TOP > Kanon 第9話
 ← Kanon9話とあさって7話における演出の比較 | TOP | 今週アニメひとこととか+web拍手レス

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Kanon 第9話 

2006年12月02日 ()
Kanon 木曜 25:00 BS-i 
第9話「子狐の子守歌~berceuse~」 11/30放映

「もし私が先に死んで、あの人が私のことを忘れたら、そんなの私、絶対に嫌だわ。
私が死んだ後でも、あの人には私のことをずっと好きでいて欲しい。
私が死んでしまったからといって、あの人が他の誰かを好きになったとしたら、私…
恨むわ。呪うわ。
私の好きは、そういう好きなの」
 by黒崎沙夜子

むにゅの「好き」もそういう「好き」です。

 ずーっと引っかかっていたことがわかりました。
 祐一にとっての「好き」は誰に向けられるのか?
 真琴は子供の発想で「けっこんしたい」と言ってます。
 でも、だからといってそれは軽いものじゃなくて、全身全霊をかけた「想い」です。

 真琴の正体などについて安易な奇跡がどーたらこーたら言う人もいますが、それらは「想いの強さ」を伝えるためのギミックであって、「命と記憶を引き換えにしてでも」祐一と一緒にいたい、という覚悟を形にしただけのことなんです。
 正体が狐だとかそんなのはどうでも良くて、
 真琴はただ、祐一と一緒にいたい
ただその一点だけを伝えている。
 だから、その想いに対しての祐一の答えが「けっこんする」であるならば、それは
「命と記憶を対価に差し出してでも一緒にいる」という「好き」でないとダメ
で、そうなった時、残りのヒロインには「好き」という答えを残しておくことは一切不可です。
 少なくとも、そういう答えでないと私は納得しません。 
 「けっこんしない」なら好きなように恋愛してくれてかまわんですよ。

 ここまで真琴編を引っ張ったことから見ても、「恋愛」においては真琴エンドで終わらせてくれるとおもいます。
 おもいますけど。
 秋子さんのセリフが気になるんだよなー。
「そうやっていると仲の良い兄妹みたいね…それとも、恋人かしら?」
 【恋愛】と同時に【家族】エンドも示唆されてるのが…。
 名雪がジェラってたから恋愛エンドだと思いたいけど。
 裏切ったら一生ディスってやります。

 それにしても。
 秋子さんの気遣い上手は異常。

<12/2追記>
 チャベスさんの懊悩におもうところがあるので、追加で記事を1つ立ち上げようとおもいます。
 
★TBありがとですー。
名雪が怒ったところが見られる→「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 さま
茶化したりツッコミを入れたりするのがうちの→Moon of Samurai さま 
祐一、美汐にももっと→アニすじ! アニメあらすじ&レビューblog さま
スポンサーサイト
[2006.12.02(Sat) 00:11] 未分類Trackback(4) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← Kanon9話とあさって7話における演出の比較 | TOP | 今週アニメひとこととか+web拍手レス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/247-91e2260a

(あゆどころか、栞も舞も香里も佐祐理も登場しないとは)■水瀬邸 ダイニング家族全員で朝食中[沢渡真琴] あれ?お箸、落としちゃった真琴、箸を落とす。祐一、それを悲しそうな目で見ている[水瀬秋子]

 そろそろギャグを挟む余地がなくなってきました。茶化したりツッコミを入れたりするのがうちのデフォルトなのでレビューし辛くはありますが、もちろん文句を言う筋合いではありません。作画のクオリティが次第次第に下
[ 2006.12.02(Sat) 21:37 ] Moon of Samurai

だんだん真琴の終わりが見えてきてしまいましたよ。で、この真琴ルートの見所としては…(名雪好きにとって)名雪が怒ったところが見られる。(前回、祐一に秋子さんの事で抗議したところ)名雪が凹んだところが見られる。(今回、真琴に冷たくしていたと打ち明ける)名雪の

今回のKanonを見て色々と思うところ(主にネガティブ系)があるんだけど、うまく言語化できない。少なくとも今回はそんなに優れた回ではないと思った。号泣必至な展開かと思ったら泣けるような代物ではなかった。(
 ← Kanon9話とあさって7話における演出の比較 | TOP | 今週アニメひとこととか+web拍手レス

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。