TOP > 呼吸をするように言葉を吐くのよ
 ← デジモンセイバーズ 第34話 | TOP | 無重力地下放送 第5回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 呼吸をするように言葉を吐くのよ 

2006年12月14日 ()
アー・エール!
みなさん、ごきげんよう。

最近ずっとテンションの低い記事ばかりで辛気臭かったわね。
もともとキャラが固定しない人間だから、ここのところずっと迷走していたの。寒さと寂しさで鬱モードだったのもあるわ。

でも、今夜は随分と気分が良いから、ちょっと気合を入れていくわよ。

あ、言っておくけど。
チャベスさんが会おうってメールをくれたから浮かれているってわけじゃないわよ。
…口に出す事じゃないわね。
やっぱり浮かれているのかしら。まあいいわ。ささいなことよ。
でも、もし何らかのトラブルでメールがちゃんと届いていなかったら、相手には何も伝わらないでしょ?下手をすれば「返事がない」って誤解すらされかねない。小さな誤解が大きな亀裂を生むのよ。ダムと同じ。
だから、こうして何事もしっかり言葉を残しておくことは必要なのよ。
メールはちゃんと届いているし、返信もしたわ。ちゃんと返信なさいね。
ここまでは事実上の私信。

追記では、どうでもよさそうなことを喋っていくわね。

この口調って異常に話しやすいのよね。何故かしら。
ひとりごとに向いているってことなのかしら。だとしたら興醒めね。

まあそんなことはどうでも良いわ。この喋り方だと滑らかに考えが進むのよ。
ネカマだとか、そういう勘繰りはおやめなさい。
どうせネット上だけの口調なのだから、想像する時には「さばけた感じのおねーさん」くらいに都合のいいイメージを膨らませておいたほうが精神衛生上、何かと良いものよ。
 
なんだか言い訳じみてきたから、この話はここでおしまい。

次いくわね。
奇々怪界2、PS2にて発売決定
らしいわよ。
真夏のリンガリングコールドさんからの情報で知ったのだけれど、これはかなりショックね。 
だって小夜がものすごく成長しているんだもの。

 あ、ちなみに、Lumyさんとキャラが若干かぶっているのは仕様なのよ。彼のブログスタイルの影響を密かに受けているのは事実。でも、もともとウチは姉美っていうキャラがいたし、完全にパクリというわけでもないことはわかってもらいたいところ。あんまり気にしないのがネットを楽しむコツよ。

 閑話休題。
 それにしても、何故「今」なのかは気になるところよね。
やっぱり、回帰現象なのかしら。時代のローテーションというやつ。
20年前に子供だったお父さんと、今現在の子供、両方を取り込もうって魂胆だけでなく、萌え指向のプチブルジョワ層を狙っているっていうのが商業的な見方なのよね。
 昔は小中学生がターゲットだったけれど、少子化やらなんやらで今はそこそこ経済的に融通が利く大学生とか若い社会人も狙っていかないとやっていけないってことね。そう考えると「小夜のエロス化」もむべなるかな、と思えなくもないけれど、なんだか寂しいわ。
 小夜は小夜のまま、ちっちゃくて可愛いイノセントな娘でいてほしかったけれど、やっぱり時間というのは残酷、ということかしら。
 は、いけないわ。これって年寄りの発想よね。そうしたら、小夜の成長を喜ぶべきなのかしら?でもそれだと何だか母親気分よね。どっちにしても、そういう方向性しかないのかしら。せいぜい懐古厨にならないように気をつけなくちゃ。
 
ドラゴンクエストⅨ DSで2007年発売決定
 DSよDS。ハードとしてPSは見捨てられた、と見て間違いないわね。
 もちろん、極論よ。本気にしないでね。でも実際のところ、ドラクエには過剰なグラフィック能力は必要ないと私はおもうから、DSで作るのは妥当な判断だと認識しているわ。
 ドラクエのエッセンス、とでもいうのかしら?そのアイデンティティは結局「堀井シナリオ」「鳥山デザイン」「すぎやまミュージック」なわけだもの。
 リアリティ溢れる背景だの、派手なモーションだのは見目良いかもしれないけれど、ゲームそのものの楽しさってそういうところから生まれるわけではないのではないかしら。グラフィックの向上からは、想像する楽しみが段々奪われていくような気がしてなんだか寂しいわよね。そう思わない?
 情報の欠如というのは、それを補う歓びを人に与えてくれるもの。私達がドット絵にすら萌えを感じる事ができるのは、想像力があるからよ。
 ドラクエの中の「堀井イズム」は、その「想像する楽しさ」を何よりも大切にしているとおもうの。主人公が基本的に一切喋らないのは、プレイヤーである私達に主人公がどう喋っているのか、を考えてもらうためなのよ。
 最近のRPGではお馴染みの「名前つき主人公」が私達の思惑と全く違う言動や行動を繰り返して感情移入できない、ということ、あるでしょ?
 ドラクエの根底にあるのは「プレイヤーが自らそう望んで」シナリオに従うように誘導するっていうTRPG的思考。GMは「プレイヤーがストレスに感じない程度に自由に振舞わせ」、プレイヤーは「シナリオの趣向を受け止めて、それにノってキャラを動かす」という共同作業がそこにはあるの。一方通行の関係ではないのよ。それができていないと、「製作者のオナニー」「押しつけがましい」って言われてしまうわけ。
 だから、自由にしつつも製作者の誘導にも則ってロールプレイをするのがプレイヤーの義務。そのうえで、主人公キャラを自分の分身として、そのキャラを「作って」いくのがその楽しみ方なのよ。そのキャラがどう人とコミュニケーションを取り、何を考えて行動し、何を求めるのか。自分だけの「主人公」を作り出せる醍醐味。それがドラクエをドラクエたらしめているの。だから、ドラクエがRPGって銘打っているのは必ずしも見当違いとは言えないのよ。
 余談だけれど、自由度が高い、が売りのゲームでたまにあるのが、プレイヤーが「何をしていいかわからない」というようなゲーム。あれは製作者側が「どういう楽しみ方をさせようとしているかを明示しきれていない」ということ。自由度の意味を履き違えているだけなのよね。そんなゲームを買っちゃう方も買っちゃうほうだけれどね。

 ところで、音楽…音質に関してははディスク媒体の方が絶対的に良好だけれど、必ずしもそれがメリットだけ、というわけではないと私はおもっているの。
 ゲームというのは、デフォルメの世界。だから、音楽もそれに合わせてそれなりにデフォルメされることでバランスが保たれたり、「音を絞り込む」ことでシェイプアップがなされて印象的になったりすることってあるとおもうのよ。
 まあこれは単に、私の脳味噌が情報過多だとオーバーフローしてしまうからっていうのがあるからかもしれないわね。子供の頃に貧相な音ばっかり聞いて育ったからそんな風になっちゃったのかもしれないけれど。だとしたら、やっぱり音楽も映像も美麗なものを見ておいたほうが良いのかしら?
 
 なんだかゲームの話ばっかりになってしまったわね。最近ろくにやってもいないのに偉そうに語っているなんて滑稽だわ。
 でも、そういう日だってあっていいと思うの。いつだって今日には今日の風が吹いているものなのだもの。
 
 じゃあ、今回はこの辺で。
 でわでわ~★
 
スポンサーサイト
[2006.12.14(Thu) 03:47] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by 愚兄チャベス
うふふw浮かれてるむにゅさん萌えっ☆
私も大概浮かれてますよwむにゅさんと会ったら何しようとか頭の中でひたすらシミュレーションしてたしww(仕事中にw
メールはちゃんと届きましたよ。またこっちから色々書いてメールしたのでよろしくです。

チャベスは2年ほど前までは根っからのゲーマーだったのに、最近はめっきりやらなくなりました。
なんか、ゲームやるのは邪魔くさいって気持ちが強くなったし、ゲームをやる時間があったらブログをやりたいって気持ちもありますね。
今のチャベスは根っからのブロガーですw

ゲームに対する興味がなくなる一方(新ハードも全然欲しくない)だけど、ドラクエだけはやっておきたいですなー。
受動的な映画的RPGより、ドラクエのような自分で物語を紡いでいってる感が味わえる能動的なRPGの方が断然好きですしねー。

返>愛しのパルチャベスさま by むにゅ
チャベスさんおはようですー★

私もチャベスさんが嬉しそうにしてるのを見るだけでテンションが上がりますw なんかもうちょっと厄いです。
メール、返信したのでよろしくですよ~。

ゲームは年々やらなくなってきますねぇ。やるだけの意欲も時間も減っていく感じですよね。あと、やっぱり1人で黙々とゲムるのはなんか寂しいですw 交流があるぶん、ブログの方がなんぼか建設的ですよねー。

ドラクエも年々変に「プレイ時間引き延ばし系やりこみ要素」が増えてしまって困り気味なのですよね。アイテムコンプとか裏ボス攻略とか、収集癖のないむにゅには魅力がないです。
 受動的~はやっぱり違和感がありますねー。自分の意志を尊重した上で引き込んでくれるなら良いですけど、主人公がDQNだったりするゲーム多いみたいですから。FFとかFFとかFFとかw こればっかりは相性なんでしょうね。

by サトシアキラ
 どうもこんばんはです。

 むにゅさんの喋り方を見ていると、勝手に高橋理恵子さんのお声に脳内変換されてしまうのですが構わないでしょうか?

>奇々怪界2、PS2にて発売決定

 うわぁ…ゲーセンがまだ不良の溜まり場だったころによくプレイしました。敵をお札でやっつけるときの『ぽんっ』って音が耳にこびりついてます。
 
 確かに、何故いま20年前のものを?というものが目に付くようになりましたね。むにゅさんが仰るとおりの会社側のもくろみだとは思いますが、上手いなぁと思うのも事実ですね。

>ドラクエの中の「堀井イズム」は、その「想像する楽しさ」を何よりも大切にしているとおもうの。

 そういえばそうですね。基本的に主人公が喋った事を殆ど目撃したことがありません。
 ごく初期では台詞容量を減らすという動機も多分にあったでしょうけど、それが今となっては立派なアイデンティティになってますね。
 今や日本RPG界の巨頭となったFFの方は映画路線、かたやドラクエはあくまで純『コンピューターRPG』路線、とでも申しましょうか。

 …気がつくと、あんまり実のあること書かなくてスミマセン。オールドゲーマーはどうしてもこういった事に反応してしまって…

返>サトシアキラさま by むにゅ
サトシアキラさん、ごきげんよう。
ぶっちゃけ理恵子さんを意識して書いてます。ちゃんとそれが伝わってるのが嬉しいです~★

>奇々怪界
サトシアキラさんもそーいう世代なんですねw 私は経済的に苦しくてあんまやってないです。やっぱり、当時のゲームにインプリンティングされたうちら世代としては、ついつい目がいっちゃいますねw 夢幻戦士ヴァリスのエロゲはこけちゃったぽいですけどw

初期のドラクエは容量の限界を逆にうまく使いこなしてますよね。音楽も込みで。そういう努力こそが良ゲーを生む土台になるんですよねー。FFはおっしゃる通りです。ゲームの捉え方の違いがここまで方向性を変えるってことですねー。

 みんな同じですよw 私だって実のあることなんて何一つ書いちゃいないんですから。

コメントを閉じる▲

 ← デジモンセイバーズ 第34話 | TOP | 無重力地下放送 第5回

COMMENT

うふふw浮かれてるむにゅさん萌えっ☆
私も大概浮かれてますよwむにゅさんと会ったら何しようとか頭の中でひたすらシミュレーションしてたしww(仕事中にw
メールはちゃんと届きましたよ。またこっちから色々書いてメールしたのでよろしくです。

チャベスは2年ほど前までは根っからのゲーマーだったのに、最近はめっきりやらなくなりました。
なんか、ゲームやるのは邪魔くさいって気持ちが強くなったし、ゲームをやる時間があったらブログをやりたいって気持ちもありますね。
今のチャベスは根っからのブロガーですw

ゲームに対する興味がなくなる一方(新ハードも全然欲しくない)だけど、ドラクエだけはやっておきたいですなー。
受動的な映画的RPGより、ドラクエのような自分で物語を紡いでいってる感が味わえる能動的なRPGの方が断然好きですしねー。
[ 2006.12.14(Thu) 20:38] URL | 愚兄チャベス #LjveDjGg | EDIT |

チャベスさんおはようですー★

私もチャベスさんが嬉しそうにしてるのを見るだけでテンションが上がりますw なんかもうちょっと厄いです。
メール、返信したのでよろしくですよ~。

ゲームは年々やらなくなってきますねぇ。やるだけの意欲も時間も減っていく感じですよね。あと、やっぱり1人で黙々とゲムるのはなんか寂しいですw 交流があるぶん、ブログの方がなんぼか建設的ですよねー。

ドラクエも年々変に「プレイ時間引き延ばし系やりこみ要素」が増えてしまって困り気味なのですよね。アイテムコンプとか裏ボス攻略とか、収集癖のないむにゅには魅力がないです。
 受動的~はやっぱり違和感がありますねー。自分の意志を尊重した上で引き込んでくれるなら良いですけど、主人公がDQNだったりするゲーム多いみたいですから。FFとかFFとかFFとかw こればっかりは相性なんでしょうね。
[ 2006.12.15(Fri) 07:00] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

 どうもこんばんはです。

 むにゅさんの喋り方を見ていると、勝手に高橋理恵子さんのお声に脳内変換されてしまうのですが構わないでしょうか?

>奇々怪界2、PS2にて発売決定

 うわぁ…ゲーセンがまだ不良の溜まり場だったころによくプレイしました。敵をお札でやっつけるときの『ぽんっ』って音が耳にこびりついてます。
 
 確かに、何故いま20年前のものを?というものが目に付くようになりましたね。むにゅさんが仰るとおりの会社側のもくろみだとは思いますが、上手いなぁと思うのも事実ですね。

>ドラクエの中の「堀井イズム」は、その「想像する楽しさ」を何よりも大切にしているとおもうの。

 そういえばそうですね。基本的に主人公が喋った事を殆ど目撃したことがありません。
 ごく初期では台詞容量を減らすという動機も多分にあったでしょうけど、それが今となっては立派なアイデンティティになってますね。
 今や日本RPG界の巨頭となったFFの方は映画路線、かたやドラクエはあくまで純『コンピューターRPG』路線、とでも申しましょうか。

 …気がつくと、あんまり実のあること書かなくてスミマセン。オールドゲーマーはどうしてもこういった事に反応してしまって…
[ 2006.12.16(Sat) 22:33] URL | サトシアキラ #- | EDIT |

サトシアキラさん、ごきげんよう。
ぶっちゃけ理恵子さんを意識して書いてます。ちゃんとそれが伝わってるのが嬉しいです~★

>奇々怪界
サトシアキラさんもそーいう世代なんですねw 私は経済的に苦しくてあんまやってないです。やっぱり、当時のゲームにインプリンティングされたうちら世代としては、ついつい目がいっちゃいますねw 夢幻戦士ヴァリスのエロゲはこけちゃったぽいですけどw

初期のドラクエは容量の限界を逆にうまく使いこなしてますよね。音楽も込みで。そういう努力こそが良ゲーを生む土台になるんですよねー。FFはおっしゃる通りです。ゲームの捉え方の違いがここまで方向性を変えるってことですねー。

 みんな同じですよw 私だって実のあることなんて何一つ書いちゃいないんですから。
[ 2006.12.17(Sun) 15:15] URL | むにゅ #mYbggkm6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/262-bd945f5b
 ← デジモンセイバーズ 第34話 | TOP | 無重力地下放送 第5回

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。