TOP > Kanon 第10話
 ← リハビリ中~ | TOP | あさっての方向。 第8話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Kanon 第10話 

2006年12月09日 ()
Kanon 木曜 25:00 BS-i 
 第10話 「丘の上の鎮魂歌(レクイエム) ~requiem~」

何気に【全編通して夢オチ】宣言してませんでした?
なんなの?ファンタジーとして描きたいの?

で。
クライマックスでなんかいろいろ喋ってるんですけど。
森田さんだからか、ほんとにキョンかと。

萎えるわ。
余計なこと言わんでもいいのに。
伝わってない気がしてるから念のため言っておこうみたいな?
でもキョンの言ってること、意味ワカンネっす。
「みんなほんとうにお前が好きだった」のあたりが特に。
やっぱり伝わってないんだね。

いや、まあ泣いたけどさ。
それは私が真琴を好きだからであってね。
原作やってなかったら「ケッ」てなった。
そのくらい演出ひどかった…。
「もうすぐこいつ死ぬからそれまで我慢」的な雰囲気漂いまくり。
(冷静に見ると原作もそうだったハズなんだけど)

あとさ。
終わり方まで原作通りて。
みんなどう解釈するんだろうね。ちょっと楽しみ。

さて、追記でボロクソに叩いちゃうぞ★
(感情をぶつけるために書いてるので、文章としてはまともじゃないです)

 美汐×真琴の絡みのとこ。

 短けぇーよっ!!
 あっさりかよ。
 全然説得力ないじゃん。
 あそこはさぁ…もっとこう、時間かけるとこでしょ!?わかんないかなー?
 忘れていくことを必死で取り戻して、それはまたすぐに消えるけれど、でも、大切な想いだから頑張ってまた思い出して。
 その時間こそが想いの大きさを伝える要素なのに…。

 で、それを優しく厳しく根気を持って、見守ってはげまして叱咤する美汐を削るとかありえない。
 あれじゃぁ、ただのお助けキャラでしかなくて、全然深みがないじゃんよー。
 あそこで、美汐の本気を感じたから真琴は美汐にも心を開いて。
 美汐の名前を呼ぶくらいに受け入れて(=初めての友達として認めた)。
 祐一以外にも安心して仲良くなれる存在がいる、と気付く。
 そして、私(=主人公たる祐一)もまた、そこで大事な事に気付いて。
 それは、弱っていく真琴をただ見ているだけじゃなくて、できる限り真琴が生きる力を失わないように支えること…最後まであきらめないで、2人で一緒に生きていく時間を永らえること、そしてそれが幸福な時間であること。

 それは真琴のことに限ったことじゃなくて、家族というものに対する心構えとして普遍的で、でもすぐに忘れてしまうことでもあって。
 簡単に言えば介護の精神なんだけど。

 それがあるからこそ、それまでの水瀬家の対応が「腫れ物を扱うような」ものだったこと、それが「かりそめの客」に対するものと同じだった、ということが理解できてくるわけで。
 真琴がずっと水瀬母子に心を開かなかったのはそれを察していたから。名雪はずっと真琴を「あの子」呼ばわりしてハブってたし、秋子さんもあくまで「祐一の関係者」という位置付けでいた。
 
 その関係が、前述の美汐との件で祐一の肚が決まったことで変わって、秋子さんは正式に真琴を家族として受け入れた。名雪もその時点で「恋敵」という見方から「妹」という位置付けで見る事ができるようになった、という感じ。

 で、その流れがあるから、写真を撮る時に名雪が初めて真琴の名前を呼んだときに、真琴はその中に入る事ができた=ほんとうの家族になれた、という風につながる。

 んでも、やっぱり名雪は「いずれこいつ死ぬからそうしたら自分の天下」みたいな打算があったから余裕が持てた、というような気がする。
 名雪は基本的に排他的な子だからねー。あゆにもジェラってたし。
 それはまあいいとして。

 そんなわけで、なんかこう、ずっと違和感バリバリでした。
 それはきっと、自分の性格と祐一のタフネスっぷりの落差であり、演出する側の意図と受け入れる側の受け取り方のプロトコルが微妙にずれてしまっていた、という事実によるものなんでしょうねー。

 真琴が熱を出しているときに名雪が飲み込んだ言葉はなんだったのか。
 真琴が初めて秋子さんに声をかけたシーンをわざわざわかりにくい見せ方にしたのは何故なのか。
 秋子さんの涙はどういう涙だったのか。
 そういうちょっとしたところでの演出の意図がわかんない。

 あさっての方向。は現実感にあふれていて、何を伝えようとしているのかがわかるけれど、Kanonの映像はすごくわかりづらい。
 日本語で作られているのがあさっての方向。でKanonは英語、みたいな感じ。大まかには伝わってもニュアンスが伝わらない。 

 いろいろ難癖をつけてるけど、
 結局、自分はただ、許せないだけなんだろうと思う。

 祐一は、真琴と一緒にいて幸せだった?
 真琴の笑顔に、歓びを感じられた?

 アニメの祐一からは、それを感じられなかった。
 それを「夢」と呼び、いつか覚める事を冷静に受け止めて、
 祐一は、最後まで心から真琴を求めていなかったように見えた。
  
 真琴が、ほんの小さな存在でしかないような。
 いなくなっても何も変わらない、そういう存在でしかないような。
 
 それは自分が抱いた気持ちがその程度のものだ、と言われたような気持ち。

 時間かけてたけどさ。
 監督、真琴好きじゃないでしょ。
 なんかもう、機械的に処理してるでしょ。
 好きだったらもうちょっと愛情もって描けるはずだもん。
 舞も好きじゃないっぽいよね。
 まあいいや。

 次回以降とのつながりとか、全体見て作品としての評価はしますよ。
 でも、
 人物描写アニメとしては3流で決定。
 涼宮ハルヒは原作が秀逸だったってことかな。

 ※この文章は真琴厨の管理人が文句をいってるだけのもので、基本的に方向性がおかしいです。聞き流してくれると嬉しいデス。
 

★TBあうー
祐一の恋愛感情は間違いなく→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
でも、最後のカットは…どうとでも→サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 さま
この店のオーナーは→アニすじ! アニメあらすじ&レビューblog さま
それにしても、美しい・→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さま
スポンサーサイト
[2006.12.09(Sat) 00:54] 未分類Trackback(4) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← リハビリ中~ | TOP | あさっての方向。 第8話

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/256-13903c15

Kanon 2徐々に人間らしさを失っていく真琴。そんな彼女を優しく見守る名雪と秋子。祐一は、やがてその時が近づいていることを自覚し、美汐に真琴にあって欲しいと頼むのでした・・・。

(必要なのはタオルと水分補給)■祐一の部屋の前 朝部屋から出てくる祐一[相沢祐一] じゃあ、ちょっと出かけてくるからな、真琴祐一、中にいる真琴と秋子に声をかける[沢渡真琴] あうー[相沢祐一] ほら、人を送り

 しかし一番印象に残ったのは水瀬家の温かさだな。ハタから見ていると、どうしても祐一が全員の兄的な雰囲気に見えて仕方がなかったのだが…だから結婚する、恋人同士になるというイメージが湧いて来にくかったのは確か。 でも、丘の上での真琴とのやり取りは良かったね。

やっぱ泣けなかった…orz(言いたい事はコメント欄に大体書きました。結構ボロクソです。)
 ← リハビリ中~ | TOP | あさっての方向。 第8話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。