TOP > 甲子園の決勝戦のクオリティが高すぎる件
 ← ふたりはプリキュアSplash☆Star  | TOP | シムーン 第20話

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 甲子園の決勝戦のクオリティが高すぎる件 

2006年08月21日 ()
 むにゅは野球には全然関心のない人間なんですが、今回の早稲田実業×駒大苫小牧の試合はガチで楽しめました。高校野球って面白いんだ、って初めて思った気がします。こういう「伝わってくる試合」がいっぱい見られれば素直に野球が好きになれそう。

 今回の決勝、実は特に見る気もなかったんですけど、延長で延びてた最終回の攻防をたまたま見てその密度の高さにびつくり。それで今日の試合を見てみる気になったのですけど、これがもう、ドキドキものでした。

■斎藤すごいよ斎藤
 4連投なのに球威も制球も全然衰えない怪物のようなスタミナ。特にギリギリのストレートとスライダーのコンボは野球漫画の主人公にも遜色がない。そのイケメン+ポーカーフェイスは犯罪的な魅力。勝利インタビューでも空気の読み方にスターの器を感じましたw

■立ち上がりは微妙だったものの尻上がりに調子良くなる田中
 3連投という中、点を取られても崩れることなく後をぴしゃりと抑え切る底力は流石。斎藤と比べてちょっとだけ制球に乱れがあったのかな?今回見た限りでは、その怪物っぷりはわかりにくかった気がします。

 そんな中で、むにゅが感じたのは斎藤―白川のバッテリーの信頼感。駒苫の選手ひとりひとりをしっかりと研究して攻める白川のリードとそこにしっかり投げ込む斎藤というビジョンが感じられました。特に、駒苫のキャプテン・4番の本間を完全に抑え切った配球は素人目にもわかる完璧さでした。

 一方で、駒苫は4回に見せた田中の四球→ショート三木のエラーというコンボが痛かったですね。結果として0点で抑えたものの、あとあとに不安を残してしまった感じ。わずかにチーム全体の集中力が切れてしまったような印象を受けたです。

 昨日の試合からもわかるように、投手力と打線は完全に互角。最終回までどっちに転ぶのか全く分からない緊迫感に満ち満ちてました。どっちが勝っても納得ができる試合だったと思うです。

 ぶっちゃけた話、むにゅは『サッカーは得点シーン以外は地味でわかんないよ』というくらいにスポーツに疎い人間です。野球も一試合を集中して見てられないことが多いです。それは、どこをどう楽しんで良いのかわからないからなんですよね。
 そういうむにゅなので、普段はあまりスポーツを観ません。プロ野球にしてもプロサッカーにしても選手を知らないし、ルールもかろうじて、くらい。ボクシングとか格闘技には漫画とかアニメの迫力を期待してしまったり、KOしなきゃつまんない、と思うような単純な見方しかできません。

 そういうむにゅでしたけど、今回はトイレに行くのが勿体無いくらいに引き込まれた良い試合だったな、って思えます。そういう意味ではホントに『結果よりも過程そのものに意味がある』という言葉を実感しました。

 というわけで、早実&駒苫のみなさん、良い試合をありがとうでした☆
スポンサーサイト
[2006.08.21(Mon) 20:44] 雑記・アニメその他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ふたりはプリキュアSplash☆Star  | TOP | シムーン 第20話

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://anitamx.blog61.fc2.com/tb.php/127-ab8fe2e0
 ← ふたりはプリキュアSplash☆Star  | TOP | シムーン 第20話

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。