TOP > 第3回終了アニメ調査((2006/10-12月期)
 ← あさっての方向。 最終回 | TOP | 魔弾戦記リュウケンドー 最終回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 第3回終了アニメ調査((2006/10-12月期) 

2007年01月04日 ()
アニメ調査室(仮)さんの調査にかこつけて冬終了アニメを振り返ります。

あさっての方向。が終了次第、評価を確定させて参加させていただく予定。
参加しました。

2007冬(2006/10-12月期終了アニメ)調査

01,009-1,F
02,働きマン,F
03,ケモノヅメ,Z
04,はぴねす!,D
05,僕等がいた,C
06,バーテンダー,Z
07,N・H・Kにようこそ,B
08,HANOKA~葉ノ香~,F
09,あさっての方向。,A
10,ちょこッとSister,B
11,銀色のオリンシス,C
12,NIGHT HEAD GENESIS,F
13,少女チャングムの夢,F
14,ProjectBLUE 地球SOS,Z
15,BLACK BLOOD BROTHERS,C
16,くじびきアンバランス,S
17,Funny Pets 2ndシーズン,x
18,イノセント・ヴィーナス,Z
19,魔法食堂チャラポンタン,Z
20,らぶドル ~Lovely Idol~,F
21,乙女はお姉さまに恋してる,D
22,ギャラクシーエンジェる~ん,F
23,ザ・サード ~蒼い瞳の少女~,F
24,爆球Hit!クラッシュビーダマン,F
25,ツバサ・クロニクル 第2シリーズ,D
26,BLACK LAGOON The Second Barrage,A
27,Gift ~ギフト~ eternal rainbow,B
28,砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2,Z
29,ワンワンセレプー それゆけ!徹之進,F
30,増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 2,F
31,夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-,E
32,マージナルプリンス ~月桂樹の王子達~,F

以下注意
33,ウサハナ(キティズパラダイスPLUS内),x
34,けろけろけろっぴ(キティズパラダイスPLUS内),x



{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)
★評価基準
 たとえつまらないと思うアニメでも「面白くなるかも/なってほしい」という期待をさせるアニメは最後まで視聴することになるんですけど、その「期待の大きさ」に対する満足度が最終評価になります。
 だから、序盤で期待値を高めに設定した場合には後半で維持できないと「失望」することになり、最終評価は下がります。逆に最初に微妙な印象でも、後半で盛り返すとそのギャップで高め評価になることも多いです。 
 あとは、密度の濃さですかね。スタッフさんの気合というか、魂を込めて作ったアニメは自ずと密度が濃くなるんで、それが良い方向で出てれば。


16,くじびきアンバランス,S
 序盤は「見切るほどのつまらなさじゃない」程度だったけど、中盤の細かい演出と終盤の追い込みに開眼。キャラクターの内面描写の演出は職人芸。
 突飛な設定ではあったけど、基本構造は「げんしけん」と同じ「若人たちの今」だったんですよねー。
 視聴者側に「考える余地」を与えてくれるという点で、ものすごく良いアニメだったとおもいます。キャラが立ってるからこそ、それができるんで。

09,あさっての方向。,A
 第1話でSクラス認定をしてしまったのでそれを維持できるかどうかが鍵(自分の中では6話がピーク←5話ですた)。
 限りなくSに近いAということで。Sでも全然遜色ないですが、やっぱりボルテージの上げ方、というか構成が尻すぼみなのが残念なところです。
 人物描写、演出は間違いなくSクラス。萌え要素も含めて一流の作品かと。多分、見れば見るほど発見があるんじゃないでしょうか。

26,BLACK LAGOON The Second Barrage,A
 極限まで密度を高めた、良い意味でのB級。わかりやすいキャラ造型、キレの良いアクション、ケレン味たっぷりのセリフ回しがコテコテで良かったと思います。それだけに人を選びますけど。
 
07,N・H・Kにようこそ,B
 結構楽しめました。キャラ立ってましたし、演出も良かった。でも、感情移入はできなかったです。同族嫌悪でしょうね。岬ちゃん崩壊時には自分も死にたくなりましたよ。つらい事9割って厳しすぎますもん。

10,ちょこッとSister,B
 エロ萌えコメディ、ちょっと感動のスパイス。やりたい事がはっきりしてたから素直に楽しめました。

27,Gift ~ギフト~ eternal rainbow,B
 「もしもし」とか「爪」とか、見たいものはきっちり見せてくれたとおもいます。全く期待していなかったわりには楽しめたですが、期待した途端に肩透かしな部分もあったので相殺。その他キャラが空気すぎて誰一人名前を覚えてません。男キャラはやたらキャラが立ってたのにね。
 霧乃の決着を納得のいく形で出してくれたのは好印象でした。

05,僕等がいた,C
 いろんな意味で空気化してますか?
 タイトルから理解すべきだったんですけど「若者たちの今」と見せかけて「あの時輝いてた私達」という思い出話だったあたりがどうにもこうにも。 
 心理描写がキャラのモノローグメインで自己陶酔タイプなのがネック。『ハチクロ』も同じタイプでダメでした、共感できないと生理的に受けつけないのですよね。アニメなんだから画面で語れと。
 まあでもキャラは立ってたし展開も気になった、普通に良いアニメ。何より水ちん@清水香里が良かったです。

04,はぴねす!,D
 恋愛青春・お色気学園コメディ・シリアス人間ドラマのどれを一番描きたかったのかが不明瞭で中途半端な印象でした。序盤のほのぼのハッピーな雰囲気が一番好きだったので終盤は退屈に感じた、ゆえにこの評価。

21,乙女はお姉さまに恋してる,D
 学園萌えコメディーとしては優秀。ただキャラを使いきれてないのが難。お当番キャラが「シリアスに掘り下げるだけの下地」を持っていたかどうか微妙なので、全編通してドタバタ回に徹してしまえばもっと楽しめた気がします。
 キャラ造型とスタッフの地力を考えると、もっと上を目指せたのではないかという意味でこの評価。このスタッフには永遠にこういう期待をして微妙に裏切られるんだとおもいます。それもまた良し。

31,夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-,E
 期待はしてなかったけど、その斜め下を行く作画に見切りをつけられなかった。どこまでひどくなるのか、という期待感で見てたという意味では及第点なのかもしれませんです。薄いアニメでした。
 
スポンサーサイト
[2007.01.04(Thu) 02:53] 雑記・アニメその他Trackback(1) | Comments(7)
↑TOPへ


COMMENT

by 愚兄チャベス
>評価基準
よくわかります。
1回ガチ認定しちゃうと求めるレベルが高くなるからちょっとでも失速すると評価低くなりがちですよね。
逆に全然ガチじゃなかったのに思いのほか面白いと評価高くなりやすいですね。(うちの場合すももとかまさにそう)

>自分の中では6話がピーク
6話がピーク??8話じゃなくて?
6話ってテツとからださんが洞窟に行く回でしょ?
あの回ってピークといえるほど良い回だったのですか?(チャベス的に6話はあさっての中では並程度)

むにゅさんのあさって最終評価も気になります。

他の作品はくじアン以外は大体同じような評価ですね。

>チャベスさん by むにゅ
 基準については、やっぱりそうなりますねー。
 何でもそうなんですけど、前評判が高いとハードルも自然と上がっちゃって、並以上のクオリティでも満足できない、みたいなことって結構あるんですよね。
 ぶっちゃけた話、なのはA'sとかはチャベスさんとかhalogenさんの意見を基準にしてたから、かなりハードル高めで見てたところがありますよね(だからウチでは必要以上に凡作扱いしちゃうんですよ)

 私はどっちかっていうと椒子さんの心情をメインで見てるからですよ。椒子さんの「忘れ物」が見つかったのは6話であり、それが私が一番この作品で見たかったところでもあるからです。
 娘さんが「あそぼっ」って椒子さんに手を差し伸べてくれて、それに椒子さんが応えたあの瞬間がそれです。
 何故かって言うと、私も「忘れ物」をしてきた人間だからです。だから、忘れ物をしなかった人にとっては特に気に掛ける必要のない回といえばそうなのかもしれませんね。

 8話は「からださんと尋兄の物語」にとってはピークだし、感動するとこなのかもしれないけど、私にとっては違和感が残ったのですよ。その違和感の理由はまだじっくり考えてみないとわかんないですけどね。
 単に私が椒子さん贔屓だからかもしれないけどw
 まあなんにせよ最終回を見てからですねー。

ごめん、あさってだけは妥協をしない男ですw by 愚兄チャベス
再度失礼。

>娘さんが「あそぼっ」って椒子さんに手を差し伸べてくれて、それに椒子さんが応えたあの瞬間がそれです。

そのシーンは5話でしょ?
娘さんって公園で影ふみして遊んだ小さい子供の事ですよね?それなら確実に5話です。(つーか、これを確認するために5話と6話をまた見返したw)
5話のこの下りは凄く印象に残ったのでここがピークと言われてもまだピンときます。

6話はテツとからださん(主にテツ)メインで、しょこさんの出番は買い物しててあみすけと顔あわせたとこと、洞窟から帰ってきたからださんを出迎える(5話のドロだらけになって帰ってきたしょこさんを出迎えるからださんと対になってる)とこくらいですからね。
テツメインの6話がピークといわれても全くピンときません。

「忘れ物」を見つけたしょこさんの心情メインで見るなら7話がピークだと思います。
あみすけに「友達できた?」って聞かれて自然とからださんを指差すあのシーンです。
7話も珠玉の名エピソードです。

(※参考資料:うちが書いたあさってエピソード別評価まとめw)
http://chavez.blog70.fc2.com/blog-entry-327.html

私もからださんだけじゃなく、しょこさんにも凄く感情移入して見てましたよ。
しょこさんの心情視点で7話がピークというのも踏まえつつ、からださんとヒロ兄の物語が頂点に達した8話があさってのピークだったと私は言っているのです。

…やっぱ私はあさっての事になるとムキになる節があるw
私はあさってをガチで愛してるんだと改めて再確認してしまったw

p.s.カラオケ会合の前にちゃんとあさって最終話を見ておくようにw
あさって最終評価談義しますからねw

あうち by むにゅ
 そ、そうなのかー。
 すいませんちゃんと確認すべきでしたわ。やっぱり何が良かったとかそういうのは苦手…。前後の繋がりとか時系列が全然わかんなくなっちゃうですー。
 好き好き言ってても全編まんべんなくしっかり見れないのが私の致命的な欠点なのですよ。サブタイトルと内容を関連付けて覚えたりできないダメ人間です。

ありがとうございます by アニメ調査室(仮)
ご参加いただきありがとうございます
データは回収させていただきました
結果発表は1/27の予定です
気長にお待ち下さい

アンケートのお願い by アニメ調査室(仮)
再び、失礼します
2007/1-3月終了アニメ評価の調査を始めてみました
結果発表は5/5予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
よろしくお願いします

by むにゅ
>アニメ調査室(仮) さま
 了解しましたー。ひだまりスケッチが終了したらやってみることにしますねー。

コメントを閉じる▲

 ← あさっての方向。 最終回 | TOP | 魔弾戦記リュウケンドー 最終回

COMMENT

>評価基準
よくわかります。
1回ガチ認定しちゃうと求めるレベルが高くなるからちょっとでも失速すると評価低くなりがちですよね。
逆に全然ガチじゃなかったのに思いのほか面白いと評価高くなりやすいですね。(うちの場合すももとかまさにそう)

>自分の中では6話がピーク
6話がピーク??8話じゃなくて?
6話ってテツとからださんが洞窟に行く回でしょ?
あの回ってピークといえるほど良い回だったのですか?(チャベス的に6話はあさっての中では並程度)

むにゅさんのあさって最終評価も気になります。

他の作品はくじアン以外は大体同じような評価ですね。
[ 2007.01.05(Fri) 07:02] URL | 愚兄チャベス #LjveDjGg | EDIT |

 基準については、やっぱりそうなりますねー。
 何でもそうなんですけど、前評判が高いとハードルも自然と上がっちゃって、並以上のクオリティでも満足できない、みたいなことって結構あるんですよね。
 ぶっちゃけた話、なのはA'sとかはチャベスさんとかhalogenさんの意見を基準にしてたから、かなりハードル高めで見てたところがありますよね(だからウチでは必要以上に凡作扱いしちゃうんですよ)

 私はどっちかっていうと椒子さんの心情をメインで見てるからですよ。椒子さんの「忘れ物」が見つかったのは6話であり、それが私が一番この作品で見たかったところでもあるからです。
 娘さんが「あそぼっ」って椒子さんに手を差し伸べてくれて、それに椒子さんが応えたあの瞬間がそれです。
 何故かって言うと、私も「忘れ物」をしてきた人間だからです。だから、忘れ物をしなかった人にとっては特に気に掛ける必要のない回といえばそうなのかもしれませんね。

 8話は「からださんと尋兄の物語」にとってはピークだし、感動するとこなのかもしれないけど、私にとっては違和感が残ったのですよ。その違和感の理由はまだじっくり考えてみないとわかんないですけどね。
 単に私が椒子さん贔屓だからかもしれないけどw
 まあなんにせよ最終回を見てからですねー。
[ 2007.01.05(Fri) 22:29] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

再度失礼。

>娘さんが「あそぼっ」って椒子さんに手を差し伸べてくれて、それに椒子さんが応えたあの瞬間がそれです。

そのシーンは5話でしょ?
娘さんって公園で影ふみして遊んだ小さい子供の事ですよね?それなら確実に5話です。(つーか、これを確認するために5話と6話をまた見返したw)
5話のこの下りは凄く印象に残ったのでここがピークと言われてもまだピンときます。

6話はテツとからださん(主にテツ)メインで、しょこさんの出番は買い物しててあみすけと顔あわせたとこと、洞窟から帰ってきたからださんを出迎える(5話のドロだらけになって帰ってきたしょこさんを出迎えるからださんと対になってる)とこくらいですからね。
テツメインの6話がピークといわれても全くピンときません。

「忘れ物」を見つけたしょこさんの心情メインで見るなら7話がピークだと思います。
あみすけに「友達できた?」って聞かれて自然とからださんを指差すあのシーンです。
7話も珠玉の名エピソードです。

(※参考資料:うちが書いたあさってエピソード別評価まとめw)
http://chavez.blog70.fc2.com/blog-entry-327.html

私もからださんだけじゃなく、しょこさんにも凄く感情移入して見てましたよ。
しょこさんの心情視点で7話がピークというのも踏まえつつ、からださんとヒロ兄の物語が頂点に達した8話があさってのピークだったと私は言っているのです。

…やっぱ私はあさっての事になるとムキになる節があるw
私はあさってをガチで愛してるんだと改めて再確認してしまったw

p.s.カラオケ会合の前にちゃんとあさって最終話を見ておくようにw
あさって最終評価談義しますからねw
[ 2007.01.06(Sat) 00:41] URL | 愚兄チャベス #LjveDjGg | EDIT |

 そ、そうなのかー。
 すいませんちゃんと確認すべきでしたわ。やっぱり何が良かったとかそういうのは苦手…。前後の繋がりとか時系列が全然わかんなくなっちゃうですー。
 好き好き言ってても全編まんべんなくしっかり見れないのが私の致命的な欠点なのですよ。サブタイトルと内容を関連付けて覚えたりできないダメ人間です。
[ 2007.01.06(Sat) 08:03] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

ご参加いただきありがとうございます
データは回収させていただきました
結果発表は1/27の予定です
気長にお待ち下さい
[ 2007.01.13(Sat) 10:40] URL | アニメ調査室(仮) #- | EDIT |

再び、失礼します
2007/1-3月終了アニメ評価の調査を始めてみました
結果発表は5/5予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
よろしくお願いします
[ 2007.04.07(Sat) 19:33] URL | アニメ調査室(仮) #BejLOGbQ | EDIT |

>アニメ調査室(仮) さま
 了解しましたー。ひだまりスケッチが終了したらやってみることにしますねー。
[ 2007.04.07(Sat) 21:45] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/297-ed52dd3c

ご参加ありがとうございました こちらが結果発表になります
[ 2007.02.03(Sat) 14:12 ] アニメ調査室(仮)
 ← あさっての方向。 最終回 | TOP | 魔弾戦記リュウケンドー 最終回

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。