TOP > がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第5話
 ← 脳はどのように動いているか | TOP | 雑記+web拍手レス 2/5、6

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第5話 

2007年02月07日 ()
がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 火曜 27:10 TVO
第5話 「ふたりっきりの、夜」

 雨、です。
 お天気をキャラクターの心情、あるいは展開とリンクさせる演出はかなりベタではあるんですけど、今回のお天気演出はとても私好みのものでありましたよ。

 私とあなたは友達じゃないけど、私の友達とあなたは友達
 だいたいそんな感じの学園まなび日和でした。
 
※元ネタをばらすとJASRA〇から請求が来そうなのでおくちにチャック。

 どうでもいいですが、サブタイトルを聞いて快傑蒸気探偵団OP「君、微笑んだ夜」を連想した私は大丈夫なんでしょうか。
 考えてみれば、あんなにキャラが薄いナースメイドを見たのは金輪際あのアニメくらいです。麻宮騎亜って今何してるんでしょうね。


 本題に入ります。
 序盤の曇り空は波乱の予兆を感じさせ、人間関係に悩むみかんの葛藤とともに激しい天候も荒れ模様になってゆきます。
 画面も暗ぼったくなり、先行きの見えない感覚を視聴者に与えてくれますし、嵐の前に感じるあの言い知れないワクワク感をも喚起させてくれますよ。

 雨は誰彼構わずびしょ濡れにして、むつきも少々辟易気味。
 それはウジウジと悩みをぶつけてくるみかんの煮え切らない態度そのものだったりするわけですが。
 
 でも、雨はいずれ止むもの。雨降って地固まる。
 手紙という手段を見つけ出したみかん、回復した天候と共に重くどんよりとしていた心も晴れ晴れと…あれ?してない?

 と、思ったら。
 晴れた空とともにやってきたのは、めえちゃんからの手紙。
 それを読んだみかんの気持ちは、今度こそ。
 青い空の元、笑顔とともに駆けるみかんの姿が眩しかったのでした。

 素晴らしいです。

 お互いに歩み寄った2人は一週間をかけて共に過ごし、ぶつかり合うことで間合いを把握できるようになっていきました。
 
 さて、後半の星空を一緒に仰ぐシーン。
 芝生に寝転んで『同じ目線で星を見ること』は、自分の見ている世界を相手に見せようとするみかんの意志が感じられますし、そのスタイルを受け入れた芽生ちゃんが『椅子から見た星空との違い』に気付くシーンは「同じ場所にいても違うものを見ていたこと」をはっきりと印象づけてくれます。

 そこに挿入されるむつきと下嶋先生のカットは「離れていても同じ空の下にいること」を感じさせてくれますね。
 それと同時に、現時点でのむつきの立ち位置、というのも現れている感じですね。「一段上にいて主人公達を見守る存在」というポジション。
 積極的に世話を焼くでもなく、下嶋先生ほどに見守りに徹するわけでもなく。適度な位置からさりげなく助け舟を出しながら、でもまだ生徒会の側にいるわけではなく、自分は自分という立ち位置。
 とはいえ、先生ほどに達観した位置にいるわけではないので、振り回されることも多いし、いずれは「主人公の1人」として壁にぶつかったりもするのかな、という感じでしょうかね。

 いやそんなことより何より手を繋いで同じ時間を過ごすっていう限りなく甘ったるい姿にもうキャー!!だったりするのは内緒(このへんのスキンシップによる心の繋がりの確信なんかは男には観念的な理解しかできないんでしょうねー)

 あと、微妙にまほらば#17(そらのいろ)を思い出したのも秘密(ピンポイントすぎる)。 

 そんな風にそれぞれが星空の元で思いを巡らしている中で桃はひたすらマイペースなわけですがw
 このあたり、桃はあくまで「生徒会」側ではなく「一般生徒」側にいることを暗示してますかね。面白ければ関わってくるけれど、そうでなければわざわざ近づいてはこない。
 報道という立場から「あくまで中立」という印象もありますが。とにかく「桃の興味を引き、巻き込む事がまず第一歩」ということなんでしょうね。桃を引き入れるだけの「求心力」があれば、学校中も巻き込めるでしょう。

 それにしても、ソファにねっころがって音楽を聴きながら雑誌を読む姿は「ごく普通の高校生の無限にも思える時間の無駄遣いを楽しんでいる」感が出ているなー、と。
 生徒会とは関係ないところでそれぞれの時間が過ぎている、という【当事者とは無関係な世界の営み】がものすごくリアリティを感じさせます。見えているものの外にも世界はちゃんと広がっているんだな、という「世界の広がり」をしっかりと伝えてくれていると感じました。    
スポンサーサイト
[2007.02.07(Wed) 23:35] 未分類Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 脳はどのように動いているか | TOP | 雑記+web拍手レス 2/5、6

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/352-a1c2d176

[アニー] 2人とは、光香と芽生でした[スージー] 意外だったわね。シモジーと学園長だと思ってたのに[アニー] そのボケはもういいですから
[ 2007.02.09(Fri) 06:47 ] アニすじ!
 ← 脳はどのように動いているか | TOP | 雑記+web拍手レス 2/5、6

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。