TOP > Kanon 第15話
 ← 電波DEリ・マージョン終了+web拍手レス | TOP | おとぎ銃士赤ずきん 第28話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Kanon 第15話 

2007年01月14日 ()
×Kanon 木曜 25:00 BS-i 
 第15話 「かくれんぼの小奏鳴曲~sonatine~」 1/11 放映

 やっぱり、無意識とはいえ自作自演オチはなしだよなー。

 舞編はKanonの中でもその屈指のストーリーの微妙さから個人的に一番評価が低かったわけですけど、それに輪をかけて尺が短く、なおかつ見せ場がアクションシーンだったという「番組に対してのちぐはぐさ」から、やっぱり微妙でした。
 視聴者はカッコ良く立ちまわる舞を見たくてKanon見てるわけじゃないと思うんだけど…。それを見て楽しめる人は多いと思うけれど、それを期待して、っていう人はどんだけいたかっておもうとやっぱり「スタッフが見せようとしているもの」がどこにあるのかわかんなくなります。

 まあでも、舞編を自分がいかに覚えてないかもわかったし、舞編を誤解していたってのも理解できました。それは収穫。
 ひょっとしたら、Kanon原作そのものが持っているテーマを、私はずっと理解してこないまま来てしまったのかもしれないとすら思えてきました。

 以下、つらつらと。

 
 佐祐理さんは放置ですかそうですか。
 まあ彼女のフォローは後々するのでしょうけど、祐一と舞の世界に佐祐理さんが入り込む余地すらないのが何よりもショックです。
 舞が佐祐理に秘密を話さなかったのは、佐祐理を心配して、というよりは「佐祐理に受け入れてもらえないかもしれない」という恐怖心からだと私は解釈してます。「あさっての方向。」で尋兄がからださんに真実を告げられなかったように、舞はどれだけ仲良くなっても佐祐理さんを「信じきれなかった」。本当の自分を見せたら、麦畑の少年のように自分を置いていってしまうかもしれないから。
 失いたくない、という気持ちは同じだけれど、その根源にあるものが違ってるんですよね。
 舞はそんな利己的な理由から佐祐理に真実を告げられないし、佐祐理の抱える疎外感や不安に気付く事ができない。佐祐理が何を考え、どれだけ舞を想っているかを想像できない。佐祐理が真実を告げてくれない舞と祐一にどれだけ寂しい想いをしているかまで考えが及ばない。舞を失ったらどれだけ佐祐理が傷つくかも。
 それは佐祐理の「舞と祐一を信じる気持ち」が足りないという事でもあるんだけど、ぽっと出の祐一がいとも容易く舞の心に入り込んで、自分の預かり知らないところで何やらこそこそしているのを知って落ちついている方が無理。
 それに嫉妬しつつも佐祐理だって祐一は嫌いじゃないし、何より佐祐理は舞が幸せならそれでも我慢しようとして、でも、やっぱり心配で。
 危ないことをしているなら止めたい、でも自分の不用意な一言が元で舞や祐一に嫌われたくない。
 そんな佐祐理の気持ちを他所に、祐一と舞は2人だけの世界を構築して。
 祐一は自分の説明が足りなかったことを反省もせず(これ重要)。
 舞は自分の能力(=自分)が祐一や佐祐理を傷つけたことを許せない。自分を罰するため、そして能力そのものを消すため、あと何よりも「犯してしまった過ちとかいろんなものから逃げるため」に自決。でもホントは死にたくないから自分で自分を修復→事実上のパフォーマンスで終了。
 ひどい人達だなw
  
 祐一、せめてもう少し佐祐理を心配してやってください。 
 栞の面倒を見るのも良いですが、お見舞いくらいは行ってくれるよね?
 でないと、エンディングが…(ネタバレ回避のため詳しくは語るまい)。

 
 さて、舞編終了ですが。
 現状で舞の母親が全く出てこないあたり、実はもう死んでるのかと思いました。あの人が生きてればもう少し舞もまっすぐに育ったと思うんですけど。実際、どうなんでしょう。
 いずれにしても、Kanonって祐一が「後腐れの無い縁の切り方」を実践できない事に端を発していることが明確になりましたねー。本人は一週間もすれば忘れてるんだろうか。記憶を封印するとかじゃなくて、ナチュラルに。イジメをした方は覚えてないけどされた方は覚えているような差。祐一って次々と女の子を誘っては遊び、誘っては捨て、を繰り返してたんでしょうなー。
 大抵の女子は同じようにそれを忘れてしまったけど、友達いなくて孤独な舞とかあゆとか(あと真琴も一応)は忘れることなく…という。 
 Kanonとは、主人公が過去の不始末のけじめをつける物語である。
 そんな感じになってます。
 それで良いか。

 次回は名雪ルート発動のようにも見えますが。

 秋子って実は、名雪のスタンドなんだぜ。
 なんてことになっても驚かない世界観になってきてるような気がします。
 奇跡の価値は、回数に反比例する。
 スタッフさんにはそれを理解した上でがんばってもらいたいですね。


★TBどもっすー。
解読不能…orz → アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
このシーンのように舞が満月の中→アニすじ! さま
過去5年間の京アニ作品の中では→電撃JAP さま
強いて言うなら、真琴みたいに→神音の萌え源泉 さま
全然覚えてねー!ヽ(`Д´)ノ→King Of ヘタレ日記 さま

シナリオを噛み砕いたスタッフの勝利→「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 さま
感想書くの忘れてたwww →アバトーンの理想郷 さま
スポンサーサイト
[2007.01.14(Sun) 18:23] 未分類Trackback(7) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 電波DEリ・マージョン終了+web拍手レス | TOP | おとぎ銃士赤ずきん 第28話

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/307-9f637502

感想書くの忘れてたwww今更な感じだけど書きましたよ(ぉ私的に舞編は終わるの早かった気がしたんですが・・真琴編よりはちょっとあっさり終わりすぎてたかな?バトルやキャラの動きはこちらのほうが気合入っ
[ 2007.01.19(Fri) 16:42 ] アバトーンの理想郷

いよいよ舞シナリオも佳境です。一体、どう見せるのか…気になります。で、始まってみれば至極真っ当にシナリオが進行している。違和感の感じる余裕なんぞコレポッチも無いのでした。見事としか言いようがありません。kanon Original Soundtrack KSLA-0006このCDが、ゲ

■Kanon■
[ 2007.01.17(Wed) 00:38 ] King Of ヘタレ日記

ついに舞シナリオラスト!予想通り・・・
[ 2007.01.16(Tue) 21:51 ] 神音の萌え源泉

(月の見た目の大きさは、腕をいっぱいに伸ばした手に持った五円玉の穴よりも小さい)■夜 学校舞と祐一、背中合わせに立っている[川澄舞] 祐一、私との稽古を思い出して。体が覚えてるはず舞、走り出す[川澄舞] ふ
[ 2007.01.15(Mon) 13:13 ] アニすじ!

京アニガチ伝説の終焉。゚・つД`)・゚・。
[ 2007.01.15(Mon) 00:39 ] 電撃JAP

解読不能…orz(゚Д゚)ハァ? なんだこの糞シナリオ…全くついていけねえよ…orz舞編ってこんな話だっけ?ほとんど覚えてなかったけど、東映版で見た時はそんな悪い印象はなかったんだがなぁ…あんまり幻滅させてくれん
 ← 電波DEリ・マージョン終了+web拍手レス | TOP | おとぎ銃士赤ずきん 第28話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。