのです。

コメントを閉じる▲

 ← あにたむQ&A 回答編 その11 | TOP | web拍手レス的なもの

COMMENT

 なるほど興味深いです。脳内会議ってつまり、むにゅさんの中に在る色々な部分を切り貼りしてキャラを作って~みたいなことをしているんですかねぇ。

たとえば姉美お姉様なら「無気力(怠惰)」+「毒舌」+「人見知り」とか?

構成とかをよく練って考える作家さんみたいなアプローチなのかとも思っていたんですが、一時期ほんのり役者さんを目指していたとかとも仰っていた通りどちらかというとそっち系のアプローチだったんですね。

#言いたいこと先行で「じゃあこの娘たちならこれ(自分の考えていること)をどう言うのかな?」ではなく、まず「この娘らならどう感じるのかな?」から入るという理解です。
[ 2007.02.10(Sat) 23:12] URL | まぬけづら #d8HClGl2 | EDIT |

 あー、たぶんそんな感じです。
 
 姉美はまぬけづらさんのおっしゃるのに近いです。
ウチの感覚としては「怠惰」+「正直」+「ビビリ」
 姉美は基本的に毒を吐きません。言いたい事を言ってるだけです。
 まあそれが毒なのだといわれればそうなんですがw 本人は良かれと思ってるのですよ。たぶん。

 構成を練るタイプっていうのはいわゆる【ストーリー重視】ということですよね。
 自分はストーリーの面白さよりキャラの魅力を求めちゃうんでどうしてもそういうアプローチができません。

 ストーリーの都合でキャラに合わない行動をする、みたいなのは個人的に一番好ましくない対応。
 だからどうしてもキャラ先行になってしまって、ストーリーに制約を受けちゃうんですよねw

 言いたい事先行のときは「このキャラはそういう風に感じるかどうか」を考えます。喋らせてみて違和感がないかどうか確認して、キャラに合う言動なら本採用、という感じですかね。
  
 結果として、誰の言葉としてもしっくりこなかったら(=誰のキャラとも合わなかったら)不採用になってしまいます。
 そんなときは自分の言いたいことも言えない、ということになるのですよ。 
 そんな時に「新キャラ作ろうかな」と思うのです。
[ 2007.02.11(Sun) 20:49] URL | むにゅ>まぬけづらさん #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/361-3aa57f63
 ← あにたむQ&A 回答編 その11 | TOP | web拍手レス的なもの

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。