TOP > ちょこッとSister 第20話
 ← すもももももも 第7話 | TOP | コミケ関連+web拍手レス

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ちょこッとSister 第20話 

2006年11月22日 ()
ちょこッとSister 火曜24:00~サンテレビ
第20話 「あたしのにゃんこ」

 その理屈だと、犬もにゃんこだろ。
 なんて突っ込むのも恥ずかしいですが。
 
 珍しく、管理人さんは出番なし。

 私はペットは飼わない派です。
 自分を知ってますから。
 相手を好きにならなきゃ世話なんてしてられません。
 だってメンドいし。
 心せまいですから。
 道端に猫が落ちていたら。
 心の中で謝りながら逃げます。
 小心者ですから。

 昔、母親とそんな話をしました。
 私は飼えるなら拾う派。
 母親は捨て動物を見つけたらとにかく拾う派。
 「飼えなかったらどうするの?」
 「そんなこといちいち考えない」
 「飼う覚悟もなく拾ってくるのって無責任じゃないの?」
 「そんなこと考える前に拾ってるから」
 もちろん、飼えなきゃ里親を探していくと。
 どうしてもダメなら保健所もやむを得ないと。 
 
 根本的な思考パターンが違う事を思い知らされました。
  
 自分が拾われる立場だったら。
 拾っておいて捨てられるくらいなら放っておいて欲しい、
 とか思っちゃいます。
 必要以上に拾い主に懐いちゃいますから。
 捨てられたら裏切られたと思っちゃいます。
 そのあたりの心理は、
 『Kanon』のとあるヒロインにも通じるかもです。

 拾う方はとくに考えもなく拾うんですよね。
 ぶっちゃけた話、反射的に手を出してるみたいな感じで。
 それを好意だと勘違いしちゃダメなんですよ。

 これはなんの話ですか? 

 閑話休題。
 今回のテーマは『ちょこの成長』なんでしょうかね。
 死を身近に感じる事で、命の大切さを知るみたいな。
 『良い経験になった』
 なんてことも言えなくもないですが。
 死を経験値か何かのように扱うのは不快極まりないです。
 ともあれ、お兄ちゃん一辺倒だったちょこにも、
 いろいろと大切なものが増えた、といえるのかもしれません。
 とはいうものの、
 「やっぱり兄貴じゃないとダメなのかな」
 なんて意味深なセリフもあり。
 ちょこにとってはやはり『お兄ちゃん』は特別で。
 そろそろ収束に向けて何らかの動きがあるのかも。
 
 さてさて。
 物語の構成上、クロちゃんの運命は決していたわけですが。
 その死を知った後のちょこの反応には違和感を覚えます。
 視聴者が前夜の時点でその死を感じていたように、
 ちょこもその前兆を嗅ぎ取っていたような印象。
 それは、TVで「黒ヒョウ」と呼んでいるにも関わらず、
 そのニュースに反応していたこと、
 信じたくない、とおもいながらも、
 「いつものところ」にクロちゃんがいないのを、
 半ば確信していたこと
 そんなところから感じたんだとおもいます。
 というか。
 もっと鬱展開になるかと期待したんですけど。
 なんか、軽い、というような。
 まあ、そんなもんなんでしょう。
 「ご飯をあげて可愛がってる」
 という状態での好意を重く考えすぎてはいかんのです。
 号泣しているからといって、
 人生が大きく変わるほどの愛情だとは限らない。
 勘違いしちゃダメ。
 おお、さっきの話とつながったかも。
 
 それはそれとして。
 ちょこの号泣する瞬間のSE、おかしくないですか?
 きらきらきらきらーん、て。
 あと、イヤボーンみたいな演出。
 あれはいただけません。
 ちょこ消滅フラグなのか、何の伏線かわかりませんが。
 ちょこの悲しみよりその演出意図が気になっちゃいます。
 キラキラは天に向かっていきました。
 そこがちょこの戻るべき場所なのだと考えれば、
 やはり、最後に待っているのは「別れ」
 そういうことなのでしょうかね。
 
★TBにゃん。
きっと食われるんなら駆君からだね→ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さま
クロはちょこに迷惑をかけないよう→アニメは声優 しゃっふる  さま
そのための伏線でしょうか→幻影現実 私的工廠 ブログ さま
そんなのねえよwww(多分)→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
犯人に佛罰が下ります。→ ゼロから さま
ちょこが初めてウソついただよ→ライトニングソルジャー さま
徹底してリアリティのある話をやって→声優アニラジcafe さま
しかし、こんな話なのに→移り気な実況民の日々 さま
スポンサーサイト
[2006.11.22(Wed) 07:28] 雑記・アニメその他Trackback(9) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← すもももももも 第7話 | TOP | コミケ関連+web拍手レス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/228-0a97148d

品質評価 26 / 萌え評価 58 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 70 / お色気評価 5 / 総合評価 29レビュー数 34 件 第20話「あたしのにゃんこ」のレビューです。

 ペットを飼いたいちょこが廃工場の奥で見つけたものは密輸中に事故で逃げ出した黒ヒョウだった。
[ 2006.11.24(Fri) 17:10 ] 移り気な実況民の日々

アニメ「ちょこッとSister」20話「あたしのにゃんこ」を視て    唐突に始...

めろんぱん♪ カリモフ~(オイ
[ 2006.11.23(Thu) 13:58 ] ライトニングソルジャー

TVのにゃんこを見て欲しがるちょこ。にゃんこ好きは、良い人ですよ。
[ 2006.11.23(Thu) 12:54 ] ゼロから

ゆりぴょん 感激ーいい顔してましたよね。猫科には違いないでしょうが 相手は黒豹でしょ?そりゃ 大食漢でしょう。しかも 肉食だしー動物学者ではないので 生態はよく知りませんが どう猛とは限らない?野生動物は 本来 生息している環境で 生きるのが 自....
[ 2006.11.23(Thu) 01:21 ] 幻影現実 私的工廠 ブログ

ごめん、全力で笑ろてもうたwwwいや、ほんとは笑うとこじゃないんだけどね。切なく物悲しい話だったし。でも今回のエフェクトは絶対おかしいってwwwクロちゃんの死に直面したちょこがマジ泣きしてるとこは

「あたしのにゃんこ」いつもと違う方向に帰るちょこを見て尾行するゆりぴょん。あやし...
[ 2006.11.22(Wed) 20:18 ] アニメは声優 しゃっふる

ちょこッとSister 第2巻夜、はるまとちょこの食事中、TVに映し出された可愛らしい子猫。ちょこは、ペットを飼いたいとおねだりしますが、はるまは「このアパートはペット禁止だから無理」と言います。そんなある日、街へ買い物に出かけたちょこは野良猫を見つけ追って....
 ← すもももももも 第7話 | TOP | コミケ関連+web拍手レス

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。