TOP > CATEGORY > シムーン
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク はぴばー 

2006年11月28日 ()
高 橋 理 恵 子 様 、

誕 生 日 お め で と う♪

そ し て あ り が と う ★

Open↓

 もうほんとにね、今週の電リ・マは良かったです。電リ・マ聴いてて良かった。この番組に出会えて本当に幸せです。
 理恵子さん大好きです。生まれてきてくれてありがとうですよ、ほんと。
  
 むにゅは感動で泣くという回路というか構造を持っていないので、普段は「感極まって泣く」とかいう行動には「ケッ」とか「フーン」とかなるんですけど、理恵子さんの涙にはクラっときました。こういう気持ちになるっていうのが本来あるべき姿なんだとわかりました(遅

 それにしても、ほんとこの番組はユルいですね~。
 美佳子@ぱよとか聴いてると、電リ・マでのぱよの緩み具合とか、半端じゃないですもん。
 いくつかwebラジオ聴くようにもなりましたけど、やっぱりそんなユル~い電リ・マが一番自分に合ってるなーと感じます。
 やっぱりそれはひとえに理恵子さんのマイペースっぷりにあるんだとおもいます。ぱよが必至でたかはシムーンのメールをチェックする中、手持ち無沙汰に遠くを見つめているとかもうたまんないですなー。
 
 かさねがさねになりますが。
 理恵子さんおめでとう。そしてありがとう。略しておめがとう。

Close↑

スポンサーサイト
[2006.11.28(Tue) 00:00] シムーンTrackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

人ごみの中でっ by 秋月らせん
こんばんは、むにゅさん。
禁断症状でネットサーフする夢を見た秋月です。
嘘です。

それにしても良い話なのに、
途中まで「高橋留美子」って読んでいてゴメンなさい。
・・・あのお方は漫画家になって何回目の誕生日でしょうか。

それにしてもっ!

>理恵子さんおめでとう。そしてありがとう。略しておめがとう。
人ごみの中で吹いた!!
すっごく見られたー!

・・・恥ずか気持ち良かったです。
そんな秋月にむにゅさん謝れー、と言いたいところですが、
おそらく記事を書いているうちに
だんだん照れくさくなってオチをつけたと思うに
一票入れて今日は帰ります。

返>秋月らせんさま by むにゅ
 ごきげんようです、秋月さん。
 体に悪いですから、ネット断ちは程ほどに…って嘘かー。

 まあ失礼、といいたいとこですけど、普通に知名度から言っても致し方ない…ことはないです。先入観による勘違いには気をつけましょう。でもこれで秋月さんもまたひとつおりこうさんになりましたね。
 留美子センセはすごいですね。私が生まれた頃から漫画を描いてたわけで、つまり漫画歴3…うわ。
 
 いやいやいや、そこ笑うとこ違う~。
 オメガありがとうっぽい感じもあってて素敵だとおもったのですがそうですかだめですか。 

・・・恥ずか気持ち良かった
 あらあら、ひょんなところで秋月さんの本性が。
 気持ちかったなら謝るどころかむしろ感謝されて然るべきかとおもうのですが。いえ、なんでもないです。
 
 でわでわ、また~。お気をつけて。

またも電車内にて。 by 秋月らせん
>オメガありがとうっぽい感じもあってて素敵だとおもったのですがそうですかだめですか。
いいえ、全然ありですよ。むしろ良い!

そしてむにゅさんに頂いたレスを読んでいたら
今度は何故か顔がにやけてしまった・・・。
視線が痛い。でも読むのやめれない。。。。

秋月はMじゃない!と思います。たぶん。

返>秋月らせんさま by むにゅ
 えー。よく考えるとふつーにナシだと思いますよー(な

 まぁ恥ずかしい。あの人ったらウィルコム見ながらにやけてるわ。きっとえっちなものを見ているに違いないわ。
 …とか思われてますよ絶対。きゃー。

 いや、言ってませんが。
 Mの自覚あるんですね。
 なじられたいんでしょこの変態っ。メタモルフォースっ!
 ごめんなさい言いすぎました。

コメントを閉じる▲

リストマーク Simoun電波DEリ・マージョンが面白すぎる件 

2006年11月21日 ()
音泉 Simoun~電波 DE リ・マージョン~ 『第19回』
アルト大笑い"border="0"  「正直、どのアニメより楽しみなこのWebラジオ!
 W高橋のトークのユルさは他の追随を許さんな」
 
 

 
 「ほんと、素晴らしいですね~。めちゃめちゃ笑いましたよ私。ああ、理恵子さんの妹になりたいっ!」  妹子萌え
アルトびっくり  「理恵子派かよっ」
 
 
Open↓

アルト萌え  「なんつーか、アレだな。リエリエの大物天然っぷりとそれをフォローしきれないぱよの慌てっぷりに癒されるな」
 
 

 
「それに、ピンポイントでしっかり美佳子さんも天然
だったりするところもチャームポイントですよね~」 
妹子にこにこ
アルト萌え  「ぱよ、ダンゴムシ好きてwwねーよww そりゃチャベスの兄貴も嫁にほしがるわww」
 
 

 
「確かに王蟲に似てますけどねー。 でも、アリの巣穴にはめてみようとか思う時点で天然ですよね」  妹子苦笑
アルト  「それにしてもリエリエのツボは渋くて良いな。ものを知らん割りに高橋名人とかは顔わかってるし、プロレス詳しいし」
 
 

 
「私達の感性と近いとこがあるんですよねー。あと、理恵子さんの笑い声はつられますよね、ホント」  妹子
アルト萌え  「不覚にもあたしらもつられ笑いをしてしまったぞ。あと、『サー!』の可愛さに萌えたぁ~」
 
 

 
「理恵子さんの笑いは幸せを運びます。黄金の巫女は伊達じゃない!みなさんもよろしければ是非、
聴いてみてくださいね~♪」 
妹子にこにこ

Close↑

[2006.11.21(Tue) 04:32] シムーンTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Simoun~電波 DE リ・マージョン~ 『第16回』 

2006年10月30日 ()
音泉 Simoun~電波 DE リ・マージョン~ 毎週月曜更新 第16回
 最近、「うたわれらるものらじお」がちょっとパワーダウンしてる感じがします。
 かなり場数をこなしてきたせいか、力也さんが余裕を持って柚ねぇをあしらえるくらいになってしまったのがまず一因。オドオドした力也さんが萌えだったので最近の『柚ねぇを弄って反応を見てる力也さん』にらしくないものを感じてみたり、あとその意向を柚ねぇが若干、受けとめ切れてないとこがあって、あれれ?って感じになります。柚木ねえさんの暴走と力也さんのヘタレっぷりが「エルルゥ」と「ハクオロ」の力関係とあいまって相乗効果を上げてたわけですけど、今はハクオロさんがジゴロの技を覚えてしまって戸惑うエルルゥという構図。ハクオロ=小山力也=【誠実】というイメージが崩れていってる感じですかねー。尻に敷かれてこそのハクオロさん=小山さんなんだとむにゅはおもってしまうのですけど。
  
 一方で「シムーン 電波DEリ・マージョン」の方は変わらないコンビネーションで、W高橋の2人の楽しそうに話す声がたまらなく心地良いです。特に理恵子さんの笑い声を聞くだけでもうなんかニヤニヤしてきてます。うわ。あと本番前の無防備な会話を録られて放映されたり(前回のOP)、打ち合わせにないフリをかまされて人を信じられなくなるぱよが可愛かったり。【よっこら正一】は言い方の問題だとおもいますが、不意を突かれて笑ってしまいましたw
 この2人のやりとりって、普段の会話と本番の会話が全く変わらないテンションでホントに『素』の魅力がありますよね。「うたわれ」の方はいつでも素の部分を入れつつも仕事を忘れない柚ねぇと力也さんのプロ意識を感じるのですけど、やっぱりむにゅはグダグダでまったり、リエリエとぱよのアットホームな雰囲気のが合ってる気がするですよ。
 
[2006.10.30(Mon) 23:51] シムーンTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

電波DEリ・マージョン最高! by 愚兄チャベス
おっしゃる通りですな!!
私が思ってた事を全部言ってくれました!

そうそう、うたわれらじおはかつてのケミストリーが薄れて爆発力がなくなってしまいましたね。

電波DEリ・マージョンは相変わらず最高ですね!
ほんと聴いててニヤニヤしっぱなしになりますよねw
今回の出だしの漫才とかこれ以上なくニヤニヤしちゃいましたねw
ゆるゆるでグダグダな感じがほんと最高ですよねw

返>兄者さま by むにゅ
 さすが私のベストパル!わかってもらえるですか~♪
 生まれたての39歳さん(仮)がピンチヒッターになって以降のうたわれは、どうもちょっと空気が変わったような気がしますねー。

 あの漫才もグダグダでしたねww 内容はひどいですけど、あの2人がやると笑わされてしまう不思議。このぶんだとCD買っちゃうかもしれないです。

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン 最終回 

2006年09月30日 ()
シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第26話 「彼女達の肖像」  
アーエル  「後日談、後日談後日談だんだだんだん♪」 
ネヴィリル   「東洋電音機?」 
Open↓

アーエル   「最後の活躍・みんなの勇姿、聴かせてやろうかヘヘイヘイ」 
ネヴィリル   「いいよーアッちゃん言ったげて♪コールのみんなの後日談」  
フロエ   「後日談、後日談後日談だんだだんだんれつごー♪」  
アーエル   「ワポと結婚、もうすぐおめでた♪実は2人目何気に絶倫♪」 
ロードレアモン   「お姉ちゃんはパパ似だねっ」 
モリナス   「わっふんが小姑みたいでうるさいんだよね」 
ロードレアモン   「良いおじいちゃんですね♪」 
モリナス   「わっふんはまだそんな年じゃないよ、ロードレ…」 
アーエル   「モテモテだけれどやっぱりドミ子♪新たな空へと2人でダイブ」 
リモネ   「もう親子なんて呼ばせない!」 
ドミヌーラ   「でも時空を超える代償は重いのよね」 
リモネ   「私達も永遠ではないってことなんだね…」 
アーエル   「孤児院経営みんなのママン、豊かなバストは母性の証」 
パライエッタ   「愛されるにはまず愛すること…」 
アーエル   「マミーナヘアーですっかり秘書さん♪戦争回避に八面六臂」 
フロエ   「苦労で化粧も厚くなる♪」 
ロードレアモン   「び、貧乏籤引いたよ~」 
パライエッタ   「苦労をかけて正直、スマン」 
アーエル   「結婚もせずにやっぱりニート♪優雅にお菓子でティータイム」 
カイム   「もちろん実家でパラサイト…」 
フロエ   「モラトリアムはまだまだ続く!」 
ヴューラ   「つーか、働けよ…」 
アーエル   「やっぱり実家でパラサイト♪職業欄は『家事手伝い』」 
アルティ   「ほ、ほら姉さんが結婚してないのに私が先に行くわけにはね…?」 
モリナス   「結局、姉の世話焼いてりゃ幸せなんだな…」 
アーエル   「何気にマッチョで畑の仕事♪ヴュラフと築いた男の友情」 
フロエ   「オレの野菜は一味違うぜ」 
ヴューラ   「…お前、嫁さんは当分ムリじゃないか?」 
ロードレアモン  「それにしてもカッコ良いなあ、2人とも…」 
アーエル   「豆腐・グラタン今でも現役♪眼鏡装備で色気もアップ」 
ネヴィリル   「このアニメって男の方が工口いのよね…」 
アーエル   「朽ちた母船で永久輪舞♪アダムとイヴにはなれずじまい?」 
ネヴィリル  「初めて百合カップルの生産性のなさを実感したわ」 
アーエル   「男って大事なんだね…」 
マミーナ   「え、これって世界滅亡エンドなの?」 
モリナス   「あの演出はそうでしょ」 
カイム   「っていうか、パラ様何気にヲタ絵じょうずいのねん」 
●終わりましたね
 楽しかったです。やっぱりむにゅは初めにキャラクターありきで物語が紡がれていくのが好きですねー。スタッフさんおつかれさまでした、ありがとう。
●事実上の勝ち組は姉妹に見えてしまう罠w 
 金策やら地上げやらでてんやわんやなパラ様が容易に想像できるんですけどw ロードレは…苦労してるんだね。・(⊃д`)・。 モリナスは一番穏やかで幸せな結末に見えるけれど、戦争が始まったらワポたんは狩り出されるだろうし、フローフとヴュラフは1つのお話ができちゃいそうなことになってるし。
 アーエルとネヴィリルの辿りついたアルクス・プリ-マは未来で確定なんでしょうけど、過去にも現れているところからみて時の漂流人になっているのかなぁ、という感じ。安住の地が見つからないという風にも取れるし、2人でならどこででもOKと見るか。リモドミとの対比、という意味でも前者かな?いずれにせよ、いつか結晶化という終わりが来るんでしょう。永遠は心の中に、ってことなんでしょうかね。
●この世界の幼女はみんな可愛いねぇ
 わっふんの娘まであんなに可愛いなんてありえな(ry
 
ユン   「…やっぱりオレは放置か…フフ…」 
 ごめんよユン。素で忘れてた。

☆TBアー!エール!
アー・エール!! →アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
残された7人のそれぞれの生き方が存分に→移り気な実況民の日々 さま
作り手の愛情が伝わってくる作品はいいものですね→高速ゾートロープ さま
落書きになってもらったのでございますな→アニメ生活 さま

Close↑

[2006.09.30(Sat) 04:59] シムーンTrackback(4) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

支局長殿おひたし…は、ほうれんそう by you-kei
おひさしぶりです。
支局長殿が以前「それが分からない」と言うことで今日その答えのようなものを作りました。
http://www.asahi-net.or.jp/~fk8t-tnk/p-ani.htm
いやいやちがうよ。アンちゃん言ったげて!
あふりえいあふりえい!
あふりえいえいええいと!げっだーん!
http://astore.amazon.co.jp/internetagent-22

簡単に言うとアマゾンの便利さがものすごく工場してさらにこういうこともできるようになりましたって事です。
以前「ipodってなに?」って言ってましたよね。

返>局長 by むにゅ
 ごんぶと…沙汰してますー。
 わざわざipodのページまでつくって説明していただけて恐縮です…でもクリックはしません。
 で、結局ipodはなんなのでしょうか。むにゅには携帯ゲーム機にしか見えないのですが。音楽を再生するデバイスかな、というとこまではなんとか想像できてます。それで問題ないですか。
 …あと、anitamなる花があったのですね…微妙にきしょいのがなんかこう凹むですー

ipodとはメディアプレーヤーです。 by you-kei
簡単に言うとそういうことです。
本当はああいう形にすると絶対難色を示すであろうと分かってはいましたが、
http://iaknews.exblog.jp/5496339/
のような状況があるため敢えてそうさせていただきました。

返>局長 by むにゅ
メディア…なんですって?
メディア>記録メディア>記録媒体
プレイヤー>再生装置
…要するにウォークマンの新しいやつというニュアンスで良いですか。

 あと。別に文句を言っているわけではないので気になさらず。

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン 第25話 

2006年09月23日 ()
シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第25話 「パル」
妹子しょんぼり   「自分たちの予想の的中率の低さに絶望した!」 
姉美   「3勝4敗、負け越しね。私達はあまりにも彼女達の事を知らな過ぎる、といったところかしら」 
妹子萌え   「それにしてもJ・J・むろさんの描いたユンとマミーナの可愛さにはもう…あああああ」 
姉美はあ?   「…パライエッタに殴ってもらいなさい」 
Open↓

ロードレアモン   「私はそのまま女です」 
ヴューラ   「私はヴューラフに…ってアーエルさあ、もうちょっと気のある返事してくんないかな…」 
アーエル   「公式のキャラ紹介にも載ってないくらいのポジションなんだから仕方ないだろ」 
ロードレアモン   「所詮はマミーナの代替キャラですから…」 
ヴューラ   「ひ、ひど、ひど、ロードレ…」 
ロードレアモン   「本当なら私の一生のパルと手を繋いで泉に行くはずだったのに…ああマミーナ」 
マミーナ   「私はアイキャッチの中にいるさ…羽かなんか生えちゃったりしてるけど私は私」 
ロードレアモン   「マミーナぁぁぁぁ」
モリナス   「だめだこりゃ」 
アーエル   「つーか、誰なんだよヴューラ」 
ヴューラ   「全編通して見てりゃわかるハズだろ!キー!」 
パライエッタ   「済まない、ヴューラ。DVDが出るまで待ってくれ」 
ロードレアモン   「ここの管理人は3話~8話の間を見ていないのです~」 
モリナス   「さーて、気を取り直してっと。私は女。このままワポたんについていくかもね…」 
アーエル   「終わってなかったのか、この2人」 
フロエ  「あたしはフロエフ♪」 
モリナス   「男も面白そうだって思ったんだな」 
ヴューラ   「っていうか、次回予告を見る限りではいちばん美味しいポジションにいるような…」 
カイム   「ボクはそのまま」 
アルティ   「…私も」 
モリナス   「もういちど姉妹としてお互いを見つめ直すってとこ? 」 
カイム   「堕ちて堕ちて堕ち切った奈落の底に落ちてもアルティを支えられるように」 
アルティ   「っていうか、姉さんは先に堕ちて待っててくれてるんだね」 
カイム   「だって、ボクはお姉さんだし、あんたはバカだから」 
フロエ   「なんだ、結局バカップルなんだね」 
パライエッタ   「私は…女として愛されてみたい」 
アーエル   「ナイトよりお姫様になりたくなったんだな…意外なような、そうでもないような」 
フロエ   「考えてみれば、1番乙女ちっくな人だったような気がしてきたよ」 
ロードレアモン   「結局、男になったのは2人だけなんですね」 
モリナス  「というわけだから、後はよろしく~」 
アーエル   「…知らない間に、なんかえらいもんを背負わされているような気がするんだけど」 
ネヴィリル   「気にする必要はないわアーエル。あなたは私を見ていれば良いの」 
アーエル   「ちょ、ネヴィリル…なんか最近、男らしいぞ…ドキドキ」 
カイム   「この2人って、強気受けにヘタレ攻めだったんだ…」 
リモネ   「最終回には、出番、あるみたいだよ、ドミヌーラ」 
ドミヌーラ   「…リモネが大きくなっている、リモネが大きくなっている、リモネが」
アーエル   「ああ、年を食った自分を見るのが怖いんだな」 
ユン   「泉にいると、会話に参加できないんだな…これがオナシアの孤独ってやつか…フフ…」 
☆TBありあり。
ふむ、意外性を感じる選択→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
この時のお互い壁にキスするシーンは→Class precident said so! さま
しかし、だからこそ「泉の番人」はシヴュラの最高位に→オヤジもハマる☆現代アニメ さま
想いを押しつけない代わりに→アニメ生活 さま

Close↑

[2006.09.23(Sat) 19:49] シムーンTrackback(6) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by J・J・むろ(少年カルコグラフ
 こんにちは。
 あ、私の事を触れてくれて、ありがとうございます(^^)<テヘッ
(ちなみに「見たければドーゾ! ハイッ!」は、アングラスが死んでしまう回で、アーエルがユンにやっています……って、皆さんご存知そうですね)
 シムーンも、遂にラスト1話を残すのみですね。
 リモネが……そして、皆が……。
 でも、後日談は楽しみだったりしています。
 (フロエフは、今までと演技を変えてくるのかなぁ?)

返>J・J・むろさま by むにゅ
 こんにちわですー。
 もうほんとに可愛いですね。ぷにぷにしてて。このところの怒涛のお絵描きにはほんとすごいなとおもいます。
 そう言えばやってましたね、アーエル…あの回、実は眠りかけながら見てたのでうろ覚えなんですケド。
 シムーン、どこに着地するのか楽しみです。フロエフの中の人の演技に期待ですねー。

by J・J・むろ(少年カルコグラフ
 シムーン、関西では今日最終回……ですか?
 フロエは、見所のひとつですね。
 個人的には、フロエの最後のエピソードは、胸が締め付けられてしまいました……。
 お楽しみに、です。

返> J・J・むろさま by むにゅ
 もうすぐですよもうすぐー。待ち遠しい感じです。フロエ楽しみだよフロエ。
 いよいよ終わっちゃいます。寂しい気持ちもありますけど、電波DEリ・マージョンもあるしだいじょうぶです。とりあえずJ・J・むろさんの絵で和みたいです。いっぱい更新しててなんかもうすごいですねー。消しちゃうの、もったいないかも。

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン 第24話 

2006年09月16日 ()
シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第24話 「選択」
ロードレアモン   「えいえんのー じゅうななさいでも おはだーは老化してーゆくー♪ でも、声優さんだったらそれも許されるよねっ☆ (たかはシムーンのリズムで)」 
ネヴィリル   「夢を提供していくお仕事だもの。年齢を伏せるのも必要なことなのよ」 
パライエッタ   「…欺瞞だな」 
フロエ   「っていうか、ネヴィリルは切実…」 
Open↓

妹子   「さてさて、おねえさまは泉に行くとしたらどちらを選びますか?」 
姉美微笑み   「さあ、どちらかしら。妹子が私を養ってくれるのならどちらでも良いわ」 
妹子ジトー   「って、選択してないじゃないですかっ」 
姉美微笑み   「オナシアの立場になってユンを待ちつづける、というのも悪くはないかも知れないわね」 
妹子しょんぼり   「結局、ニート願望なんですね…」 

ティータイムだ、グレイスン。

☆TB送ったり送られたりしてますのでストーリー補完とかはそちらで。
1週間で最も楽しみな→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
このままの方向でシムーンが進むとなると……→少年カルコグラフィー さま
選択できない自分を投じてまでに至る方向だったのか→パプリカのアニメ鑑賞よた話 さま
こうなると翠玉を使わないEDも→移り気な実況民の日々 さま
それにしても、ユンが→nekoyama01-blog さま
最近思うんですが→アニメ生活 さま
『大人になるってつまらない事なんだ。』印象的でした→Class precident said so! さま
いずれはユンもオナシアと同様の体へと→オヤジもハマる☆現代アニメ さま


妹子ほぇ~   「アーエルが翠玉のリ・マージョンをやるかどうかが今後のキーポイントなんでしょうかねー」 
姉美   「そうね。今の流れだと、アーエルがネヴィリルへの気持ちを整理できないと進まないけれど、そもそもアーエルが『少女』として覚醒したのがここ数回の間だものね」 
妹子   「私は『アーエルが泉に行く』という選択もアリかな、と思います。その場合はアーエルの成長、という描写になるでしょうけど、そうなるとおじいちゃんの夢とかをどうするのかとかいろいろ気になりますし、さて、どうなりますやら」 
☆なんとなく性別予想ー
パライエッタ→パライエッタフ(魂が男)
カイム→カイムフ(パライエッタが理想像)
アルティ→アルティ(幼女アルティがかわいかったから)
フロエ→フロエ(男になる理由がない)
モリナス→モリナフ(機械いじりするため)
ヴューラ→ヴューラフ(キャラがわかんないので適当)
ロードレアモン→カイゼルロードレアモン(究極体に進化)

Close↑

[2006.09.16(Sat) 21:54] シムーンTrackback(9) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by J・J・むろ(少年カルコグラフ
 シムーンも残るところ後2話ですね。
 TVステーションの予告あらすじを読んでしまったんですけど、最後まで、目が離せない感じでした。
 アーエルとネヴィの行く末に注目したいです。

返> J・J・むろさま by むにゅ
 ですねですね。今一番結末まで目が離せないアニメです。最後までどっぷり楽しみたいですね。
 アーエルとネヴィリル、どういう結末を迎えるのか気になります。J・J・むろさんとこはもう今晩放映ですよねー。良いなあ良いなあ。というか、TVステーションにあらすじなんて載ってるですか。そういう需要があるんですねー。
 J・J・むろさんの感想と絵も期待してるですよー。

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン DVD第一巻 

2006年09月11日 ()
Simoun (シムーン) 1 Simoun (シムーン) 1
西田亜沙子 (2006/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
妹子   「DVDを買いました」 
ヘルデ   「高槻アニ○イトで」 
妹子萌え   「いやん、はずかしー♪」 
姉美はあ?   「はあ?」 
妹子苦笑   「と、いうワケでDVDレビューです~」 
Open↓

妹子しょんぼり   「この手の映像特典ってなんでこう、チープな企画ものの様相を呈しているんでしょうね…」 
姉美   「いちいち費用なんてかけていられないってことなのではなくて?アニメDVDを購入する層なんて声優目当てか何かに決まっているって高を括っているのよ」 
妹子苦笑   「まあ、声優目当てっていうのは否定しきれませんけど…。私は声優の露出賛成派ではないのでやっぱり「声優陣のミニゲーム」的な特典って今一つお得感がないですねぇ」 
姉美   「とはいえ、声優の顔とパーソナリティを知る機会貴重な機会と言えなくもないかも知れないわね。声優を売り込むという戦略を考えれば魅力的な個性を印象づけるのは頷ける話だわ」 
妹子しょんぼり   「でも、森永理科さんが金髪だとか能登麻美子さんが高橋美佳子さんと並ぶと異常に大柄に見えるとかそういうのは…」 
姉美はあ?   「妹子は見てくれに惑わされすぎなのよ。もっと人を見る目を養いなさい」 
妹子びっくり   「え、何で私が怒られてるんですか?」 

妹子   「さて。本編ですが」 
姉美しょんぼり   「やっぱり、視聴者に優しくない構成よね、第1話」 
妹子   「そうですねぇ。Aパートで喋くってる能登さん、レギュラーキャラでもなんでもなく【敵方の一般兵】ですもんねぇ。あの時点では完全に主人公の視点なのにいきなり死んじゃって、戦ってる相手の方がメインキャラだったとわかるんですから…」 
姉美   「第1話では作品の方向性と主題の提示が原則だというのにそれもなかったから余計にわかりにくかったのよね」 
妹子苦笑   「【濃ゆーい演出】の方向性は見えてたんですけどね…。第1話では濃すぎて逆効果と言わざるを得ませんでしたね。主題は第2話でようやく提示されてる感じですけど、第1話とは繋がって見えませんでしたし」 
姉美しょんぼり   「それと、何より説明ゼリフが多いのが難点ね」 
妹子苦笑   「正直、第1話/第2話の会話はあまりにも説明ゼリフ臭くて笑けました。あ、そうそう、この辺の説明臭さとか導入の置いてけぼり感がどうも何かを思い出させると思ってたんですけどそれが何かがはっきりしました」 
姉美微笑み   「あら、何かしら」 
妹子にこにこ   「富野由悠季アニメです」 
姉美…   「……ああ、なるほどね。確かに『リーンの翼』の第1話なんかも、いろいろ置いてけぼりな印象を受けたわ。説明臭いのはお家芸だし、主題なんて事実上ないから提示されないもの」 
妹子   「このアニメもそういう認識で見てたら見切らないで済んだのかも知れないですねー」 
姉美はあ?   「それは、何だかイヤ」 

Close↑

[2006.09.11(Mon) 15:14] シムーンTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ナンデカッタノ? by 秋月らせん
長門さんが一番好きな秋月ですこんばんは。(シムーン関係ない。)

お二人が300%増し位で可愛くなって帰ってきましたね。
姉美さんの表情と「はあ?」のバランスが世界一だと思います。

あとペルソナ3が楽しいであります。でもしんどいであります。
70時間近くプレイして半分くらいしか進んでいないであります。(それは遅過ぎ。)

という訳でシムーンの記事にシムーン関係ない話ばっかり
書いてしまって恐縮ですが、そもそも見ていないので置いてけぼりです。
でも見ていても置いてけぼりのようですので、
妹子ちゃんの言う「映像特典のチープさ」に同意しつつ失礼します。

返>秋月らせんさま by むにゅ
 長門かよっ!(ホントに関係ないし)…まあ気持ちはわかりますから許しますー。
 こむばんわですー。

 可愛くなったと思っていただければ本人達も喜びます。ありがとうございます。
 アイコン、描き直してもしばらくするとすぐ気に食わなくなってしまうんですよね~。描く時に満足のいくまで描きなおしきれず、妥協してしまってるからですけど…。今回はそれでもかなり良い感じにできたかな、と思ってます。やっぱりアニメ塗りとかメリハリのある線とかは自分には無理だと思いました。
 
 70時間で半分ですかw それはきついですね。葛葉ライドウは50時間あれば余裕でクリアできたから倍なんてものじゃないですねー。でも楽しいなら問題なし☆
 
 シムーン関係なくてもウチに関係あれば、ね。でももし機会があったらシムーン見てみてくださいねw DVD特典はどうでも良いから本編をね。
  
 

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン 第23話 

2006年09月09日 ()
シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第23話 「永遠の少女」
マミーナ   「アーエル可愛くなってきたよアーエル」 
モリナス   「しかし、フロエは恋愛ごとにはホント敏いよな」 
フロエ   「えっへん♪ 今回は大活躍だったでしょ」 
☆TB感謝ですー。
総力戦は 国家に 多大な負担を→幻影現実 私的工廠 ブログ さま
初めの頃に比べると皆変わってきている→Class precident said so!  さま
「はぁっ!?お前、シムーンに欲情できるかっての」→アニメ生活 さま
[2006.09.09(Sat) 12:12] シムーンTrackback(4) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク シムーン 第21話 

2006年08月27日 ()
シムーン 金曜26:30~ テレビ大阪 第21話 「新天地への扉」 
アーエル   「着々とシムーン布教活動の成果が出ているなりねー」 
ネヴィリル   「第1話で見切ってしまったキミ、まだ間に合うから見てごらんなさいよねー」 
リモネ   「あたしも戻ってきたしねー」 
ドミヌーラ   「何気に裏主人公な私もねー」 
マミーナ   「私にはもう会えないケドね…フフ…」 
ロードレアモン   「大丈夫だよっ!マミーナは私の心の中にいるよっ!」 
モリナス   「フォローになっていないよ、ロードレアモン」 
パライエッタ   「っつか、次回あたり私が危ない気がするんだが」 
カイム   「そんなっ!それじゃパルの私も危ないってことですかパラ様ー?!」 
アルティ   「ってことは私がヤバイってことなんだね、姉さん…」 
ユン   「オレにはもう少しやるべきことがあるらしい…」 
フロエ   「出番、ねぇーーーーーっ!!」 
Open↓

ロードレアモン  「でわでわ、今回は初心者さん達の為に、よくわかる『あにたむ的人物紹介』をしてみようと思います~。ぱちぱちぱち~」 
ネヴィリル   「司会はネットラジオ『電波DEリ・マージョン』のMCを担当しているW高橋こと、私ネヴィリルとロードレアモンでお送りするわ」 
マミーナ   「良いよね、ネットでも本編でも出番があって…。私なんて身分が低いから葬式すらやってもらえなかったっていうのに…」 
フロエ   「良いじゃん、やたらかっこいいお当番回が2回もあったんだしー」 
ロードレアモン   「というわけで、まずはマミーナから自己紹介ですうっ!」 
マミーナ   「マミーナです。本来なら身分の差でシヴュラにはなれなかったんだけど、人員不足のどさくさと優秀さでコール・テンペストに入り込みました。得意料理はネズミのシチュー」 
ネヴィリル   「マミーナはロードレちゃんに対してきつく当たっていたけれど、実は上級ツンデレであったことが判明。実はシヴュラになりたかったのもロードレちゃんと対等な立場になりたかったからだったのよね」 
カイム   「ツンデレがデレる時、それは死亡フラグの立つ時」 
モリナス   「さらばマミーナ。デレた後しっかりとツンに戻ったツンデレの鑑よー」 
マミーナ   「ちょっとあんた達、ツンデレツンデレうるさいっ!」 
ネヴィリル   「次はカイム・アルティ姉妹」 
カイム   「姉のカイムです。特徴は眼鏡と2本の前髪。好きなものはパラ様です」 
アルティ   「妹のアルティです。特徴は1本の前髪。波平と海平みたいな感じで覚えてください。好きなものは姉さんです」 
ネヴィリル   「カイムもある意味ツンデレなのかしら」 
ロードレアモン   「カイムは妹への感情をうまく処理できていないみたいですね。ホントは好きなんだけどそれを認められないのか、それとも…」 
アルティ   「私が弱みにつけこんでやっちゃいさえしなければ…」 
フロエ   「やっちゃったんだー」 
アーエル   「やっちゃんたんだ…」
カイム   「うるさいっ!あれはっ!あれはカイムが…」 
フロエ   「でもホントは自分がやりたかっただけなんじゃないのー?」 
カイム   「違ーーーーうっ!」 
ロードレアモン   「というわけでこの姉妹は姉が現実と向き合えず、仲直りもできてないのです」 
ネヴィリル   「次、パライエッタ」 
パライエッタ   「パライエッタだ。自分で言うのもなんだが、ネヴィリル厨だ。ネヴィリルが大好きだ!ネヴィリルとやりたい!」 
アーエル   「ガチ過ぎて引くな…」 
モリナス   「っつーか、ネヴィリルに心を開かれてるあんたが一番ヤバイ立場にいるんだよ?」 
パライエッタ   「アーエル氏ねアーエル氏ねアーエル氏ねアーエル…」 
カイム   「そんなダメなパラ様だけど、好き…」 
アルティ   「そんなダメなパラ様を好きな姉さんだけど、好き…」 
ネヴィリル   「次はえーと、モリナス」 
モリナス   「モリナスです。どっちかっていうとメカフェチなのでシムーンに乗りたくてコール・テンペストに所属してました。最近は仲間っていうのも良いな、と思いかけてます」 
ロードレアモン   「整備のワポーリフさんを挑発してましたね」 
モリナス   「あいつ、ヘタレだからキス以上してこないんだよね」 
ロードレアモン   「まあ、もっと深い何かがありそうですけどね」 
ネヴィリル   「次、フロエ」 
フロエ   「フロエだよー♪」 
ユン   「こいつはただのバカだな。空気が読めないのが特徴」 
フロエ   「うわ。ひっどーい!」 
ロードレアモン   「ただ、それだけに時々鋭い指摘をします。アーエルが気になるような素振りもしてたけどうやむやです」 
ネヴィリル   「次、ユン」 
ユン   「オレは中途採用だから、正直キャラが掴みきれていない。というのが現状だ…」 
フロエ   「あんまりプライベートで絡まないしねー」 
アーエル   「最近やたらと前に出てくるんだよなー」 
ネヴィリル   「次。リモネとドミ子」 
リモネ   「リモネです。好きなものはポテチと…ドミヌーラ、かな」 
ドミヌーラ   「あらあら、リモネったら♪ もう、可愛いんだからっ!」 
リモネ   「…ドリルが痛いよ、ドミヌーラ」 
ロードレアモン   「ちなみにリモネが持ってるぬいぐるみは私ので、作ったのはマミーナだった…はず」 
マミーナ   「ちょ、忘れてるワケ!?」 
ロードレアモン   「ごめんね、その頃のことは録画してなかったら…てへ♪」 
マミーナ   「てへ♪じゃねーよ!!」 
パライエッタ   「まあ、リモネが後生大事に持っててくれているという事実は伏線と考えて間違いないだろうし、それはマミーナと何らかの繋がりがあると考えて良いと思う」 
アーエル   「でも最近のパライエッタはアテにならないんだよなー」 
フロエ   「判断ミスでマミーナ死んだしねー」 
モリナス   「まあ、視聴者にしかわかんないけどね…」 
パライエッタ   「うわああああああああああ」 
カイム   「こらー!パラ様をいじめるなー!」 
パライエッタ   「あああ、余計に惨めだ…」 
ドミヌーラ   「ドミヌーラです。厚化粧と盾ロールが特徴です。どうやら、私がシムーンの使い方をみんなに教えた張本人のようです」 
アーエル   「タイムパラドックスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! オラ、ワクワクしてきたぞ!」 
ドミヌーラ   「私がシムーンの事を伝えなければシムーンは戦争に使われることもない…でも、やらなければリモネに出遭えない。だから私はシムーンを伝える」 
アーエル   「そんな記憶を覗いたから一時壊れてたんだな」 
ネヴィリル   「さて、これで一通り紹介し終ったかしら」 
ロードレアモン   「あとは私達だけですね」
ネヴィリル   「そう。じゃ、面倒だからこれで終わりにするわね」 
ロードレアモン   「そ、そんな~!ネヴィリルさま、何気に高橋理恵子モードですよね??」 
ネヴィリル   「そんなことないわよ、ロードレちゃぁん」 
ロードレアモン   「そういう言い回し、完全に『電波DEリ・マージョン 』に毒されてますよー」 
ネヴィリル   「そういうロードレちゃんだって高橋美佳子モードよ?だから問題無し。じゃ、そういうことで」 
ロードレアモン   「ええええ!? そ、それじゃ皆さま長々とありがとうございました~。また来週!でわでわ~☆」 
マミーナ   「…gdgd、ね…」 
アーエル   「って、あたしの紹介終わってねーDARO!!」
ロードレアモン   「あ、ごめんねアーエル。素で忘れてた」 
ネヴィリル   「最近ようやく主人公らしくなってきたとはいえ、基本的に影が薄いのよね…」 
モリナス   「今回のアーエル、ちょっと萌えたヨ」 
☆こうなったらいろいろTB送っちゃうぞアー!エール!
・「いいねー、シムーンのこの展開!→少年カルコグラフィー さま(ウチのシムーン視聴復帰のきっかけになったブログさまです。過去記事も必見!)
・赤面するアーエルかわいいよ→アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ! さま
・なんかこぼれてるのがもっと→移り気な実況民の日々 さま
・スマン、腹を抱えて笑ってしまいました→バラックあにめ日記 さま
・ネヴィリルがアムリアのことを問いただした時に見せたアーエル→戯言人Blog さま
・まあ、時空を超える技術で→■■テラニム日記2■■ さま
・しかし、オナシアは何者なのでしょうね→nekoyama01-blog さま
・ドミヌーラ達の飛ばされた世界って小さい男の子居た感→オイラの妄想感想日記 さま
・あんまり嬉しすぎて村の広場のお立ち台に→アニメのせまくてあさい森 さま
・しかしな、翠玉のリマージョンで飛ぶ時代ってのは運任せか→第23軍日常報告 さま
・事実上、ここから先は今回分だけでは→パプリカのアニメ鑑賞よた話 さま
・アーエルはやっぱりネヴィリルじゃないと→旅のお供に さま
・1回視聴しただけでは理解できないのほど内容が→恋華(れんか) さま

Close↑

[2006.08.27(Sun) 01:50] シムーンTrackback(12) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

むにゅさんの布教活動に影響されまくりんぐな私がやってきましたよw by 愚兄チャベス
シムーン途中参加したばかりの私の為にあるかのような人物紹介アリガタス!!!愛してるwww
これで大分キャラのイメージがインプットできましたよ~

>私がシムーンの事を伝えなければシムーンは戦争に使われることもない…
>でも、やらなければリモネに出遭えない。だから私はシムーンを伝える
なるほど、今回の話でそういうタイムパラドックスが判明したわけですね!
やべえwマジでワクワクしてきたぞ!!

電波DEリ・マージョンネタを絡めてるのがオモシロスw(むにゅさんに影響されて最新の分を1回聴いただけだけど)

ぱよの「でわでわ」は私もツボにはいりましたw
ぱよかわいいよぱよ!

W高橋のやりとりもいい感じですね~w

返>兄者シフトですよ♪ by むにゅ
 私も今回は兄者を意識して記事書かせてもらいましたよw
 正直、ちゃんと見ている人から見たら「それ違くね?」ということもあるかもですけど、まあ概ね合ってるつもりでいます。キャラ間の問題はまだほとんど解決してないので最低原のラインを把握しておけば何とかついていけるはずです~。
 
 タイムマシン(ていうかパラドックス)は大好きなネタの一つなので、どういう流れになるのかワクテカしてますw アムリアがどこにいるのかとかも気になりますしねー。

 電波DEリ・マージョンはマジで良いですw 理恵子のボケに対するぱよの反応とか大好きです。本編が重めな分、こっちではっちゃけてるW高橋に癒されますねー。『うたわれらじお』もそうですけど、相乗効果で楽しめるっていうのは良いですよね~♪

 ぱよのでわでわ~はホント良いです。最近ようやくぱよ識別の精度が上がってきたのもあって、自分の中でランキングも上昇中です。

コメントを閉じる▲

リストマーク シムーン 電波DEリ・マージョン 第6回 

2006年08月22日 ()
音泉 Simoun~電波 DE リ・マージョン~ 毎週月曜更新 第6回
最近、高橋美佳子の「でわでわ~☆」がお気に入りです。ぱよかわいいよぱよ。
ロードレアモン   「今回はビッグなゲストさんが来てくださいました~」 
ソロモン   「『あなたを愛してしまったから…では、答えになりませんか?』 …フェロモン、とお呼びください」 
ネヴィリル   「え…あなた、土曜日のフランス人さんよね…?」 
ソロモン   「フェロモンです」 
ロードレアモン   「というわけで、初のゲストは【音響監督】の辻谷耕史さんでしたw」 
☆辻谷さんはほんに声がエロいです。監督に「フェロモン」を強要されたとか、どこまでマジなんでしょうか。
●真紅のリ・マージョン(別名・赤い彗星のリ・マージョン)
 ガンダムネタ。シーブックが全然W高橋に通じてないw W高橋のガンダム知識の危うさもかなり来てますな。ところで、「いってみよー」って無責任艦長タイラー?
●一発リ・マージョン
 高橋理恵子恐るべしw 辻谷さんは伊達に音響監督ではない、て感じです。
●ネヴィリルの黒い泉
 ネヴィリルさま…(゚д゚;;)
●たかはシムーン
 むにゅは勅使河原とか伊集院とか長い名前が好きです。
●大空陸前留学
 ロードレgdgd。フェロモンのセリフを奪いました←そのせいで「でわでわ~☆」がフェロモンに奪われました。
[2006.08.22(Tue) 18:11] シムーンTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

お知らせ

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。